映画 【SAYURI ~Memoirs Of A Geisha~】 について綴る4回目の記事です。
(※関連ログは⇒1回目 / 2回目 / 3回目 / 5回目 / 6回目 / 7回目 / 8回目 / 9回目 /
          10回目 / 11回目 / 12回目-最終章-


先日鑑賞した 【SAYURI -さゆり-】 と、私が実際に見聞きしてきた現在の花街事情とを比べながら
シリーズでお話しています。
※ ネタバレの可能性があるので、鑑賞してから読んだ方がいいです‥


舞妓と芸妓

今まで幾度となく綴ってきた "お題" だから知ってる人も多いだろぅけど。
女の子の憧れの的、「舞妓」 という職業。 実際は、義務教育を終えた16歳ぐらい~20歳前後まで‥と、
舞妓でいられる期間はめっちゃ短いの。
そしてその後は自動的に 「芸妓」 になる。芸妓は年齢制限がないので80歳ぐらいで現役の方もいるんだけど‥
ぶっちゃぁけ、結婚というか籍をいれたらやめなきゃいけないんよね。
えっ?! ( ̄ェ ̄;)  ‥ってことは???
そうです。現役の芸妓は 旦那さん=愛人生活だったり シングルマザーだったり‥一生 芸で身を助け、
花街に残る道を選ぶということは ある意味切ないコトなんだと私は思う。
『芸妓は芸に秀でた者』‥ と芸事に修行を重ねて生きることの厳しさや、同時に体を売る女郎との上下の差を
映画ではちゃんと表現してるよね。
『私たちは羽織芸者であって枕芸者にはならない!』 ~って花街でよく聞いた言葉だけど、"水揚げ" という
"しきたり" だって結局は枕を共にする人身売買なんやし、枕芸者と変わらないでしょォ?
幸いにも私は "水揚げ" が強制じゃない時代で花街を過ごせたので、この時代のコトはよくわからない。
この映画は "水揚げ" が大きなテーマになりながら進行しているので、外国人どころか日本人‥花街にいた私でさえも "羽織(芸妓)" と "枕(女郎)" が違うということを奥深いところまで理解するのは難しい気がするなァ。
そしてSAYURIが想いをよせる会長。ハッピーエンドと思っても 結局は 『夜の妻』 だったことに なんか切ない感じが心に今でも残ってますぅ・・・。 (ノ_-。)

d0005476_22573044.jpg
↑半玉(舞妓) としてデビューする日のSAYURI。置屋から出発する時、おかあさんと小母が見送るシーン。
よく見ると、SAYURIは華やかな着物を着て、おかあさんと小母は黒紋付の正装を着ているね★
現在の花街では正反対だょ。舞妓としてデビューする儀式を 「店出し」 といって、舞妓は最初の三日間、黒紋付の正装になり、残りの3日間で色紋付の華やかな衣装を着て、短時間のご挨拶程度でお座敷を回ります。
黒紋付を着るのは、舞妓本人と男衆(おとこし)さんだけ。 他は主役よりも目立たないように普通の着物なのだ。
映画では豆葉姉さんと何処でも一緒に行動 (挨拶回り) していたけど、花街では‥昼は男衆(おとこし)さんと
挨拶回りをするけど、夜になったら1人でお座敷に行かないといけないので、すごくドキドキして心配だったアノ時を思わず思い出しちゃった(笑)
舞妓は引いてくれるお姉さんがいないとデビューすることができません。
誰でも必ずお姉さんが1人つきます。そのお姉さんが何人も舞妓を引いていたら、みんな姉妹筋になるわけで‥
映画のワンシーンで出てきたでしょ?姉妹分の杯を交わす儀式がっ!!
本当にある儀式だよ! 私の場合、舞妓としてデビューする当日にその儀式をやりました。
姉妹筋が勢揃いして、男衆さんが立会い人になり、それぞれのお姉さんたちが飲んだ杯で順番に自分もお酒を
飲み干す‥全て飲み終わった時、ようやく姉妹として認められて、新たな旅立ちです♪
あっ、そうそう名前 (芸名) はねぇ、お相撲の世界のように‥姉さんの一字をもらってつけてもらえるんョ。


