d0005476_15592628.jpgタレント‥真鍋かをり さんのマイブームは‥
職業詐称」 らしい。

実は私も 同様の遊びをして、タクシーの運転手の言動を楽しんだりしたもんです。
私の場合 キレイな華やかな お仕事をしたきたから、乗車するたびに、タクシーの運ちゃんが 感動したり褒めてくれたり♪
褒められるのって、嬉しいことなんやねんけど、そのうち 毎回同じセリフにあきちゃってさぁ‥
(↑贅沢な悩み) ボカッ (o ̄ー ̄)=O☆(ノ_ _)ノ

【一番多いパターン】
運 『 お客サン、舞妓さんですよねぇ? 』
私 『 ええ、そうどすけどォ‥ 』
運 『 いやぁ~!!嬉しいな。こんなべっぴんさんを乗せることできるなんて!! 』
私 『 おおにきぃ♪ そんな褒めてもらっても、あげられるのは座布団ぐらいですヮ(笑) 』
運 『 で、聞きたいんですけど、舞妓さんと芸妓さんの違いって何ですか?それと、水揚げって今でも、ひいてもらったら、莫大なお金が動くんですかぁ?やっぱ、そのォ~、お客サンと "アレ" っていうか、夜のお供をするんですよね?よく観光のお客サンに聞かれるもんだから、ちょっと覚えておきたいなぁ~なんて。いやぁ~こんな機会は滅多にないし、いろいろ聞いて、本当にゴメンナサイね。 』
私 『いえ、よろしいおすヮ。舞妓はだいたい15~6歳から20歳前後ぐらいで、卒業すると‥(以下省略)』

顔を白く塗って、着物を着てるから、ふつーに舞妓&芸妓だってコトがバレルでしょ?
運ちゃんらにしてみれば、花街で遊ばなくても、こうして真の情報が簡単に入手できるわけで、、、
乗車するたびに、 必ず"質問攻め" だし、もう、ウザイんよねぇ~。 ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!


それで、職業詐称を考えたって、わけ。
舞妓&芸妓じゃなければ、運ちゃんも からんでこないし、静かにゆったりと 快適な時間を過ごせるからね(笑)


【ある日のパターン】
運 『 あれ~?お客サン、ひょっとして舞妓さんですか? 』
私 『 いえ、違います。 "ちんどん屋"です。 』
運 『 はっ?! あのォ~"ちんどん屋" って・・・??? 』
私 『 ほら、チンチン、ドンドン 太鼓や鐘を叩きながら歩く 仮装行列ですョ。 今日もパチンコ店の前で営業が。』
運 『 あ~あ、なるほど。アレですか。 』
2人 『 シーン ・・・・・(沈黙)。 』


【また、ある日のパターン】
運 『 おお!びっくりです。お客サン キレイですね!どこの花街の人ですかね? 』
私 『 えっ?私、京都に観光で来て、舞妓変身させてもらってるだけですよォ~ 』
運 『 あっ、それは失礼しました。でも、それにしては衣装は豪華だし、白塗りもキレイに肌にのってますよねぇ~。
いや、ここだけの話、変身舞妓はブサイクが多いんですわ。なんていうか、白塗りが肌から浮いてるというか、身のこなしも できてないでしょ?タバコ吸いながら歩いてる人もいましたからねぇ~あれが京都の舞妓だと思われたら、伝統文化のすばらしい舞妓のイメージが崩れてしまいますよね。でも、お客サンは、凛としてらっしゃるし、品がありますし、てっきりプロの方だと‥。 』

私 『 (この運ちゃん、ええこというやん) ありがとうございますぅ~。元舞妓さんが変身のお店を開いてるので、
ちょっと高額だけど、ソコでしてもらった かいがありました♪ でも、ちょっと帯が苦しいんで、着くまで、安静にしていますね。』
運 『 もちろんですよ。初体験なら、大変でしょうー。安全運転で行きますから、ゆっくりお休みになってください。 』
2人 『 ‥(沈黙)。 』


【また、また、ある日のパターン】
運 『 お客サン 舞妓さんか何か 花柳界の方ですかぁ? 』
私 『 いえ、女優やってます。 今日は京都で火曜サスペンスの撮影があって‥』
運 『 す、スゴイじゃないですか!! いつオンエアされるんですか?私、観ますよ!あのォ~あんまりテレビ見ないんで、お客サンがどなたかァ・・・??、失礼ですが、お名前は何とおっしゃるんですか? 』
私 『 そんな、有名じゃないんで‥恥ずかしくて言えないですゥ。それにチョィ役なので‥撮影で疲れたから、休みます。 』
運 『 そうなんですか‥お疲れなのに、余計な話をしてすみません。大変でしょうけど、頑張ってくださいね。 』
2人 『 ‥(沈黙)。 』


