d0005476_19382919.jpg元舞妓&芸妓してたからね‥私。
以前の記事 にも綴ったけど、映画化が決まった時から、
ワクワク楽しみ&興味アリ②だったもん。

146分という長い時間のはずなのに、時が経つのが早かった。
ヤバイっ!! かも。  Σ(・ω・;|||
スクリーンの中に‥あの花街の世界に‥
めちゃくちゃ入り込んでしまった。
実態を知ってるだけあって、共感できる部分が沢山あり、
SAYURI を自分の過去に置き換えながら 鑑賞してたっぽい (笑)

物語は‥貧しさゆえに9歳で置屋に身を売られた少女。
つらく厳しい日々の中で全ての希望を見失ったとき、
ひとりの紳士との運命的な出逢いが訪れた。
『もう一度あの人に逢いたい‥』 というはかない希望を胸に
少女は美しく変貌を遂げ、やがて花街一の芸者になる。
そしてついに紳士と再会することになるが、その先には過酷な
運命と激動の時代が待ちうけていた。。。

「 ハリウッドが 描いてよかった! 日本が 描かなくてよかった! 」

これ、鑑賞した後の私の第一声。
以前の私は全く反対のコトを言ってたと思う。
文化が違うアメリカが描けて、日本が描けなかったことが悔しい‥と。

舞台は1930年代の花街ということだけど、当時は、「身売り」 や 「水揚げ」 は当たり前だったらしい。
旦那さんをつけなければ、水揚げされて枕を共にしなければ 一人前の芸妓(芸者) にはなれないのに、
舞妓(半玉) & 芸妓(芸者) が何百人も花街にいたのだから。
この映画の主にもなっている 「水揚げ」‥という制度。
「水揚げ」 をめぐって見栄やプライド、嫉妬や争い、女だけの世界がどんなものか、
伝統やしきたりを重んじる花街というものがどんなものか。
時代は違えど 私が見聞きしてきたような 闇&暗い&重たいというか "陰" なイメージだけでは終わらない。
SAYURI のような無垢な芸妓(芸者) だって、ピュアな純愛をしている芸妓(芸者) だって中には いるんだもん。
踊りにしても 衣装&髪形にしても いろんな部分が 全てにおいて 大げさすぎるほどの "NIPPON" だけど、
その映像美&ファンタジーワールドが 「シカゴ」 でアカデミー賞をとったロブ・マーシャル監督らしいし、
それが今度は "陽" の良いイメージとして、 今まで日本が描いてきた 悪いイメージと調和されて
もっといい感じになった気がするょ。 うふ♪ \(^▽^\)(/^▽^)/ うふふ☆
ハリウッド流 "NIPPON" の伝統文化を アメリカをはじめ世界中の人々は どんな印象を持つのか‥今後楽しみ。

渡辺 謙、渋くてカッコよすぎ!チャン・ツィー、清楚で可愛すぎ!

元舞妓&芸妓としての私からすると、この映画 大絶賛!! です。 みんなにオススメします♪
まァ、好ましくなかった点を述べるならば、全編英語なはずなのに、所々で日本語が混じり ややこしい‥ムッ♯



この映画での "花街世界" については、経験談も交えながら 続編を綴ってます。
元舞妓が語る 【SAYURI】 その① / 元舞妓が語る 【SAYURI】 その② / 元舞妓が語る 【SAYURI】 その③ /
元舞妓が語る 【SAYURI】 その④ / 元舞妓が語る 【SAYURI】 その⑤ / 元舞妓が語る 【SAYURI】 その⑥/
元舞妓が語る 【SAYURI】 その⑦/ 元舞妓が語る 【SAYURI】 その⑧ / 元舞妓が語る 【SAYURI】 その⑨/
元舞妓が語る 【SAYURI】 その⑩-最終章-



