東北地方沖大地震によって被害を受けている福島原発のことを、face book の中にいる‥元、東電原子力技術者の方が、詳しくわかりやすく解説してくれています。連日の爆発や火災などで、放射能のこと、みなさんもとっても不安だと思うので、ぜひ、読んでみてください!(>_<")

d0005476_1432633.jpg


※多少編集して転載させてもらいます↓


------------------------------------------------------------------------------

「今、逃げるべき???」【原子力事故】とあなたの身体


世間が大混乱している原子力事故。
【原発の放射能】が【あなたに及ぼす影響】について書きますね。

役人と東電の説明が、あれほどわかりにくくて、
メディアが騒ぎ立てれば、みんな不安になりますよね。。。汗


私、元、
東京電力原子力技術者(原子力発電所の運転経験5年)

さらに、原子力トラブル発生時のマスコミ・官庁対応チームだった経歴から、
今「逃げるべきか?」「まだ平気なのか?」悩んでいる方々に説明します。


■1番大事なこと

事故の内容よりも、結局「放射能がどのくらい出ているのか」をチェックすること。


燃料が溶けようと、火事が起ころうと、大事なのは、

「放射能が外に放出されているか」どうかです。


そして、「その値がいくつなのか」です。


まず「単位」に注意してください。


報道では、計測された放射線の値として
「マイクロシーベルト(μSv)」とか「ミリシーベルト(mSV)」とか言っています。


これ、大事です。

「マイクロ」と「ミリ」では、【1000倍】違います。

【マイクロシーベルト】→【ミリシーベルト】→【シーベルト】

1000マイクロシーベルト=1ミリシーベルトです。


・・・っで、肝心なのが、

「いくつになったら、身体に影響がでるの???」ってことですよね。




答えは・・・

「200ミリシーベルト(200mSv)以下は大丈夫」

ということです。(図を見てくださいね。)



覚えておいてください。


これはマイクロシーベルトにすると「20万マイクロシーベルト」です。


・・・ということで、マスコミが

「500マイクロシーベルト」とか、「1000マイクロシーベルト」とか

報道しているうちは、全く相手にしなくていいわけです。



たとえば、病院でCTスキャンを1回やると、

「6900マイクロシーベルト」です。


それから比べたら、

500マイクロや1000マイクロは

大騒ぎする話では無いのがわかると思います。(あなたの身体への影響という意味でね。)




では、3月15日

「3号機の近くで400ミリシーベルトの値が出た」

というのはどうでしょう?


これは問題ですね。汗

200ミリシーベルトを超えているわけですから。


でも、慌てないでください。


大事なのは単位です。

単位は「400ミリシーベルト/h」です。


つまり、3号機の横に、1時間ぽけーっと突っ立ていると、

400ミリシーベルト、放射線を受けますよ。(←つまり被ばくしますよ)ってことなんです。



これを読んでる人で、3号機の横に住んでる人・・・もちろんいませんよね。^^;


さらに、知っておいて欲しいのは、


放射線の影響は、「距離の2乗に反比例する」という性質です。


これはどういうことかと言うと、

放射線を出すものから、離れれば離れるほど、放射線の威力はものすごく小さくなるということです。


例えば、「2m離れれば1/4」、「3m離れれば1/9」という具合です。


ということで、400ミリシーベルトがそのまま影響するわけではなく、

実際は、ものすごく小さな値になるのがわかると思います。

だから、「東京から今すぐ逃げよう!」なんて考えるのは、早すぎるわけです。



大事な事は、「放射線の値」を確認すること。

一時的に400ミリ出ても、その後下がってマイクロシーベルトの世界に入れば、

騒ぐことはありません。


400ミリが、1000ミリ、2000ミリと、どんどん上昇していくようなら、

そのときは、いよいよ「逃げる準備」を始めて警戒していけばいいのです。


「値」と「その傾向」

上がってるのか、下がってるのか。

これを見極めてくださいね。



さらに不安な方へ・・・


次に、こんな疑問があるかも知れません。


「では、なぜ近隣住民に避難命令が出ているの?」

「東京都内でも、放射能を検出したって話だよ」


答えは、

「放射能は、空気中のチリやホコリとともに、風に乗って移動するから」

です。


「えっ?」「じゃぁ逃げなきゃ!」っと思いたくなるかも知れません。


でも、慌てないでください。



基本的に、風に乗って放射能は「拡散」します。


つまりどんどん薄まっていきます。


薄まれば薄まるほど、威力は弱まります。


例えば、東京近郊での数値は「約1マイクロシーベルト/h」だったわけです。


これは全然問題ありません。


たとえば、先ほども書きましたが、病院でCTスキャンを1回やると、

「6900マイクロシーベルト」です。


これは1時間じゃなくて、1回です。(全然違います。)

6900マイクロシーベルト/回

ということです。


それに対して、「約1マイクロシーベルト/h」は、

「そこに1時間いたら1マイクロシーベルト、放射線の影響を受けるよ。」

ということです。



値の意味さえを知っていれば、

「マイクロシーベルトのレベルであまり騒ぐ必要は無い」

ことがわかると思います。


どうでしょう?


これらを知っておけば、世間の動きに流されて、


「今すぐ逃げろ!」とならずに済むと思います。


冷静に数値を見て、冷静に判断しましょう。


参考にしてもらえたら嬉しいです。


----------------------------------------------------------------------------
[PR]
by fuzika | 2011-03-16 14:11 | ◇ 出来事@庶民的生活  Mail ↑TOP
<< そう、絆[kizuna]がある... ↑TOP↑ 東北地方太平洋沖地震での‥アメ... >>