髪型と衣装

髪型は、有名ヘアデザイナーさんが本物の芸妓&舞妓スタイルに現代性を加えて作ったそうです。
ロブ監督が描きたかったイメージは 『フランスのファッションショーに出演しているような芸者』 なんやて。

d0005476_1611956.jpgd0005476_16112164.jpg














(左) 芸妓の "島田のかづら" (※過去ログで詳しく綴ってるよ⇒ こちら
(右) 舞妓が最初にする髪型‥"割れしのぶ" 2枚とも私だけど、髪型で別人みたいに違うね。
映画では "おカボ" (工藤夕貴) がしていた髪型が 割れしのぶ と一緒だよ。
SAYURIは 横の毛ををつめて高い位置でまとめているので、スッキリとそしてキレイに見えるようにしてるんやねぇ。
花かんざしも無理やり挿してる感じ。もし、SAYURIも 割れしのぶを結うてたら あそこまでキレイにならなかったかも‥(爆) それに花かんざしから垂れてるビラビラは 頬を少し隠しながら揺れるし、余計と可愛く見える演出!
でもこのビラビラは、舞妓にデビューして‥最初の頃だけしかできません。まァ、長くても1年ぐらい。
あれだけで可愛く見えるから、ホンマはずっと挿したかったんだけどなァ~(*≧m≦*) ププッ
舞妓は年齢 (年数) によって、どんどん地味な感じになっていくもんです。 (※関連記事は⇒ こちら )
SAYURIが眠るときに使用していた 「箱まくら」 ‥これも花街でもというか舞妓の必需品です!
SAYURIは 箱まくらの下にお米をばらまかれて、枕から落ちたかどうかチェックされてたよね(笑)
1週間あの髪型を保つためには、どんなに首や肩が痛くなっても 箱まくらしか眠る手段がないのォ。
まさに毎日が修行です!5年近く あの枕で眠っていたおかげで、慢性の肩こりがヒドイ!!‥(w_-; ウゥ・・


d0005476_991023.jpgSAYURIは同じような髪型が多いけど、豆葉姉さんも
初桃姉さんも いろんな髪型してるね。
基本的に芸妓になって5~6年は お座敷には かづらを
かぶり白塗りするんだけど、かづらは重たいし しんどい
ということで、それ以降は豆葉姉さんみたいに "洋髪"
で普通の着物を着てお座敷に出るようになります。

よく普通の人が 芸妓とかのことを "姐さん" ‥って呼ぶ
けど、花街では "姉さん" です。 (間違った常識です)
しかも "さん" を余分につけて呼びます。
『藤花さん姉さん』 って、こんな感じに。 めっちゃ長いぃ


衣装に関しては 本物の舞妓と ほぼ同じ感じになっているので、安心したァ‥C=(^◇^ ; ホッ!
舞妓独特の "だらりの帯" 、 "お振袖" 、 "肩縫い上げ&袖縫い上げ" ‥全てが本物と同じ!
d0005476_948652.jpg
私の着物は見えにくいけど、SAYURIを見て! 肩にアクセントのように縫い上げがあるでしょ?
お袖にも同様の縫い上げがあるんだけど、これは幼さを表現するためのもので、舞妓の衣装にだけしかない
昔からの伝統なんだョ。 "肩縫い上げ&袖縫い上げ" って意外と知られていないので、覚えておくと良いョ♪


↓この画像なら肩と袖の縫い上げが‥わかりやすいねぇ~? (ノ∇≦*) キャハッッッ♪
d0005476_16102322.jpg
d0005476_1694184.jpg


(上) 祇園小唄を舞っている舞妓姿。 半肩をおろすだけで、私‥色っぽく見えるでしょ?(笑)
(下) 同じく舞を舞う芸妓姿。 お袖の長さが普通の着物とほぼ同じぐらい短くなるのが芸妓。
でも、一番上の画像の豆葉姉さんのお袖は 芸妓なのに少し長いね~やっぱコレもロブ監督の希望なんやろぅか。
舞妓と芸妓の衣装の違いは、"帯" と "お袖" がポイント! 覚えておきましょう~♪
ちなみに、後ろ姿バージョンで舞妓と芸妓の違いを見るには、過去ログで⇒ こちら

もう一つ言うなら、(左) の画像 舞妓の髪型に注目。 上の (右) 画像は 髷(まげ) の上部が割れていて、
赤い鹿の子が見えるでしょ?
(左) の画像の髷は上が閉じています。これは "おふく" という髪型で、舞妓にデビューしてから2~3年で
この髪型になり、いわゆるお姉さん舞妓になったという証。
髷が割れているのは、"割れしのぶ (桃割れ)" という幼い舞妓の髪型。割れしのぶは花かんざしを上の髷にも
挿すけど、 "おふく" になると、上の髷には櫛を挿し、花かんざしは横だけになるんだよっ!! w( ̄o ̄)w オオー!