※ロブ・マーシャル監督が描く 舞妓 (半玉)。 本物の舞妓 (私) と比べると 衣装に関しては ほとんど同じだね!
d0005476_23152489.jpg
【TB】させてもらったニョ♪
Miyoko Sawa's Diary映画-CAN / ◆WILD☆OAT / ◆のほほん日記 / ◆映画君の毎日 /
ミチの雑記帳 / ◆('-'*)きくぞぅ*MISOJI* / ◆満ちつる桜 / ◆信念を持って進む道 / ◆Cafeアリス
肯定的映画評論室ココログ支店 / ◆我想一個人映画美的女人blog / ◆オールマイティにコメンテート
万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記 / ◆うさくま広場 / ◆soramove / ◆ナマケモノの穴 /
Alice in Wonderland / ◆映画と秋葉原とネット小遣いと日記 / ◆空想俳人日記 / ◆にちじょうてんごく
Dead Movie Society★映画三昧★ / ◆完全密着!独占ライブ中継Blog! / ◆映画子の映画日記
Kemji's weblog--wataridori日記--ショウちゃんのエーガな日常 / ◆ハトチョップログ / ◆カノンな日々
**衣・食・住・遊+婚** / ◆『コンくらべ』-地味に応援してみるかも / ◆ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
YUKKOのI LOVE MOVIES / ◆玉響の独話 / ◆極私的映画論+α / ◆映画deブログ
映画とアートで☆ひとやすみひと休み / ◆ bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ☆ /

クリックよろぴぃく (゜・^*)


