2011年 03月 16日 ( 2 )
Mail ↑TOP
そう、絆[kizuna]があるから!もっとみんなで深めましょう!

この辛い現状をどう乗り越えていくか
そのカギは人と人との絆[kizuna]にあります。

(‥途中、略)

私たちならではの視点に立って
被災地に、そして世界中に
この絆[kizuna]の力を伝えていきたいのです。

Tsunami”よりも、“Kizuna” という日本語を
世界の共通言語にしたい・・・

そういう想いで、頑張っていきます。



渡辺 謙@発起人のプロジェクト【kizuna311】~より




渡辺謙さんが呼びかけ人になっている【kizuna311】プロジェクトでメッセージを残しているように、今回のことで多くの人が、『今、自分には何ができるのだろう?』と考えたと思います。

文京区でタンメン屋をやっている弟の太一は、地震のあった翌日の晩、まだ余震がものすごく多く襲ってきている中で、タンメンを一人で作り、お客さんみんなに無料で提供していました!
前日の晩、都内は帰宅難民で溢れ、コンビニなどで食料品がカラカラになくなってしまっただけでなく、余震の影響から飲食店がほとんど閉めていたからです。
冷蔵庫などに食べる物をストックしていなかった一人暮らしの方々から、あったかいタンメンが心にしみた~とすごく喜んでもらえたようで、弟の善意にはアタマが上がりません (>_<")

私には、弟のような素晴らしいことはできないけど‥ブロガーとしての情報収集や公開など、少しでも多くの方に今の現実だけじゃなく、これからの希望の光も与えられたら~と、PCの前にほとんど1日座って頑張ってます。
銀座の夜の仕事は~というと、もちろん先週末から今週いっぱい休業ですぅ(>▽<;;
こんな時期に、飲みに来る方なんていませんよねぇ~日給制だから大変だけど‥被災者の苦悩を考えれば、全然たいしたことないですね!
これぐらいしか私にはできないけど、少しでも誰かの力になっていることを願って‥★


d0005476_186697.jpg


画像は、弟の太一がデザインし、筆で書いたものです!
今、嬉しいことに世界中で『pray fou japan』~日本のために祈る~活動が広まっています。
弟も自分の想いを世界に広げたかったんだろぅね♪今の日本人に必要なモノが揃っているなぁ~(*^^)
日の丸の赤い部分に、希望の光が‥!! 贔屓目とかじゃなく、ホントに素敵なデザイン♪

私は善意に大小はないと思います。
今回のことで、"助け合いや思いやり" というのは、日本人の象徴でもあるし、誇りでもあると~
改めて気づかされた人も多いのではないでしょうか。。。
ひとりひとりが、『今、自分ができること』 をやっていけば、その想いが重なり合い、絡み合い、最後は、すごく深い絆へと繋がっていくんだと思っています。

みなさんも、まずは動いてみてください! みんなで共に頑張って希望の光を一緒に見て感じましょうね (*´∇`*)
[PR]
by fuzika | 2011-03-16 18:26 | ◇ 心に響く言葉@感動生活  Mail ↑TOP
※要参考! 「今、逃げるべき???」【原子力事故】とあなたの身体
東北地方沖大地震によって被害を受けている福島原発のことを、face book の中にいる‥元、東電原子力技術者の方が、詳しくわかりやすく解説してくれています。連日の爆発や火災などで、放射能のこと、みなさんもとっても不安だと思うので、ぜひ、読んでみてください!(>_<")

d0005476_1432633.jpg


※多少編集して転載させてもらいます↓


------------------------------------------------------------------------------

「今、逃げるべき???」【原子力事故】とあなたの身体


世間が大混乱している原子力事故。
【原発の放射能】が【あなたに及ぼす影響】について書きますね。

役人と東電の説明が、あれほどわかりにくくて、
メディアが騒ぎ立てれば、みんな不安になりますよね。。。汗


私、元、
東京電力原子力技術者(原子力発電所の運転経験5年)

