左が、舞妓‥右が芸妓 (両方とも、もちろん私の後ろ姿だよ!!)

d0005476_154126.jpg
d0005476_15411584.jpg

『舞妓さんと芸妓さんはどう違うの?』  『芸者と芸妓は同じじゃないの?』
よく聞かれます。。。なので、今日は後姿で違いを比べてもらいましょうォ~~♪
(過去ログにも同様の似たようなコト、綴ってますよん☆)

舞妓の特徴は "だらりの帯" ‥全長5~6mの長さがあり、背中が重いというか、
だら~んと垂れ下がっているので、歩くときや、何か行動するとき、たえず後ろに手を伸ばして
帯を気にしていないと エライめにあいます(笑)
トイレに行くときも洋式なら楽なんやけど、和式のときは‥着物の裾(すそ)を捲り上げて、帯を包み込むんです。
写真に残ってたら見せてあげたかったんだけど、その格好が結構笑えるんよねぇ(爆)
芸妓になると、帯は普通の着物と同様の結び方になるので、重さ的にも 身のこなしも だいぶ楽になるよ!
あっ、そうそう‥だらりの帯の下に入っている家紋は、自分が所属している置屋の家紋です。

お袖(そで)にも注目。舞妓は振袖で長いけど、芸妓は短い。
髪型も舞妓は自分の毛で結うのに対して、芸妓は島田のかづら。
この舞妓のときの私は‥草履(ぞうり)をはいてるんだけど、普段は おこぼ を履きま~す。
芸妓になると、同じ後ろ姿でも めっちゃ色っぽく見えるよね? 何でだろぅ? ( ̄m ̄〃) ぷぷっ!

容姿的なこと以外に内面で言うと、、、
15歳位~20歳前後位までが舞妓さんで、卒業すると芸妓さんに襟替えします。
昔は、旦那さんがつかないと芸妓になれなかったようだけど、現在では、置屋の女将さんが顔立ちや
背格好を見て、芸妓になる時期を決めるんだよ。
お座敷ですることや仕事内容は一緒でも、芸妓さんは年をとるにつれて芸に磨きをかけていかなければ
いけないし、お座敷を盛り上げる器量も必要になってくると思う。 わォ w(゜o゜*)w
芸妓さん・・は東京などにいる芸者さんと全く同じものなんやけど、京都は 「妓」 という字を使い
芸妓(げいこ)さんと呼んでいるのだァ~。 全く知らんかった人‥少しは勉強になったかなァ?

d0005476_154217.jpg
d0005476_1542947.jpg

[PR]
by fuzika | 2005-11-26 22:31 | ◇ 京都祇園@花街生活 | Trackback | Comments(8)  Mail ↑TOP
トラックバックURL : http://hanaen.exblog.jp/tb/2265458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by blue at 2005-11-27 21:35 x
キレイな後姿ですね~♪
舞妓さんはやっぱり若々しい感じがしますね。帯とか色使いが。
江戸時代とかって今以上にいっぱいいたんですかね~、芸妓さんって。
やっぱり歴史ある風情は日本が一番好きです。
Commented by もこ at 2005-11-27 23:29 x
芸妓さんが色っぽいのは、舞妓さんのだらりの帯で、あまり目立たない
衿足や下半身が見えるからでしょうか?
それにしても、黒い帯ステキですねぇ
欲しいわァ(笑)

今年、京都へ行って舞妓変身して祇園新橋を散策しましたが
変身処から祇園までタクシーで行くんですが、
だいぶ擦り減ったとは言え、10cmほどあった、おこぼを履いて
洋服と同じようにスタスタ歩いて、タクシー乗るのもお店の人に注意される前にサッサと頭を下げてお尻からグイッと乗り込んだら、かなり
ビックリされた。。。(笑)
「初めて来る客なのにタダ者ではない」と思われたらしい。
「タダの人」なんですけど、ワタシ(爆)
と言う事で、「なんちゃって舞妓」はURLからどうぞf^^;

ちなみに、京都でいう舞妓は、東京では半玉(はんぎょく)さんと言います。ずばり、お酌さんと言う人もいますね。
半玉の意味もズバリですが芸者さんに比べて玉代(花代)が
半分という事なんですけど。。。
Commented by もこ at 2005-11-27 23:44 x
10年くらい前に浅草に「振袖さん」というのが出現しましたが、
「東京の舞妓さん」というキャッチフレーズなのが気に入らない!
だって舞妓さんや半玉さんのように厳しい修行も積んでないから。
おまけに、この人達 「浅草観光振袖学院」の「社員」なんです。
従って、お給料制なんです。雇用保険・ボーナス有り
月額25万+α(ご祝儀)らしいですよ。
http://www.furisodesan.com/

とはいえ、わたしと友人達は、対抗して「留袖さん」やろう!と
当時は騒いでました(爆)

今年の勘三郎襲名のお練りにお囃子で出たんですけど、振袖さんも出ていて、
一人の子が「せんせ~い」とわたし達のお囃子の山車に近づいてきた。
誰かと聞けば、小学生の時にお囃子習ってた「○子ちゃん」でした。
え~っ、あの○子チャンなの?!と一同ビックリしました。
しかし、25歳で定年の振袖さん、、、定年後はどうするんでしょうか??

この襲名お練りで浅草の芸者さんもたくさん出てました。
いやぁ、浅草にこんなに芸者さんいたんだぁ。とビックリしました。


Commented by fuzika at 2005-12-08 12:55
blueさん>
衣装や髪型だけで、随分違うふうになるので、舞妓&芸妓を見比べると
おもしろいでしょ?一時期は、花街に何百人もいたそうな。
その頃は売れる妓と売れない妓の差がハッキリ出て 大変だったらしい。
だからこそ、絶対に旦那さんに水揚げをしてもらわないとあかんかったんやろうね‥


もこさん>
へぇ~~振袖さんと芸者さんは違うんだぁ~や、やばい。浅草では半玉さんを振袖さんと言うと思ってた。
お給料制なんだぁ‥でも、若いから、みんなピチピチしてきれいなんやろうね。
マスマス、振袖さんに会いたくなったとです(笑)
それと、浅草の芸者さんにも会ってみたい。
そんなに沢山いるの?? (* ̄- ̄)ふ~ん


Commented at 2010-09-05 07:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-09-05 18:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-09-14 11:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-05 15:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 猫の愛ちゃん◆冬のベッド ↑TOP↑ 舞妓&芸妓@思い出話 ~第12話~ >>