 
[PR]
by fuzika | 2005-12-10 23:34 | ◇ 映画DVD@鑑賞生活 | Trackback(23) | Comments(26)  Mail ↑TOP
トラックバックURL : http://hanaen.exblog.jp/tb/2346553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from エンタメ!ブレイク? at 2005-12-11 21:37
タイトル : SAYURI
ゲイシャワールドを絢爛豪華に描く、 ハリウッドらしいクオリティ。 アジア女優の競... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2005-12-12 09:16
タイトル : SAYURI / Memorirs of a Geisha
5年くらい前から、ハリウッドで「さゆり」を映画化すると聞いてた。それも、スティーブン・スピルバーグで。その当時、主演は工藤夕貴と予定されてて、いつになったらやるのかな~と思ってたら忘れた頃にやってきた! それも、主演には"アジアンビューティー”の象徴とも言われて久しいチャンツィー{/kirakira/}を持ってきた★本日、世界同時公開!ここ数年のスピルバーグときたら、、、。{/face_z/}なーんて知人でもないくせに親しげに言うけどほんと駄作が多くなってきてる気がしてて、製作スピルバーグとか言われて...... more
Tracked from 肯定的映画評論室ココログ支店 at 2005-12-12 13:23
タイトル : 『SAYURI』、観ました。
 『SAYURI』、映画館で観ました。 貧しさゆえに置屋に売られたひとりの少女。辛く... more
Tracked from The Final Fr.. at 2005-12-12 14:06
タイトル : Memoirs of a Geisha/SAYURI(2..
SAYURI 貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(大後寿々花)。そこには、千代と同じ境遇のおカボ(工藤夕貴)という少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃(Gong Li)がいた。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、..... more
Tracked from WILD笘・AT at 2005-12-12 18:31
タイトル : SAYURI。
たまにはコメディや不思議系や子供っぽいのじゃなくってちゃんとした映画も観るんですってw そんなわけで今日は『SAYURI』を観てきました。 実際、観るまでは話題になってるし観てみようかなっていう軽いノリだったんですけど・・・ どっぷりハマりました!! 日本人として失礼な話なのかもしれませんが、芸者さんの仕事内容やその背景みたいなものはなんとなくしか理解していなかったのです。 知ってるのはゲイシャガールズくらいのもんでして・・・。 ...... more
Tracked from 映画-CAN at 2005-12-12 21:40
タイトル : SAYURI
スティーブン・スピルバーグ製作。「シカゴ」のロブ・マーシャル、監督。 世界中が注目するハリウッド作・日本の世界「Memoirs of a Geisha」 (邦題 SAYURI)がやっと、ベールを脱いだ。 主人公の千代は貧しさゆえに置屋に売られた少女。 少女の希望は、売られる際に離れ離れになった姉を探し 共に逃げる事だけだった。 だが、その夢も消え、絶望の淵に立たされた時、一筋の光と出会う。 「会長」と呼ばれている立派な紳士が少女に「希望」を与えたのだ。 千代は「会長と再び会う為」に芸者になることを...... more
Tracked from 映画君の毎日 at 2005-12-13 07:54
タイトル : SAYURI
ずいぶん前からの予告編に魅かれて待ちに待ったSAYURI。 アメリカが描いた日本の伝統的な文化と美しい映像。 実際に期待以上の艶やかな日本の文化が描かれていた。 ストーリーはある芸者の激動の人生というよりはラブストーリー。... more
Tracked from 満ちるは桜。 at 2005-12-16 17:30
タイトル : 日本が嫉妬するJAPAN。
映画(DVD)って、フツーにみた映画じゃダメなの? 今日見てきました、SAYURI・・・! 私的に感想をいうなれば・・・日本が嫉妬するJAPANESE純愛? ってか面白かった!桃井かおりさんは英語しゃべったって桃井さん(笑)。 かっこよかったです。桃井さん。 で、チャン・ツィイーさんは可愛い!ってか綺麗! 私的にさゆりの幼少時代の子が可愛かったですv 初桃の気持ちもわかるけど、好きなのは豆葉かな。 そして、話。 言っていいんですかね。 ありゃ、渡辺謙さん良い役過ぎでしょー! さゆりだって心揺...... more
Tracked from ☆★☆風景写真blog☆.. at 2005-12-16 23:01
タイトル : 『SAYURI』を観て来ました!
 2005年12月12日 『SAYURI』観賞レビュー! 原題 Memoirs of a Geisha 絢爛 無垢 毅然 『SAYURI』ポスター画像 ハリウッドヴァージョン! 眼力〜〜〜〜!w(☆o☆)w ちと、大きい画像NO.1 d(-。∂) ▼ ▼ ▼ ▼ ★ポチッとナ! 『SAYURI』桜、花見のシーン ちと、大きい画像NO.2 d(-。∂) ▼ ▼ ▼ ▼ ★ポチッとナ! 2005年/アメリカ 配給 ブエナビスタインターナショナル(...... more
Tracked from soramove at 2005-12-16 23:11
タイトル : 「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...... more
Tracked from ショウちゃんのエーガな日常 at 2005-12-17 10:10
タイトル : SAYURI/ サユリ/Memoirs of a Gei..
ぼくにとって、本年度( っていつからいつまで?) ベストワンの作品です、っていったら驚く? 青い目の芸者がいた。 この映画、ここが変、って書くと思ったでしょ。 ところがどっこい、日本人でありながら目が青い人は実在するのですね。 何かの雑誌グラビアで見たことがあります。 むしろ、逆にこの映画の原作者は、よく調べていると思いました。 興味本位の日本紹介にしなかったのが、よかったですね。 軸足は常に女性たちの確執です。 チャン・ツィイー、コン・リー、ミシェル・ヨー、工藤夕貴と桃井かおりが一つ部屋のなか...... more
