左が、舞妓‥右が芸妓 (両方とも、もちろん私の後ろ姿だよ!!)

d0005476_154126.jpg
d0005476_15411584.jpg

『舞妓さんと芸妓さんはどう違うの?』  『芸者と芸妓は同じじゃないの?』
よく聞かれます。。。なので、今日は後姿で違いを比べてもらいましょうォ~~♪
(過去ログにも同様の似たようなコト、綴ってますよん☆)

舞妓の特徴は "だらりの帯" ‥全長5~6mの長さがあり、背中が重いというか、
だら~んと垂れ下がっているので、歩くときや、何か行動するとき、たえず後ろに手を伸ばして
帯を気にしていないと エライめにあいます(笑)
トイレに行くときも洋式なら楽なんやけど、和式のときは‥着物の裾(すそ)を捲り上げて、帯を包み込むんです。
写真に残ってたら見せてあげたかったんだけど、その格好が結構笑えるんよねぇ(爆)
芸妓になると、帯は普通の着物と同様の結び方になるので、重さ的にも 身のこなしも だいぶ楽になるよ!
あっ、そうそう‥だらりの帯の下に入っている家紋は、自分が所属している置屋の家紋です。

お袖(そで)にも注目。舞妓は振袖で長いけど、芸妓は短い。
髪型も舞妓は自分の毛で結うのに対して、芸妓は島田のかづら。
この舞妓のときの私は‥草履(ぞうり)をはいてるんだけど、普段は おこぼ を履きま~す。
芸妓になると、同じ後ろ姿でも めっちゃ色っぽく見えるよね? 何でだろぅ? ( ̄m ̄〃) ぷぷっ!

容姿的なこと以外に内面で言うと、、、
15歳位~20歳前後位までが舞妓さんで、卒業すると芸妓さんに襟替えします。
昔は、旦那さんがつかないと芸妓になれなかったようだけど、現在では、置屋の女将さんが顔立ちや
背格好を見て、芸妓になる時期を決めるんだよ。
お座敷ですることや仕事内容は一緒でも、芸妓さんは年をとるにつれて芸に磨きをかけていかなければ
いけないし、お座敷を盛り上げる器量も必要になってくると思う。 わォ w(゜o゜*)w
芸妓さん・・は東京などにいる芸者さんと全く同じものなんやけど、京都は 「妓」 という字を使い
芸妓(げいこ)さんと呼んでいるのだァ~。 全く知らんかった人‥少しは勉強になったかなァ?

d0005476_154217.jpg
d0005476_1542947.jpg

[PR]
by fuzika | 2005-11-26 22:31 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
<< 猫の愛ちゃん◆冬のベッド ↑TOP↑ 舞妓&芸妓@思い出話 ~第12話~ >>