<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Mail ↑TOP
猫の愛ちゃん◆お誕生日!
うちの愛ちゃん (チンチラ・♂) 昨日が (1/28) お誕生日でした!
(* ̄∇ ̄)/゜・:*【祝】*:・゜\( ̄∇ ̄*)  キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ

d0005476_8422524.jpg
毎年恒例のように、お誕生日にはペットショップに連れていき、シャンプー&トリミングをしてキレイにしてもらうんョ。

愛ちゃんは人間の歳でいうと‥32歳  ちゃんと "お手" をする賢い猫だョ♪

顔つきがだんだん凛々しくなって、体重も日々増加中 ・・・(゜_゜i)タラー・・・
ついに、6.5kgを超え、あきらかに肥満猫ですゥ。
去勢してから食べることが唯一の楽しみだもんね、まぁ、しょうがないか。
昨日はお祝いなので、愛ちゃんの好物を沢山買ってきて、お母さんと2人でプチパーティ!(寂)

それにしても、お母さん‥
普段はいつも すっぴん なので、目隠ししても相変わらず変なお顔ですぅ~  イヤン (/-\*) ハジュカチ…

クリックよろぴぃく (゜・^*) 
[PR]
by fuzika | 2006-01-29 09:01 | ◇ 猫の愛ちゃん@ペット生活  Mail ↑TOP
心に響く言葉 ・4  -- 不良牧師からの伝言 --

忙しいとは「心を亡くす」と書く
心を亡くすとは、人間性を失う事。

例えば、道で、誰かが転んだ時、
自分の心にほんの少し余裕があったなら
声をかけてあげられたかもしれない。
抱き起こしてあげれたかもしれない。

もっと余裕があったなら
さすってあげられたかもしれない。

あの時、心を亡くしていた事を
覚えておこう。


アーサー・ホーランド
(革ジャンにサングラス、体にはTATOO。ハーレーに乗って
年間5万キロを伝道する不良牧師)



胸がズキっとした。今の私は このまんま に生きてるから。
銀座に勤めてからというもの‥あまりにもの忙しさに 心に余裕を持つというコトがなくなってしまった。
ご贔屓にしてくれるお客サンは 日々増え続け、気づいたら休日も付き合いで お客サンたちと過ごす時間ばかり。
平日は沢山頑張るんだから 休日ぐらい 好きなように 自分のためだけの時間を過ごしたい。

心を亡くすということ‥
それは時に、友情だったり、愛情だったり‥信頼や絆とか‥
もっと、もっと本当に大切なものを 一瞬にして失ってしまうことがあるよね。

どんなに忙しくても
人として一番大事な "心" だけは 亡くすことなく 生きてゆかなくちゃ!
この言葉で そう強く思った。


(よしっ!! 今日から生活スタイルを変えるぞォ~休日は私の時間じゃ!!  エイエイ (`0´)ノ オゥーー!! 笑‥)


【TB】させてもらったニョ♪
悪性リンパ腫サバイバル・佳代子のウェルビーイング / ◆日記 / ◆じゃべりんな日記 /◆Vacuuming
[PR]
by fuzika | 2006-01-28 12:33 | ◇ 心に響く言葉@感動生活  Mail ↑TOP
元舞妓が語る‥ 【SAYURI】 ⑧ Memoirs Of A Geisha
映画 【SAYURI ~Memoirs Of A Geisha~】 について綴る10回目の記事です。
(※関連ログ⇒1回目 / 2回目 / 3回目 / 4回目 / 5回目 / 6回目 / 7回目 / 8回目 /
         9回目 / 11回目 / 12回目-最終章-

先日鑑賞した 【 SAYURI -さゆり- 】 と、私が実際に見聞きしてきた現在の花街事情とを比べながら
シリーズでお話しています。
※ ネタバレの可能性があるので、鑑賞してから読んだ方がいいです‥