Tracked from 映画と秋葉原とネット小遣.. at 2005-12-17 10:41
タイトル : 『SAYURI』
?『SAYURI』 英題 MEMOIRS OF A GEISHA 公式HPはこちら   米国公式HP (日米同時公開の為)  9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(さゆりは源氏名)。大変な苦難のなか会長と呼ばれる紳士と束の間の出会いの中で、希望を持ち、いつかあの方に再び逢う... more
Tracked from Kemji's webl.. at 2005-12-20 02:56
タイトル : SAYURI@ワールドプレミア観た
図らずも僕は映画「SAYURI」(原題:Memoirs of a Geisha 原作:アーサー・ゴールデン)を両国国技館で観て来てしまいましたっ!ワールドプレミア上映ということで、世界で一番初めの公開ということで、出演者&監督の舞台挨拶つきでした。 よかったよかった。生チャン・ツィィィイー!&ケン・ワタナベ&コージ・ヤクショ&桃井かおり&ロブ・マーシャル監督&more。 この時の模様は、随分と高解像度な写真と共にホリエモン特設Blog(笑)などにも詳しく載っていました。たまにはレッドカーペ...... more
Tracked from にちじょうてんごく at 2005-12-20 13:03
タイトル : SAYURI
・・・SAYURIの舞台は祇園じゃないのかなぁ(原作は祇園でした) 字幕は標準語だし(京都なまりは字幕だと読みにくいからかな)、字幕で「半玉」と出ている反面後ろでちょこちょこ聞こ... more
Tracked from カノンな日々 at 2005-12-21 12:53
タイトル : SAYURI/チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、..
アメリカ人ってのはよっぽど芸者が好きなんでしょうね。しかも、やっぱり日本人とはどうも観点がズレてるし(笑)。しかし、この作品、感想書くのが難しいなぁ。だって物語としては平凡で何の感動もないんだもん。そもそも、昭和初期の京都が舞台だというのにセリフがほとんど....... more
Tracked from 『コンくらべ』-地味に応.. at 2005-12-21 12:58
タイトル : SAYURI
SAYURI 観ました。´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ 公開前から予告見て興奮しよったんよねぇ 映像の美しさに期待大! 内容はたいしたことないじゃろうな~みたいな・・・ 公開初日・・・(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジモジモジモジ 連れはあま... more
Tracked from ハトチョップログ at 2005-12-22 22:39
タイトル : 「SAYURI」
時間が取れたので 久々に映画館へ。 「SAYURI 」観てきました。 2時間半素晴らしかった。 (途中からトイレに行きたいのは気のせいだと自分に言い聞かせ) 買ったポップコーンを食べ忘れる程だった。 どんな映画でも中だるみのような箇所があるんだけど 退屈な場面無... more
Tracked from ヘーゼル・ナッツ☆シネマ.. at 2005-12-26 10:17
タイトル : 『SAYURI』★★★★・85点
『SAYURI』公式サイト 制作年度/国;'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;BV、松竹  上映時間;146分  監督;ロブ・マーシャル 出演;チャン・ツィー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/コン・リー観賞劇場:12/14(水)丸の内プラゼー...... more
Tracked from 映画とアートで☆ひとやす.. at 2006-01-01 17:01
タイトル : SAYURI@シネマメディアージュ:レディースデー夕方
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed)、..... more
Tracked from bobbys☆hiro☆.. at 2006-01-03 01:45
タイトル : お正月は映画「SAYURI」でしょ。
チャン・ツィイー主演で話題の 映画「SAYURI」を観てきました。 一言でいうと「大絶賛」です! 豪華で絢爛! 2時間26分と長いにもかかわらず 無駄なシーンがなく 魅せられてしまいます。 出演者の演技も素晴らしいものです。 会長役の渡辺謙・・・もうハリウッド映画に慣れたもの 延さん役の役所広司・・・第2の渡辺謙になるか? おカボ役の工藤夕貴・・・彼女も八リウッド慣れ おかあさん役の桃井かおり・・・いい演技、かおり流 さゆりの少女時代を演じる・・・大後寿々花 ※彼女の演技なしではこの映画は成...... more
Tracked from YUKKOのI LOVE.. at 2006-01-03 15:11
タイトル : 「SAYURI」
本日遂にチャン・ツィイー主演の「SAYURI」公開です。ジャパン・プレミアの華やかな様子をテレビで見て、絶対見たい!!と思いました。日本の芸者の役を彼女がどう演じるか興味深深、あと渡辺謙さん、一体どこまでハリウッドスターになっているのか?を確かめたかった....... more
Tracked from 映画deブログ at 2006-01-04 18:29
タイトル : 【SAYURI】
『SAYURI』観てまいりました。 レイトとは言え、人の入りが意外と多くて驚きました。 上映間もないからでしょうかねぇ? 全体的に年齢層はかなり高めでした。 映画が始まっ... more
Tracked from 映画と秋葉原とネット小遣.. at 2006-03-17 21:47
タイトル : 元舞妓が語る‥ 映画『SAYURI』
元舞妓が語る‥ 映画『SAYURI』 副題『SAYURI』がアカデミー賞3部門取ったぞ記念(笑い) まずは当ブログのレビューはこちら ←クリック この映画の新作評を載せてから、有る元芸妓だった方からTBを頂まして、この映画の感想を拝見して、驚きました。 ( ̄▽ ̄人)♪... more
Commented by MIPU at 2005-12-11 07:07 x
さっそく観たんですね~! 早く観たいっ!渡辺謙&チャンツィイー好きだし、メイクの参考やハリウッドがというので絶対観たいです。観たら言いますね♪
Commented by mig at 2005-12-12 09:16 x
こんにちは★TBありがとうございます。
本当の舞妓さんですか??
経験者から見ても太鼓判だなんて、この映画、成功かな。 (笑

