d0005476_1534142.jpg


ミルトン・エリクソン (Milton.H.Erickson 1901~1980) という人を知ってますか?
彼は、アメリカ臨床催眠学会の創始者であり、催眠療法家、精神科医、心理学者といういくつもの肩書きが。
ポリオ・色覚異常・失音楽症といった重度の身体障害に侵されていたものの、この障害をきっかけに、独自の技法を生み出し、後に20世紀最大の天才的な催眠療法家と評された人です。
(※ミルトン・エリクソンの貴重な映像発見!


そのエリクソン博士と、あるおばあさんとの間に起こった‥
クリスマスにふさわしい 心温まる実話を 今日は紹介しまぁす!!
(そのまま、コピペさせてもらったょ)



ある時、エリクソン博士の旅行先に、金持ちのおばあさんが訪ねてきました。

「私はお金に不自由は全くなく、大邸宅に住んでいます。
イタリアから取り寄せた見事な家具に囲まれて、 コックが毎日、素晴らしい料理を作ってくれます。
私は庭仕事が好きでしますが、 ほかのことは全部メイドがやってくれます。
けれども私ほど不幸な者はいません。寂しくて寂しくてたまりません」 とその人は訴えました。
エリクソン博士はその話を黙って聞いていました。


『わかりました。あなたは教会に行きますか?』

「時々行きます」

『では、あなたが行っている教会で、 その教会に属している人のリストをもらいなさい。
そのリストに誕生日を書き入れてもらいなさい』 と言いました。

『あなたは庭仕事が好きといったけれど、 園芸の中で何をするのがいちばん好きですか?』

「アフリカすみれを育てるのがいちばん好きです。 水やりも大変ですし、そう簡単には増えません。
でも私はそれが上手にできます」 と老婦人は答えました。

『家に帰ったら、教会の人のリストを誕生日の順に並べなさい。
そして、誕生日が来た人のところに、 あなたが育てた花にきれいなカードを添えて置いてきなさい。
誰にも見つからないように、 そして、誰から来たかわからないようにするのですよ。
これが宿題です。そのうちに、 あなたがいちばん幸せな人になることを請け負います。
もし幸せになれなかったら、 飛行機に4時間乗って、私のところにいらっしゃい』 と博士は言いました。


その老婦人は心が虚ろでたまらなかったので、 さっそくこれを試してみました。
博士から言われたとおりに、 今月は誰が誕生日か調べ、きれいな鉢を作りました。
誰にも見つからないように、 朝三時に起きてこっそり鉢を届けました。
そのうちに、そのことが町で評判になりました。
この町は素晴らしい町で、 天使が誕生日にすみれの鉢をお祝いに持って来てくれる、 という噂がたちました。
なぜなら贈り主がわからなかったからです。


その人はエリクソン博士に電話をかけて、「誰にも気づかれないで宿題は成功しています」 と報告しました。

博士は 『あなたはどうですか、まだ不幸ですか?』 と聞きました。

老婦人は 「えっ、私が不幸だなんて…」 と答えました。


『あなたは半年前に私のところに来て、「私ほど不幸な者はおりません。お金もあるし立派な家もあるけれど、心の中は空っぽです」と、私に話したではありませんか』 とエリクソン博士が言いました。

老婦人は 「そうでしたね。すっかり忘れていました」 と答えました。




3ヶ月が経ってクリスマスがきました。
クリスマスの夜に、その老婦人からエリクソン博士に また電話がかかってきました。

「先生、今日のクリスマスほど不思議なクリスマスはありませんでした。
庭師が大きな門のそばにクリスマスツリーを飾りました。
今朝、そのツリーの下に、クリスマスプレゼントが たくさん置かれていました。
その贈り物には名前もなんにも書かれていません。 でもどれも私がほしいようなものでした。
いつも私がかぶっているような帽子だとか、いつもしている手袋とピッタリ合うスカーフなどが並んでいました。
花の種や新しい誕生日カードもたくさんありました。いったい誰から贈られたのかわかりません」



町に住む1人のおばあさんが、 明日は85歳になるから老人ホームに入ろうと家族で相談していました。
そして、我が家で最後の誕生日を向かえ、皆に祝ってもらいました。
テーブルの上にきれいなすみれの鉢が置いてあるので、 おばあさんが 「これは誰からのプレゼント?」 と聞きました。
「天使から」 と家族中が答えました。
おばあさんは本当に天使からだと思いました。
自分のことを思ってくれる人が家族以外にいる、ということがとても嬉しかったのです。
老人ホームに行くのはとても寂しかったけれど、移っていく勇気が湧いてきました。
この家族が、あんなにおばあさんの気持ちを変えるような 贈り物をしてくれた人は誰だろうと調べました。
それが大邸宅の奥様だとわかりました。
何も不自由はしていないだろうけれども、自分たちも同じことをしようと思い、町中で相談して贈ったのです。



「自分の人生の中で、こんなにうれしいクリスマスを迎えたことはありません」 と老婦人は言いました。

エリクソン博士は 『“おたがいさま”という言葉があるように、あなたは喜んで今日のプレゼントをもらっていいのですよ。 あなたが庭に種を蒔くと、その種は花になって あなたのところに返ってきます。
あなたは小さい種をいっぱい蒔いたから、立派な花になってクリスマスに返ってきてくれたのですよ』 と言いました。


==THE END==




今日は、クリスマスイブだから♪☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。
みんなの心にも、和みある温かな灯火が ともりますよぅに。。。

Happy Merry Christmas!!

藤花より。

[PR]
by fuzika | 2009-12-24 16:18 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback | Comments(0)  Mail ↑TOP
トラックバックURL : http://hanaen.exblog.jp/tb/10591125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 100万HIT記念プレゼント、... ↑TOP↑ 弟@太一のラーメン屋........ >>