先日、ショッキングなニュースがっ!! 『 SAYURI‥中国大陸で上映禁止にっ!! 』
主演女優のチャンツィイー (章子怡) は中国北京出身。着物の着こなし、立ち居振る舞い、
それに踊りのシーン‥日本人でさえも難しい役柄を 彼女は堂々と立派に演じていたと思う。
理由はどうあれ 偉業を成し遂げた彼女が母国で認めてもらえない‥なんて、かわいそうすぎるよォ。o(´^`)o
やっぱり日本人が思っている以上に 外国では 花街の芸者=娼婦‥という昔の悪いイメージのままなんだよね。
でも、中国情報局 のニュースによると、、「 台湾では、最初の週末の興行収入は台北市で1100万台湾ドル、台湾全体では2200万台湾ドルにのぼるなど、好調な滑り出しをみせている 」 とのこと。
C=(^◇^ ; ホッ! 私の本が出版されただけに この映画の台湾での動きが気になったりしちゃいます(笑)
映画のレビューは賛否両論で、やっぱり主演が日本人じゃなかったことに不満を持っている人が沢山いたなァ‥。
なので、今日は予定を変更して (ホンマは⑦の続編で "都をどりネタ" ) チャンツィイーのコトについて語るね。


衣装の種類とチャンツィイーの踊り

チャンツィイー (SAYURI) が "華をどり" という舞踊会で踊ってるシーンのことは以前に綴ったけど、
今日はお座敷で踊る彼女の衣装に注目してほしい。
d0005476_114723.jpg
映画の中では "半玉(はんぎょく)"‥いわゆる芸妓になる前の見習いさんとして表現しているけど、セリフを聞いてもわかるように 吹き替えの "半玉" 部分が 『Maiko!!』 って 呼ばれてるよね。
そのとおりで、彼女は本当の舞妓の衣装を着ています。
この衣装は冬物で、花街では 【2枚綿入れ】 と呼ばれてるの。
普通、みなさんが着る着物と同じように、舞妓や芸妓の衣装も季節によって生地の薄さや衣装の重さが違ってくるんだけど、襟の部分&袖の部分&裾(すそ)の部分から 青灰色の裏地が見えるでしょ?
全体が2枚重ねになっていて、さらによく見ると裾の部分一周に綿が入っているの。
この綿も冬物は2段になっていて、だいたい8~9kg!~と、それはそれは重たい衣装なんです!
裾の長い引きづりの衣装を着て踊るということは、 "裾さばき" という特殊な動きを踊りと同時にしていかないと、
クルっと回った時などに裾が足にからみついて 身動きとれなくなるし、踏んでしまうと その拍子にヒックリかえってしまうことなんかもあるし、慣れるまではスゴク大変なことなの。

それに加えて、お袖は振袖で長い&だらりの帯も長い‥つまり普通の着物とは全てがあきらかに違うので、
そんな衣装を身につけたチャンツィイーだから、最初は心配になってドキドキしてた私。
だけど、彼女の動き、そして踊りは完璧だった!!
そりゃあ私は師匠でもないし、芸歴も長くないから そんな細かいところまで偉そうに評価はできない。
でも、 あの重たい衣装で苦しいはずなのに‥そんなコトは一つも見えない、
裾さばきの不慣れな動きや、袖&帯の長さによる踊りの違和感だって、私を筆頭に視聴者は何も感じられなかったと思う。彼女の半肩をおろした艶やかな姿、指先までピンと伸びたきれいなライン、舞扇を見事に使いこなしていた華麗な動き‥
私は彼女に心の中で拍手を送っていた、本当にすばらしいと思った。