でゎ、でゎ、今日はこの辺で。 次回③をお楽しみにぃ~。 マタネッ(^ー^)ノ~~
今日はクリスマスイブ♪
みんなの心に サンタさんが素敵な贈り物を届けてくれますよーに★
(〃 ̄▽ ̄)o-o∠※PAN!"。・:*:・゜☆メリークリスマス・:*:・゜☆

【TB】させてもらったニョ♪
噛ませ犬の嵐 「SAYURI」 / ◆ようこそ劇場へ! / ◆Cinema,British Actors / ◆田中陽子の映画ほめちぎり / ◆ココロにおいしいシネマ / ◆SLEEPLES IN KOBE / ◆のんびり列車 / ◆Thursday afternoon / ◆++空の香り 風の色++ / ◆my rough and polite
[PR]
by fuzika | 2005-12-24 10:40 | ◇ 京都祇園@花街生活 | Trackback(8) | Comments(20)  Mail ↑TOP
トラックバックURL : http://hanaen.exblog.jp/tb/2419655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 楽しまずんば是如何 at 2005-12-25 11:34
タイトル : 日本の髪型(伝統の美 櫛まつり作品集)
京都文化クラブ 平成12年6月発行  SAYURIで、というか原作の「さゆり」で舞妓、芸妓さんの髪型がそれぞれのその時の、どういったらいいんだろう身分というか、格というか、年齢というかを表わしているというのを読んだ。なかなか興味深かった。そして、舞妓、芸妓さんの経験者である藤花さんのこのブログ記事で髪型のことが経験にもとづいてご自身の舞妓・芸妓さん当事の写真をふんだんに使って大変分かりやすく書かれていた。  けど、さらに詳しく舞妓、芸妓さんの髪型のことを知りたくてこの本を借りてきた。  文庫本の...... more
Tracked from 映画と秋葉原とネット小遣.. at 2005-12-28 20:13
タイトル : 『SAYURI』
?『SAYURI』 英題 MEMOIRS OF A GEISHA 公式HPはこちら   米国公式HP (日米同時公開の為)  9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(さゆりは源氏名)。大変な苦難のなか会長と呼ばれる紳士と束の間の出会いの中で、希望を持ち、いつかあの方に再び逢う... more
Tracked from ようこそ劇場へ! at 2006-01-02 00:40
タイトル : SAYURI
アーサー・ゴールデンのアメリカ製・花柳小説の翻訳上下巻を手にした時は、面白くて一気に読んだものだ。京都の祗園と先斗町の区別もつかないし、お茶屋遊びもしたことがないのは、僕だけではなく恐らくほとんどの日本人がそうだと思う。 となれば、どうせ嘘っぽさはフィクションには付き物だし、少々のトンチンカンはやり過ごせる。花柳界自体が僕らにとってはミステリアスな世界だから、今回の映画化もそこいら辺に漂う嘘っぽさを承知の上で、大いに楽しめた。 原作では京都祗園の置屋が舞台だが、映画ではわざと何処ともはっきりしない架...... more
Tracked from ココロにおいしいシネマ at 2006-01-02 20:12
タイトル : お正月気分にぴったり「SAYURI」
これぞ外国人が思い描く日本! これぞ外国人が憧れる芸者の姿! それらが現在公開中... more
Tracked from SLEEPLES IN .. at 2006-01-23 00:42
タイトル : 芸者の思ひ出
18日は休みをとってリフレッシュしてきました。(有給とは別に二ヶ月に一度休まなくてはいけないのです。) 前から観ようと思ってたSAYURI(原題:MEMOIRS OF A GEISHA)を観に行きました。 ネタバレ所々ありなのでネタバレ嫌な方はすっ飛ばして下さい。 配役に関して....... more
Tracked from Thursday aft.. at 2006-01-23 21:34
タイトル : 美しい映画でしたよ~
ハイ、というわけで『Memories of a Geisha』、日本映画名は『SAYURI』見てきましたよ。いや~、普段は映画館とかで映画見ないんですが。一緒に行った人(4人)のうち二人がこれの原作を読んだらしく。。自動的に連れて行かれました(笑 めっちゃ良かった~ホント、かなり見たあと満足できる映画だった。ぶっちゃけ私は『座頭市by北野たけし』も『The Last Samurai』もあんま好きじゃなかったんですよね…。期待した割にイマイチって感じで。前者は、監督のセンスは悪くないんだけど、どーもダ...... more
Tracked from のんびり列車 at 2006-01-23 21:48
タイトル : SAYURI
SAYURI 色んなところで論争を巻き起こしている作品ですね ずいぶん前、海外のトレーラーを見せていただき どんな感じだろうと。 言葉とか風景の違和感の話しを読んでしまったのですが 始まって数分を過ぎると平気でした。 見た感じは 日本の俳優さんも出ているし 日本のストーリーなのですが 日本だけれど日本じゃないような。 主人公さゆりが姉を探しに隣町までいく景色は 昔見た「スワロウテイル」で アゲハが闇医者に担がれるときのシーンを思い出しました。 スワロウテイルも日本であ...... more
Tracked from 映画と秋葉原とネット小遣.. at 2006-03-17 21:49
タイトル : 元舞妓が語る‥ 映画『SAYURI』
元舞妓が語る‥ 映画『SAYURI』 副題『SAYURI』がアカデミー賞3部門取ったぞ記念(笑い) まずは当ブログのレビューはこちら ←クリック この映画の新作評を載せてから、有る元芸妓だった方からTBを頂まして、この映画の感想を拝見して、驚きました。 ( ̄▽ ̄人)♪... more
Commented at 2005-12-24 16:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-12-24 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cyainxxx at 2005-12-25 08:57 x
始めまして、
cyainxxxと申します。

