海外メディアが枝野官房長官を「政界のジャック・バウアー」と。(ロケットニュース24より)


震災情報を国民に伝えるため、連日不眠不休で記者会見を開く枝野官房長官。彼の働きぶりはインターネットでも話題になっており、一部では105時間寝ずに働いたともささやかれている。そしてツイッターでは彼の睡眠不足を心配して、#edano_nero(枝野、寝ろ)というハッシュタグまで登場し、枝野長官は一躍時の人となった。

しかし彼の奮闘ぶりは日本国内だけでなく、海外でも取り上げられ始めている。イギリスのニュースサイト「Telegraph」は、「危機の中のジャック・バウアー、枝野幸男(Yukio Edano, the ‘Jack Bauer’ of the crisis)」という見出しで、彼の働きぶり、そして日本での称えられぶりを綴った記事を掲載した。

Telegraphは枝野官房長官に休息を促す#edano_neroハッシュタグについて触れ、その称えられようから「枝野幸男は、地震・津波危機の思いがけないヒーローとなった」と記事の中で書いている。

また、疲労も関係なしに働く枝野官房長官を、アメリカの人気ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』の主人公ジャック・バウアー捜査官になぞらえて、あるツイッターユーザーが「枝野さんがやっと就寝されたそうで。実に105時間ぶりだとか。105時間といえば、4日間以上。『24』にすれば4シーズン分。つまりジャックバウアー4人分です。ありがとう!日本のジャックバウアー!!」とつぶやいたことにもTelegraphは触れ、今や枝野長官の活躍ぶりは世界に知られることとなった。

Telegraphは枝野官房長官の他に、自衛隊の連日の救助活動を心配して生まれた#jietai_taberoハッシュタグ、そして菅総理のこれからするべきことについてツイッターユーザが作り出した#kan_okiroハッシュタグと、#kan_neteroハッシュタグについても言及している。

様々な批判を受けながらも、官房長官という重大な職務をまっとうする枝野幸男氏。その己の身を顧みず国民のために働く姿は、まさにヒーローそのものである。(文=田代大一朗)



「核」という字のなかには「亥」(=イノシシ)がいる。(読売新聞 3/16日付 編集手帳より)


〈原子核には原子力をになう猪(いのしし)…今は人に飼いならされているけれど いつまで、おとなしくしていることか} 吉野弘さんの詩『漢字喜遊曲・亥(イ)短調』にある。
地震で破損した福島第一原子力発電所から高濃度の放射能が漏れ出た。檻(おり)を破ろうとするイノシシと、それを許すまいとする人間と、極限の攻防がつづく。
政府と東京電力の統合対策本部が被災5日目にようやく発足したこと、原発の監視が仕事の原子力安全・保安院から9時間にわたって何の説明もなかったこと…など、連携の悪さも指摘されている。
不眠不休で危機封じに没頭しているさなかに背後から批判の矢を射るつもりはない。
経緯は経緯、今後は今後、連携こそが“命綱”であることを胸に刻み直したはずである。それでいい。
おそらくは飲食もままならず、暴れ狂うイノシシの檻を文字どおりの命がけで封じている現場作業員の皆さんには、小欄に目を留める余裕はなかろう。それでも告げずにはいられない。
あなた方の仕事に日本じゅうが今、手を合わせて祈っている――と。


他にも‥
震災でも秩序保つ日本人、「人に迷惑かけない」精神(中国での報道)
[PR]
by fuzika | 2011-03-17 02:06 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback | Comments(0)  Mail ↑TOP
トラックバックURL : http://hanaen.exblog.jp/tb/13148648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< "買占め行為&quo... ↑TOP↑ そう、絆[kizuna]がある... >>