"ご返杯" が当たり前のように行われる花街のお座敷では、"お杯洗" がつきものです(苦笑)

最初にみなさん、お杯洗(おはいせん)って知っていますかぁ?
花街のお座敷や、京都の料亭では 宴席の場に必ず置いてあるんです。
下の画像を見てもらえるとわかるだろぅけど、少し大きめな塗りのお椀みたいな感じやんね。

d0005476_1152619.jpg


漢字がそのままなので、、もうおわかりでしょうが‥
これ、実は "ご返杯(ごへんぱい)" をするおりに、"杯を洗う" ために置いてあるんですょ(へぇ~)
ご返杯とは‥相手が飲み干した杯を渡され、お酒をつがれる~そして今度は自分がその杯でお酒を飲み干し、相手にまた返す。。。といった行為で、お話をしながら何度も杯を交換して、友好を深めるといった、ある意味、日本独特の風習です。
ビジネス的な宴席ではグラスを持って、ビールで上司やお客様と杯を交わしている光景をたまに見かけますけど~
ビールだとお腹がいっぱいになってしまうから(笑)ビールのご返杯もないことはないけど、花街のお座敷では、"日本酒をおちょこでご返杯" が主流やったなぁ(^^;;

で、そんな時に大活躍するのが、この "お杯洗" なのですぅ~
中には水が6~7分目ぐらいまで入っているので、自分の飲み干した杯を軽くすすいでから、相手に "ご返杯" すれば、衛生的にも見栄えもなんかキレイでしょ♪
花街のお座敷だけでなく、料理屋さんなんかにも京都では普通に置いてあるけど、世間一般的にはあまり知られていないので、フィンガーボールと間違えて、思わず手を入れて洗ってしまわれる方も結構いましたよん(笑)
それに私ら、舞妓や芸妓にも‥お客さんたちは "ご返杯" を求めて、杯を何度も渡してくるため、
舞妓や芸妓は沢山お酒を飲み続ける毎日で (>▽<;; どんどんお酒が強くなっていくのでしたぁー(失笑)

時代の流れと共に、宴席も現代風に‥洋風に‥変わってきてしまい、こうした日本独特の風習が、消えてつつある感じだけど (´;ェ;`)
京都だけは、こうした古き良き時代のイイものを、いつまでも残していってほしいと願うばかりです★
下の画像も見て♪上の画像とはまた別のお座敷だけど‥やっぱり "お杯洗" あるでしょ?!(ノ∇≦*)

d0005476_11415551.jpg

[PR]
by fuzika | 2011-03-06 11:42 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
<< 猫の愛ちゃん◆二本足に~下腹隠... ↑TOP↑ すごく珍しいプレゼント‥をもら... >>