とても興味深いブログです。
リンクさせて下さい。

札幌グルメの旅も、
是非、企画してください~!
Commented at 2005-12-25 09:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 造酒 at 2005-12-25 11:38 x
よいイブをお過ごしでしたでしょうか。舞妓さんの髪型と衣装大変分かりやすい解説ですね。「肩縫い上げ」に「袖縫い上げ」もあるんですね。初めて知りました。これは、デザイン上のことだけでなく、舞妓さんは成長期だから実際上の必要もあるんでしょうか?
 髪型について、この記事に触発されて、「日本の髪型」という本を読みました。その感想記事TBさせていただきました。
Commented at 2005-12-25 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikan at 2005-12-26 21:19 x
初めまして、mikanと申します。SAYURIに出てきた「水揚げ」ってほんとにあったのかな?と検索して辿りつきました。凄く勉強になりましたし、舞妓さんや芸妓さんにますます興味がわきます!トラックバックさせてください。
Commented at 2005-12-27 01:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-12-27 11:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ジョージ at 2005-12-27 19:10 x
Fuzikaさん、はじめまして。ジョージと申します。

日本で賛否両論、どちらかというと否なの?という"Memoirs of Geisha"を米国の映画館で見て、現実はどうだったんだろう?と思って色々と調べていたら、華の宴にたどり着きました。

過去記事を読みふけり、だらりの帯、つま、島田のかづらなど、今まで知らなかったディテールに興味を惹かれました。ありがとうございます。映画の中の細かい描写に興味がわいたので、DVDが出たらもう一度見ます。
Commented by fuzika at 2005-12-28 19:24
cyainxxx at さん>
リンクありがとうございますぅ~
また、近いうちにそちらに遊びに行きますね!
もう少し待っていてくださいませ。

造酒 さん>
イブはそれなりにまあまあでした(笑)
髪型のことを記事にしているとか‥
それは興味深いお話で。近いうちにそちらにいきますぅ~
髪型もいつか、もっと詳しく記事にするつもりですョ!

Commented by hide at 2005-12-28 20:26 x
fuzikaさんTB&コメント有難うございます
花街事情とSAYURIの綴りを、全て大変面白く拝見しました。
(。・・。)(。. .。)ウン(。・・。)(。. .。)ウン
非常にこの世界の事が解り易く理解できました。
●舞妓・芸妓は関西?半玉・芸者は関東かなあ?ぐらいしか理解はしてませんでした。特に学校は実在していた事は驚きでした。