さらに、原子力トラブル発生時のマスコミ・官庁対応チームだった経歴から、
今「逃げるべきか?」「まだ平気なのか?」悩んでいる方々に説明します。


■1番大事なこと

事故の内容よりも、結局「放射能がどのくらい出ているのか」をチェックすること。


燃料が溶けようと、火事が起ころうと、大事なのは、

「放射能が外に放出されているか」どうかです。


そして、「その値がいくつなのか」です。


まず「単位」に注意してください。


報道では、計測された放射線の値として
「マイクロシーベルト(μSv)」とか「ミリシーベルト(mSV)」とか言っています。


これ、大事です。

「マイクロ」と「ミリ」では、【1000倍】違います。

【マイクロシーベルト】→【ミリシーベルト】→【シーベルト】

1000マイクロシーベルト=1ミリシーベルトです。


・・・っで、肝心なのが、

「いくつになったら、身体に影響がでるの???」ってことですよね。




答えは・・・

「200ミリシーベルト(200mSv)以下は大丈夫」

ということです。(図を見てくださいね。)



覚えておいてください。


これはマイクロシーベルトにすると「20万マイクロシーベルト」です。


・・・ということで、マスコミが

「500マイクロシーベルト」とか、「1000マイクロシーベルト」とか

報道しているうちは、全く相手にしなくていいわけです。



たとえば、病院でCTスキャンを1回やると、

「6900マイクロシーベルト」です。


それから比べたら、

500マイクロや1000マイクロは

大騒ぎする話では無いのがわかると思います。(あなたの身体への影響という意味でね。)




では、3月15日

「3号機の近くで400ミリシーベルトの値が出た」

というのはどうでしょう?


これは問題ですね。汗

200ミリシーベルトを超えているわけですから。


でも、慌てないでください。


大事なのは単位です。

単位は「400ミリシーベルト/h」です。


つまり、3号機の横に、1時間ぽけーっと突っ立ていると、

400ミリシーベルト、放射線を受けますよ。(←つまり被ばくしますよ)ってことなんです。



これを読んでる人で、3号機の横に住んでる人・・・もちろんいませんよね。^^;


さらに、知っておいて欲しいのは、


放射線の影響は、「距離の2乗に反比例する」という性質です。


これはどういうことかと言うと、

放射線を出すものから、離れれば離れるほど、放射線の威力はものすごく小さくなるということです。


例えば、「2m離れれば1/4」、「3m離れれば1/9」という具合です。


ということで、400ミリシーベルトがそのまま影響するわけではなく、

実際は、ものすごく小さな値になるのがわかると思います。

だから、「東京から今すぐ逃げよう!」なんて考えるのは、早すぎるわけです。



大事な事は、「放射線の値」を確認すること。

一時的に400ミリ出ても、その後下がってマイクロシーベルトの世界に入れば、

騒ぐことはありません。


400ミリが、1000ミリ、2000ミリと、どんどん上昇していくようなら、

そのときは、いよいよ「逃げる準備」を始めて警戒していけばいいのです。


「値」と「その傾向」

上がってるのか、下がってるのか。

これを見極めてくださいね。



さらに不安な方へ・・・


次に、こんな疑問があるかも知れません。


「では、なぜ近隣住民に避難命令が出ているの?」

「東京都内でも、放射能を検出したって話だよ」


答えは、

「放射能は、空気中のチリやホコリとともに、風に乗って移動するから」

です。


「えっ?」「じゃぁ逃げなきゃ!」っと思いたくなるかも知れません。


でも、慌てないでください。



基本的に、風に乗って放射能は「拡散」します。


つまりどんどん薄まっていきます。


薄まれば薄まるほど、威力は弱まります。


例えば、東京近郊での数値は「約1マイクロシーベルト/h」だったわけです。


これは全然問題ありません。


たとえば、先ほども書きましたが、病院でCTスキャンを1回やると、

「6900マイクロシーベルト」です。


これは1時間じゃなくて、1回です。(全然違います。)

6900マイクロシーベルト/回

ということです。


それに対して、「約1マイクロシーベルト/h」は、

「そこに1時間いたら1マイクロシーベルト、放射線の影響を受けるよ。」

ということです。



値の意味さえを知っていれば、

「マイクロシーベルトのレベルであまり騒ぐ必要は無い」

ことがわかると思います。


どうでしょう?


これらを知っておけば、世間の動きに流されて、


「今すぐ逃げろ!」とならずに済むと思います。


冷静に数値を見て、冷静に判断しましょう。


参考にしてもらえたら嬉しいです。


----------------------------------------------------------------------------
[PR]
by fuzika | 2011-03-16 14:11 | ◇ 出来事@庶民的生活  Mail ↑TOP
↑TOP↑