と、まぁ‥こんな具合に、 白塗りをしているにもかかわらず、職業詐称をしてきた私‥σ( ̄∇ ̄;)
運悪く私を乗せてしまった、タクシー運転手さん‥嘘ついて遊んでしまって、ごめんなさい。。。




あっ、、、真鍋かをりさん!
私が勤めてる銀座のお店‥ボトルがあれば、座って約4万円ぐらい。
ボトルがない場合は、最低のボトルおろして 約7万円ぐらいですョ。
一応、相場の目安として‥( ̄m ̄〃) ぷぷぷ


クリックよろぴぃく (゜・^*)
[PR]
by fuzika | 2005-06-29 17:43 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback | Comments(7)  Mail ↑TOP
トラックバックURL : http://hanaen.exblog.jp/tb/1124197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ツルけん at 2005-06-30 11:15 x
おもしろいっ!!
そういう遊びができるのって、
さりと女性の特権かも知れませんね!
オイラなんかたとえば結婚式に向かう途中だと、
電車の中でもすぐ隣には座りたくない!みたいな。
おかげでいつも快適に過ごせてます(^^;
黒スーツ&コワモテだからって、怖いことないのにねぇ。
Commented by みんなのプロフィール at 2005-07-01 05:58 x
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%2A%89%D8%82%CC%89%83%2A%20%3F%3F%20Life%20at%20night%20%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fhanaen%2Eexblog%2Ejp%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Commented by 杏汰(元もんちぃ) at 2005-07-02 00:21 x
職業詐称ですかぁ~。舞妓さんも、ぃろんな意味で大変なことが多いんですね。
最後の『 ‥(沈黙)。 』がツボに来てしまいました。パソコンに向かってニヤニヤしてる自分ゎすごく怪しいんじゃないかと思いました(´Д`;)
Commented by 3sws at 2005-07-02 17:50
こんにちわ。3swsです。
思わず笑ってしまいました。職業詐称、しかも「ちんどん屋」って(ププッ)
fuzika さんって本当に発想が面白い方ですね。
一度お店に行こ・・・。
って、それなりのお値段なんですね~。
・・・。
ではでは。

Commented by パパ at 2005-07-03 20:25 x
はじめして。
パパと云います。
「火曜サスペンス」笑です。
パパは京都も銀座もよく行きます。
もしかして!?
なんてことが。
ナイナイ(笑)
また遊びに来ます。
Commented by fuzika at 2005-07-04 14:35
ツルけんさん>
見てみたいな、ツルけんさんのそのお姿(笑)
やっぱ、あれですか?ヤ○○に似てるとか?
今度、職業詐称してみてください~『××組のヤ○○』 風に!(*^^)

みんなのプロフィールさん>
宣伝どうも~です。登録させてもらったんで、ヨロシクぅ!!

杏汰さん>
ツボにはまってしまったとデスか?
それは良かったなりぃ~。私の文章表現って、やっぱ変なのかなぁ?
自分では "私は天然じゃない!" といつも否定しておりまする。

3swsさん>
なんかいつも来てくれてるのに、ご無沙汰ばかりでスミマセン。
銀座にデビューしてからというものの‥多忙すぎて、今、一番欲しいのは
"ゆっくりした時間" なのですぅ。(涙)
はいっ!! 一度でいいからどうぞォ♪(*^-^) ニコ
なぁ~んちって。プププ  柱| ̄m ̄)

Commented by fuzika at 2005-07-04 14:35
パパさん>
はじめまして。火曜サスペンスの方に反応してくれたとデスか?
最近は、銀座からの帰宅時、ドレス着たり、着物着たりしてるもんで、
いかにもホステス!って思われてしまう σ( ̄。 ̄) オイラ。

『今晩は、早い時間は多かったけど、遅がけからは人が歩いていませんからねぇ~お客サンのお店は忙しかったですかぁ?』

『・・・・。あのォ~、ごめんなさい、私、ホステスさんじゃないんですよ。今日は友達の結婚式の2次会で、さっきまで銀座のお洒落なお店で‥。』

『あっ、大変失礼なことを言ってしまい、申し訳ありません!』

と、また、毎度のことながら、職業詐称してますです(笑)
パパさんと、どこかで会っていたとしたら、すごい偶然なのに‥ね!


<< 映画★ 宇宙戦争 鑑賞記 ↑TOP↑ 我が家の酒蔵 >>