(~_~;)実は時間が取れれば『吹き替え版』も観ようかなあと思っていたのですが。時間も取れそうも無くビミョーです
Commented by charlotte at 2005-12-29 03:38 x
こんにちは!はじめまして。hideさんのところからこちらを紹介していただき遊びにきました。TBがつけられないようなので、また後ほどチャレンジしますがコメントだけで失礼します。
現役の舞妓&芸妓さんでいらしたのですね!美しいお着物姿に見とれました!こちらの記事を大変興味深く拝見させていただきました。
自分の思い違いだったこともたくさんあり、あらためて勉強になりました。
映画では結構着物の感じは忠実に再現しているのですね。
本場の方のご意見を伺えて、納得したりほっとした部分もあったり、知識が不足してた為に映画も面白さが半減するのはもったいないなあと思ったり…また色々読ませていただこうと思います。失礼しました。<(_ _)>
Commented by SHOKO at 2006-01-02 20:16 x
はじめまして!TBありがとうございました。私もさせていただきました。
記事、とっても興味深く読ませていただきました。さすがは元舞妓さん・・・。その世界の方ならではの観点が、面白かったです!勉強になりました~。
Commented by fuzika at 2006-01-02 22:37
hideさん>
レス遅れましたぁ!! 学校は五花街にそれぞれあるんですよ。
学校といっても机も椅子もなく、ただ畳が敷いてあるお部屋が沢山あるだけやけどね(笑)
まだ、シリーズは続くので、他の記事でも勉強して、知識を得た上で再び鑑賞すればおもしろいかもね♪

charlotteさん>
お初です。hideさんの紹介ですかぁ?(hideさんはイイ人やゎァ~)
ありがとうございます!相手がうちのブログのリンクを張ってくれないとTBは×に設定してあるから、ひょっとしてできひんのかも。(◎_◎) ン?
今回の映画はいいチャンスだと思ったの。花街の伝統文化を広く知っていただきたい‥それも間違った認識のままじゃ嫌なので(元現役としては)、比較したお話を綴り始めたところ、スゴイ反響です♪
まだ、⑥ぐらいまでは続く予定なので、日にちをあけて遊びにきてくだされ☆

SHOKOさん>
いえいえ、こちらこそTBでお世話になり、ありがとうございました♪
私だから語れるお話だと思うので、今後もそっちネタでは1番を目指してがんばるぜぃ~!! ってことで、シリーズはまだ続くので、お楽しみに☆"


Commented by ゆこーすてぃん316 at 2006-01-23 00:40 x
はじめまして。TBありがとうございました。こちらからもTBさせて頂きます。
芸者さんや舞妓さんのこととかすごく勉強になりました。面白かったです。また遊びにきますね。
Commented by hikari at 2006-01-23 21:07 x
トラックバック、有難うございました。

芸者さんに関する記事、読ませていただきました。
自分の中にあった曖昧なイメージとは違って、しっかりとした知識のある観点からの映画の感想、すごく実があって面白かったです。

これからも遊びに来ます。ありがとうございました。
Commented by ukigumo-kaza at 2006-01-23 21:59
TBありがとうございます。

実際のお話が分かってとても丁寧で面白いですね。
現実の写真も妖艶で美しいです。
映画も結構忠実に再現されているんだなぁと納得しました。
文春文庫の本も見てみます。では、失礼しましたっ
Commented by fuzika at 2006-01-26 07:21
545iさん>
お返事したつもりが、まだできていませんでした(汗)ごめんなさい。
その節はおおきにィ~意外なところでの出会いだったけど、リンク先にジャンプしたら無効だったので、545iさんのブログに飛べませんでした(涙)
もし、再度来てくれたならぜひ、URLを教えてくださいね


Commented by fuzika at 2006-01-26 07:31
ゆこーすてぃん316 さん>
このたびは、トラバでお世話になり、ありがとうございましたァ。
みんなの知らない世界が覗けるから、リピートしてくれる人多いんですぅ。
ぜひ、遊びにきてやってくださいね☆

hikari さん>
トラバでお世話になりました、おおきにィ~
そんなふうに褒めてもらえるとがんばって綴ってきた甲斐があります☆
まだもう少しシリーズは続くので、たまには覗いてみてくだされぇ~♪

ukigumo-kazaさん>
トラバでお世話になり、こちらこそありがとうございました!
元や現役も含めて、舞妓&芸妓がこれだけ花街事情を暴露したり、画像を公開しているブログは私だけなので、今後も真実を伝えていきますねっ!!
文庫本は全編 京都弁なので、すごくおもしろいらしいです。
(って、私はまだ読んでいませぇ~~ん♯)



<< 元舞妓が語る‥ 【SAYURI... ↑TOP↑ 元舞妓が語る‥ 【SAYURI... >>