ワタシも想像していたよりも面白かったです
Commented by ミチ at 2005-12-12 11:12 x
はじめまして〜♪
TBありがとうございました。
こちらからのTBがなかなか入らないんですけどゴメンナサイ。
もうお写真がステキでうっとりしてしまいました〜。
本物の舞妓さんのご意見、とっても貴重だと思います!
>ハリウッドが描いて良かった!
私もある意味そう思います。
これを日本で制作したら・・・もしくは日本人俳優で制作したら・・・ここまでのエンタメ性は持ち得なかったと思います。
Commented by きくぞぅ at 2005-12-12 11:37 x
初めまして。TBありがとうございます。
元舞妓さんとは恐れ入りましたm(_ _)m
やはり芸者の世界は厳しいんですね、、、
Commented by taka at 2005-12-12 21:00 x
TBありがとうございます☆本物の芸者さんだったんですね~なんか感激です!!私は今京都に住んでいるのですが、SAYURIのなかの花街って祇園なんでしょうかね??絵はだいぶ違いましたけど…
芸者さんってたいへんだなって思いつつも、すっごいかっこいいと思いました!!あらゆる点で美しい映画です♪
(このページ超かわいいですね♪)
Commented by andybell at 2005-12-12 21:39 x
TB有難うございました

謙さん、しぶかったですね~綺麗な映画だったと思います!
Commented by masagata2004 at 2005-12-12 22:19
髪型が違うのや着付けが違うのに腹が立ったりしませんでした。

どうも、あの髪型が嫌で見に行く気にならない。実際、ハリウッドでも、本物の髪型の方が受けると思うのですが。
Commented by masagata2004 at 2005-12-12 22:21
でも、比較的ましかも。だってひどいのは、長襦袢を着物として宴会で来ていたりするのもあるくらいだから。それは韓国映画でしたけど。
Commented by fuzika at 2005-12-13 03:13
MIPU>
うん、うん!早く鑑賞してぇ~~めっちゃ良いよ。
賛否両論だけど、外国が描く日本のわりには、花街のリアルさには拍手を送りたい!! 外見は確かにありえない "日本" が多いけどね(笑)

migさん>
このたびはトラバでお世話になりまして、こちらこそありがとうございますゥ。
多少違うところもあったけど、花街の人間関係や内部事情をリアルに表現していて、日本の伝統文化をちゃんとした形で海外に知ってもらういい機会だと思います~

ミチさん>
良かったぁ!! 共感してもらえる人がいて♪
実際に花街にいたので、いろんな分析をして、近いうちに続編を綴りますね!
写真は今後も沢山掲載していきますんで、よろしくね。
あとトラバできないのが残念ですゥ。
今回はトラバでお世話になり、ホンマありがとうございました★