確かに彼女は8歳で舞踊を習い始め、北京舞踏学院付属中学に入学、在学中にはコンクールで受賞という‥
舞踊というかダンスは得意分野だったということもある。だけど、少なくとも普通の着物よりも特殊で、何十倍も大変な舞妓の衣装を着て 踊ったことは今までになかったと思う。
私は舞妓にデビューしたての頃、あんなに上手に踊れなかった。
舞妓になるまでの約1年の修行期間中は、全て普通の着物で師匠さんに習います。舞妓にデビューした途端に、裾さばきの大変さや 衣装の重さなどを実感するので、慣れるまでには実践をしながら相当時間がかかった記憶があるから‥。
花街一の芸者を演じるために、短期間でものすごい努力をしたんだろぅなぁ~って‥
私はこの映画で彼女を見る目が変わり、彼女のファンになりました☆

d0005476_162315100.jpg
これは衣装の違いを説明しようと思って‥並べてみた♪ 私が3人だぁ~~三つ子ょ \(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/
真ん中が冬の衣装 (12月~3月) の 【2枚綿入れ】 裾の綿が2段になってるのハッキリわかるよね。
右側が春・秋の衣装 (11月と4月) の 【1枚綿入れ】 裾の綿が1段や、袖、襟などが全て1枚なので、
少し軽くなる。
左側が真夏の衣装 (7月と8月) の 【絽】 裾に綿が入らなくなり、ペラペラなので、踊りは裾さばきをしても足に
からみやすく結構大変。その他に、(6月と9月) の 【単】 があるんだけど、【絽】 とほとんど同様。
ただ生地の薄さの違いぐらいなので、省略しましたぁ。 この画像は舞妓の頃だけど、芸妓の引きづりの衣装も全く同じ季節感ですョ。


知らない人が わりと多いから ちょっと雑学を伝授してあげよう(笑)

お座敷や室内では、チャンツィイーのように裾を引きずった状態で歩くけど、外を歩くときは左手で褄(ツマ)を
持って、そこに花カゴを抱え込み持ちをして歩くのが基本です。
この "褄(ツマ)" って、左褄と右褄があって、うちら舞妓や芸妓たちは左手で持つから左褄。
反対に、花魁などの遊女や、花嫁さん(白無垢)は右手で持つから右褄なのだ。
これには訳があって、左手で褄をもった場合、着物の合わせ目が右になっているため、裾から男性の手が
入りにくいので‥要するに 【芸は売っても 体は売らないのよ】 という意味が入ってるんだって。
反対に右手で持てば、男性の手が裾からすぐに入るから‥遊女や花嫁さん~ふーん、なるほどねぇ。
パシパシパシ (o^∇^o)ノノノ"""Ω ヘェヘェヘェ  (ヘェは3回です♪)


チャンツィイーを私が高く評価してるのは、踊りだけじゃないョ。
舞妓(半玉) の時は初々しさが大事だし、顔の表情や立ち居振る舞いも ちょっとギコチナイ感じに演じているのに、たまにフッ!!っと一瞬だけど 艶やかでシットリしていて気品ある感じも見え隠れしてたでしょ?
それでいて、踊りのシーンでは表情も動きもめっちゃ決まっていて‥会長に恋をしているシーンなんて純粋な女の子そのもの‥。
本当に彼女は この SAYURI 役にピッタリだと思った。
日本人女優で何人か想像してみたものの ある程度着物に慣れている日本人女性なら こんなおぼこい(可愛い)舞妓にはならんかっただろうし、異なる2つの顔を使い分ける演技ができなかった気がするぅ‥

私、ほんとに チャンツィイーに大絶賛です! (* T-)ヾ( ̄▽ ̄) ヨシヨシ 次回⑨をお楽しみにィ☆


ちょっと、話は変わるけど‥上七軒という花街の現役舞妓がブログを公開したそうな。
このブログがすごい!BLOG さんの記事で見つけたんで、参考のためにリンク張っておくね。
⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ  ( ̄ー☆キラリーン 同じ花街関連ネタでも 私の方が断然勝ってるゎ!!
もう、花街をやめたんやから 暴露トークできて当たり前だろ!!~ちゅうーに♯ (・_;☆\(-_-) ポカッ!

