d0005476_1845276.jpg祇園ボロニヤ‥私が祇園で舞妓だった頃、祇園の数坪ぐらいの小さな店で、デニッシュ食パンが売られていました。

だいたい夕方から夜に売り出すんだけど、
1本(約3斤分)1200円。

お茶屋さんや、祇園のクラブ&ラウンジなど‥
夜に営業しているお店に人達が買い、それをお酒のつまみ&軽い夜食にお客さんに出したところ、口コミで広がる輪が次第に増えてきて、1店舗だったのが京都中に何店舗も拡張し、発売から十数年経った今では、東京工場や全国のイトーヨーカドー‥そしてフランチャイズ加盟店まで募集するほどの不動のものとなった‥"デニッシュ食パン"

この元祖‥"デニッシュ食パン" を発明したご主人の濱田さんはパン作り一筋の頑固職人。

「ケーキほど甘くなく、食パンよりも甘い」
をコンセプトに5~6年かかって完成した、ほんとに美味しい食パンです。

まあ、一言でいうとクロワッサンの食パン版を食べているような感じ。

私は、このパンが発売された当初から、大好きで今までのいっぱい食してきた。
だけど、東京に戻ってから、このパンを食べて一つだけ大きな違いに気づいたの。
京都で食べたパンは買ってきた当日、そして次の日ぐらいまでなら、トースターで焼かずに、電子レンジで
20秒ほどチンすると、フカフカ焼きたてのような食感があったけど‥
東京工場で作られているパンは電子レンジでチンすると水分が飛んでしまっているようで、フカフカの
食感が薄れてしまったんです。
だから、買った当日から、トースターで焼かないと美味しくない感じ。

よく、店舗を拡張したりすると、味が落ちるって聞いたことあったけど、私が京都で食べていたパンは、
少なくとも濱田さんご主人が焼いていたんだろうなぁ~って思う。
確かに、今でもこの食パンはトースターすれば、ものすごく美味しく感じるけど、以前の美味しさを
知っている私には、残念でしょうがない‥。ウゥゥ。。。(w_-; 。。。 悲しいよォ
今日は、そんなことを思いながら、数日前に銀座で購入した食パンでランチしてたんだ。


【TB】させてもらったニョ♪
五感てきブログ +Happy Life+ / ◆なんて素晴らしい陽気なのかしら ~quil fait bon~ / ◆dragon-tail / ◆Dai-Kubo Diary

クリックよろぴぃく (゜・^*)
[PR]
by fuzika | 2004-11-26 16:25 | ◇ 食う買う@レポート生活  Mail ↑TOP
<< 舞妓&芸妓@思い出話 ~第4話~ ↑TOP↑ 猫の愛ちゃん◆遊びショット >>