少し前の出来事なんだけど‥(^_^;) お兄ちゃん (のような存在の人) と、ドイツで生まれた 『真っ暗闇のエンターティメント』‥ダイヤログ・イン・ザ・ダーク に行ってきましたぁ♪

d0005476_171178.jpg

......................................................
※公式サイトより転載 ↓

目以外のなにかで、ものを見たことがありますか?

暗闇の中の対話。
鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。
足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。
仲間の声、乾杯のグラスの音。
暗闇のあたたかさ。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、まっくらやみのエンターテイメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、何人かとグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。

世界 30か国・約110都市で開催され、2010年現在で600万人以上が体験したこのイベントは、1989年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれました。
1999年以降はボランティアの手によって日本でも毎年開催され、約7万人が体験しています。
......................................................



本当に、扉を開けた向こうは、真っ暗でね~w(゜o゜)w
その日に出会った方々と8人でチームを組んで、アテンドのサポートを受けながら、そして8人で助け合いながら一つになって‥約90分間、何も見えない真っ暗闇の森の中を冒険する感じなんだ。
どんな出来事 (アトラクション) が待ち構えているのか?!~~は、ネタばれになっちゃうから内緒だけど(笑)
実際にこうした珍しい体験をしてみて‥五感 (視覚/聴覚/臭覚/味覚/触覚) を研ぎ澄ます!~という言葉が、なんだかやっと理解できた感じかなぁ(;´▽`A``
それに、人は、目からの情報をすごく頼りにし過ぎていることが、ホントによく分かったの。
目が見えなければ、その他の感覚をこれだけちゃんと使うことができるんだぁ~って(・・;)
チーム8人での団体行動なので、コミュニケーション力や、助け合い&思いやり精神も倍増するし、人の温かさを心から感じられましたぁ♪ 入場料は‥大人 5000円 / 学生 3500円 / 小学生 2500円 ~と、少し高額な気もするけど(^^; 興味あったらぜひ、みんなにも体験してもらいたいイベントでするよ!

公式サイト⇒ ダイヤログ・イン・ザ・ダーク



体験ツアー終了後は、ハワイアンバーガーで有名なお店 「KUA-AINA」 のアボガドチーズバーガーでランチタイムしてきたよぉ!あぁ~~~美味しかった★ごちそうさまでした (#^_^#)

d0005476_1736834.jpg

[PR]
by fuzika | 2012-03-15 17:36 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback | Comments(1)  Mail ↑TOP
トラックバックURL : http://hanaen.exblog.jp/tb/15577984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 渡邊泱己 at 2012-03-18 09:23 x
これ機会があったら行って見るの良いねっ(*^_^*)
<< 【glee】‥シーズン2 明晩... ↑TOP↑ 『自分が行きます!』 ‥自衛隊... >>