Commented by fuzika at 2005-12-13 03:23
きくぞぅさん>
はいっ!!ほんま厳しいですよ。この映画で描かれていない もっと厳しい面も沢山あります♯
このたびは、トラバさせてもらい、お世話になりました。
ありがとうございまいましたぁ!! O(≧▽≦)O

takaさん>
このたびはトラバでお世話になり、ありがとうございまいました!
原作では取材したのは一応祇園だけど、この映画では "都" という表現で、街を特定はしていないよね。
美しい豪華絢爛な世界‥私もキレイだと関心しました(笑)

andybell さん>
トラバでお世話になりました。ありがとうございます!
渡辺謙さん、好きです!最近、渋い年ごろになって急激にファンになりました(笑)
私も美しい映画だったと思います。

masagata2004さん>
衣装に関しては、すごく似ていると思うけど、髪型は確かに‥。
でも、工藤夕貴 扮する "おカボ" は京風ではないけど、桃割れ(割しのぶ)を結うてます。
それならそれで みんな舞妓は統一させて方がいいなあ~って私も思う。
長襦袢が着物だなんて‥それは確かにヒドイ!!






Commented by 京野菜 at 2005-12-13 15:01 x
はじめまして。舞妓時代の自分の写真まで披露してくださって、感激です。あなたのような、広い心で見る人が意外に少ないのですよ。細かいことをことさら取り上げて、文句を言う手合いが多い。僕は「SAYURI」病にかかったほどですので、感想はもし、よろしかったらブログでお読みいただき、ご感想をいただければ幸いです。「お気に入り」に入れさせていただきました。
Commented at 2005-12-13 22:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuzika at 2005-12-15 13:54
京野菜さん>
過去の記録というか写真をアップしていることに感激していただいて嬉しいです。
現在のところ、元舞妓&芸妓がこれだけ自分の姿をさらけ出しているのは私だけですからねぇ~(笑)
今後も 思い出話を交えながら 写真をアップしていくので、お楽しみに★
「SAYURI」病ですか?ぜひ、そちらへお邪魔っさせてもらいますぅ~

Commented by hid at 2005-12-17 10:52 x
現役の芸者さんだった方のブログだったので、驚きこの映画のブログを大変興味深く、面白く拝見しました。(高評価だったのも感激しました)
さゆり関係で、この記事ともう一つの記事をTBさせて頂きます。
現在のお仕事も頑張ってください!(^^)!
Commented by ナイス旦那 at 2005-12-18 23:52 x
はじめまして!m(_ _)m

元芸者さんの記事がとても面白かったので、私のブログの記事中に勝手にリンク入れさせて頂きました。
ただ、ちょっとSAYURIに批判的な記事なので……
もし不都合などありましたが、遠慮なく言って頂ければと思います。
Commented by fuzika at 2005-12-19 16:27
hidさん>
このたびはトラバでお世話になり、ありがとうございましたぁ!!
しかも私のブログに好感度大!みたいで、嬉しかったですぅ。
うちトコを記事に紹介してくれたんだぁ~重ねて感謝します。
これからも花街ネタを綴っていくので、そうぞヨロシクね★"

ナイス旦那さん>
ありがとうございますぅ!!この映画は自分の過去と重なって、めっちゃ良かったし、私ならではの評価に みなさん興味深く読んでくれてるみたいで。
映画の評価は人それぞれ感性が違って当たり前なので、批判的な記事だからといって私なんかに気にしないでくださいニャ♪
うちのブログを紹介していただき、感謝します。
ありがとうございました!!

