舞妓になると、最初に結う髪型‥【割れしのぶ】 今更ながらだけど、基本の髪型の紹介でーす!

d0005476_1117522.jpg


以前の記事 (思い出話 第28話) で、舞妓が自分の毛で結う髪型が 6種類 あることをお話したやんね。
普段に結うのが、、、若い舞妓の場合⇒【割れしのぶ】 と 、お姉さん舞妓の場合⇒【おふく】
イベント時期などの季節限定で結うのが、お姉さん舞妓 (おふく) のみ⇒【をどりの髪型(中島田)】 【勝山】 【奴】 【先笄(さっこう)】

現在までにこのブログで紹介しているのが⇒ 【をどりの髪型(中島田)】 と 【勝山】 だけ。
イベント時期の髪型を先に紹介してしまったけど、本当は基本の髪型から教えなアカンのにね‥(ゴメン)
~ってことで、今日は 基本中の基本!舞妓にデビューした時 (正式には見習いの時から) に結う髪型
【割れしのぶ】 のお話ですぅ♪

舞妓の髪型が違うといっても、前髪や横の鬢 (びん) の部分は どの髪型もほとんど一緒。
後頭部上にある髷 (まげ) の部分や、挿す簪 (かんざし) が違うことによって6種類に分けられるんよね。
上の画像の髷 (まげ) 部分に注目!上下が割れていて、赤い鹿の子が見えるでしょ?
(※私らは赤の鹿の子~って呼んでたけど、正式名称は‥ありまち鹿の子 なんやて。)
このように髷の上下が開いて (割れて) いることから 【割れしのぶ】 と呼ばれるらしいんやけど、江戸時代後期に町の少女が結っていた髪型だそうですぅ~。
七五三や成人式に結う日本髪として 【桃割れ】 っていう髪型があるでしょ?
私は 髷が 【割れしのぶ】 と同じもんやと思ってたけど、専門家に言わすと微妙に違うらしいんだ。
【桃割れ】 も、江戸時代後期の町の少女が結っていたみたいだし、東京風⇒【桃割れ】 & 京風⇒【割れしのぶ】 だと姉さんたちからの聞き伝えで理解してたので、調べてみてビックリ!
舞妓が結う 【割れしのぶ】 は、横の鬢に毛タボを入れて張らせて (ふくらませて) いるのに対して、【桃割れ】 は
横の鬢の張りが少ない‥それが大きな違いなのかなァ~って勝手に考えてみたり。σ(^_^;)

d0005476_12413844.jpg

『‥すれ違った舟の中に桃割れ姿の民子を見つけて胸を躍らせる。』 松田聖子主演で映画化にもなった 【野菊の墓】 の一節。桃割れ姿~ってあるもんね。この聖子ちゃんの髪型が桃割れなんだ~って、私の【割れしのぶ】 と比べてみたょ(笑) 聖子ちゃん可愛い!私は丸々としたデブちん! (>▽<) きゃー!!
下の画像は、後ろ上から 【割れしのぶ】 の髷を撮影したもの。
赤い鹿の子が ちゃんとキレイに収納できてなくて <( ̄∇ ̄)ゞ ゴメリンコ~♯ とにかく舞妓にデビューしたばかりの頃は、何でも もっさいというか下手くそやゎ~(笑) でも、当時はこれでも一生懸命なんやけどね (^_-)
髷の真ん中にあるのが、鹿の子止め といって、年代モノだったり高価らしいょ。
【割れしのぶ】 でいる間 は、簪 (かんざし) は変わっても 鹿の子止めは同じモノやったもんなァ‥

ちなみに、上下の大きな画像‥私が舞妓にデビューして2ヶ月目。3月なので花簪 (かんざし) は、菜の花。
私の人生の中で一番肥えていた デブちん時期やったかと思われますデス ( ; ゚Д゚)
この髪型 【割れしのぶ】 は若い舞妓が結うものなので、舞妓にデビューして約2年ぐらいの間だけのもので、
それを過ぎると、今度はお姉さんが結う髪型 【おふく】 になりますぅ。次回の思い出話は 【おふく】 のお話ねっ!!


d0005476_12565643.jpg

※花簪や脇役の簪のことは、以前の記事を参照に⇒ 花簪12ヶ月 / 脇役の簪
※変身舞妓じゃなく、ホンマもん舞妓の 【割れしのぶ】 の画像あるょ⇒ ギオン福住 / "another-approach"
[PR]
by fuzika | 2008-01-16 13:33 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
<< アダルトな新年会 (笑)  ↑TOP↑ 山口県~島根県 一泊旅行 >>