Commented by 映画三昧 at 2005-12-19 20:49 x
TBありがとうございました。本物の経験者にTBいただき、光栄です。
実は名前を見て、以前お会いしたことが、あるような気がしてきました。
もう一人、一緒にお会いしたのは「豆」がつく舞妓さんだったと記憶してるのですが、「豆」がつく人は多いんですよね(笑)。うろ覚えで御免なさい。
ちなみに、今でも水揚げの儀式は密かに存在しているんでしょうか?
Commented by 映画子 at 2005-12-19 21:55 x
TBありがとうございました。
元舞妓さん&元芸妓さんのfuzikaさんが大絶賛なんて! チャン・ツィイーちゃんも渡辺謙さんもロブ・マーシャル監督もみんなみんな喜びますよ!
『SAYURI』つながりで私もこちらからもfuzikaさんの記事をご紹介させていただきますね~!
Commented by すずな at 2005-12-20 13:24 x
TBありがとうございました!
本物の芸者さんということで軽く興奮です(笑)
写真をみさせてもらいましたが・・色っぽいですねーーー!!
これこそ日本の美!!!
また寄ります(^^)
Commented by fuzika at 2005-12-20 15:52
映画三昧さん>
(´~`ヾ) ポリポリ・・・ いやぁ、そんな光栄だなんて(笑)
そうです!実はあの○○です!すごい偶然。以前にお会いしていたなんて‥。
そうそう、もう1人は豆がつきます。でもあんな昔のコトよく覚えていてくれましたね♪
これも何かのご縁なので、今後ともよろしくね。
水揚げ‥は今でもありますよ。ただ、それをするだけの甲斐性のある人がいないのと、舞妓本人の意思で断れることが重なって、滅多に出ない儀式だけどね(汗)

映画子さん>
このたびはトラバでお世話になり、こちらこそありがとうございました!
そしてうちの記事を紹介していただき重ねて感謝★
次の記事で再びトラバさせてもらいますね!

すずなさん>
いえいえ‥こちらことありがとうございました!
写真は白く塗ってるからキレイに見えるだけですよん(笑)
すっぴんは幼いし、それはそれは肌が汚いです。毛穴拡大だしぃ‥
また、ぜひ、遊びに来てくださいニャ♪ =*^-^*=にこっ♪

Commented by コンちゃん at 2005-12-21 12:55 x
トラックバック&コメント、ありがとうございました!
本物だ。元舞妓にしか語れない・・・ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!
とても興味深い世界。なんかドキドキします☆☆☆
これからもおじゃまさせていただきます。(*- -)(*_ _)ペコリ
Commented by hatochop at 2005-12-22 22:54 x
悲しみの中にある美しさ。
映画「SAYURI」を通して、また一つ日本を知りました。

blogの記事、大変興味深く拝読いたしました。
また、よせてもらいます。

TBありがとうございました!
Commented by fuzika at 2005-12-28 19:22
コンちゃんさん>
こちらこそ、お世話になり、ありがとうございました!
ふふふ(*≧m≦*) みんな驚いてるみたいです(笑)
私にしか語れない世界やもんね。
日本人でもそんなに知らない世界だし、メディアなどで語り継がれた間違った認識のままでいてほしくないから、裏話を語ってみたわけです。
もうあと1~2回、裏話が残っているので、今後も楽しみにしてください!

hatochopさん>
このたびは、こちらこそ、おおきに★
そうですね。美しい世界なのに、裏腹に "悲" がぴったりとくっついてますよね。
実際もそうなんですよ。
でもいい意味での日本として映画では作られていたので、嬉しかったです。
まだ、シリーズが残っているので、今後も遊びに来てくださいねぇ~~

Commented at 2005-12-28 19:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makaronov at 2006-01-08 12:38 x
非常に聞いてみたかった現場からの声が聞けてうれしいです。
TBさせて下さい。
Commented by fuzika at 2006-01-09 04:34
makaronovさん>
初めまして。現場からの声が参考になったみたいで良かったですぅ。
シリーズで綴ってみたけど、反響が多くて驚き!
今まで本当に知ることのできない神秘な世界だったもんなァ~
TBどうぞしてやってくださいな♪ (* ̄▽ ̄)ノ~~

<< 銀座・資生堂のイルミネーション♪ ↑TOP↑ ~TATTOO PARADAI... >>