上七軒のお茶屋 「市」 舞妓ブログ



【TB】させてもらったニョ♪
亞洲秘密房間(=゚ω゚)ノ / ◆FUNKYオヤジの落書き帳 / ◆中国語奮闘記 / ◆ぐうたら生活。 /
ほんこんからさぶかるる / ◆ハサウェイのやんごとなき・・・ / ◆日々のできごと / ◆ママみかん雑記帳 / ◆SHINE / ◆日々是チナヲチ。 / ◆FF11_Syndrome / ◆雇われワイド笑! / ◆百々ノ華々 /
Untitled Blog / ◆せつないなら、空をごらん*annex* / ◆20051209 / ◆底ヂカLife @kagoshima切り杭 / ◆宮澤@商会
[PR]
by fuzika | 2006-01-26 13:06 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
台湾で本を出版!発売記念サイン会レポ♪
”芸妓@藤花” 1年半ぶりの復活です!
d0005476_16252034.jpg

1月10日に台湾で 私の写真集&エッセイが発売されましたァ♪ (全編 北京語訳です)
そして その発売記念サイン会のため 1月12日~15日まで台湾に行ってた時のコトを簡単に
画像つきでレポートしまァす!!

ホテルのお部屋で白塗り~最後にお紅を挿して出来上がりっ!! の場面
今回は宿泊先のホテルでサイン会のイベントを‥ 
d0005476_1626797.jpg
d0005476_16261897.jpg


本を購入してくれたのは ほとんどが女性だったので、同性が支持してくれたコトが嬉しかった。
サイン会を上から見ると こんな感じ。みなさん、ほんまおおきにぃ~って心で叫んでたょ(笑)
d0005476_16263935.jpg
d0005476_16265135.jpg


本にサインをした後は、もちろん記念撮影会もっ!! いっぱい笑顔で頑張りましたっ!!
本以外にプロマイドにもサインを。手が疲れて‥芸能人の気持ちがわかった気がする(爆)
d0005476_16273151.jpg
d0005476_16274327.jpg


ホテル内の吹き抜け場所にキレイな舞台を設置してくれて、芸妓姿が映えました。感謝★
台湾のテレビや新聞の取材もあり、久々にスターになった気分の私‥σ( ̄∇ ̄;) わて?
d0005476_1628213.jpg
d0005476_16282255.jpg


ホテルでのサイン会の合間の時間に 近くの書店で開催されている発売イベントへも訪問!
特設会場を設けて、私の本が並んでました♪ 人気作家の気分になっちゃった(笑)

d0005476_16284658.jpg
d0005476_1629025.jpg


異国の地で 自分の生き様を認めてもらえ、その記録が一冊の本になったコト‥心から嬉しく思います。


東風諮詢服務股份有限公司 の 朱慶馨 さん
北京語に翻訳をしてくれた 黄東誠 さん
写真などの撮影記録に協力してくれた 曹炎平 さん
満天星(出版会社)の 林蔓繻 さん
台北福華大飯店 の 皆さん
八方新気股份有限公司 の 皆さん
台北東海ロータリークラブ (東海・北海・城中・新世紀‥4社) の皆さん

そして 私の本を購入してくれた 台湾人の皆さん‥



感謝を込めて。。。ありがとォ。

[PR]
by fuzika | 2006-01-21 11:42 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
元舞妓が語る‥ 【SAYURI】 ⑦ Memoirs Of A Geisha
映画 【SAYURI ~Memoirs Of A Geisha~】 について綴る9回目の記事です。
(※関連ログ⇒1回目 / 2回目 / 3回目 / 4回目 / 5回目 / 6回目 / 7回目 / 8回目 /
         10回目 / 11回目 / 12回目-最終章-

先日鑑賞した 【 SAYURI -さゆり- 】 と、私が実際に見聞きしてきた現在の花街事情とを比べながら
シリーズでお話しています。
※ ネタバレの可能性があるので、鑑賞してから読んだ方がいいです‥


目力 (流し目)

白塗り (おしろい) は、顔を真っ白に塗るので 目がスゴク目立ちます。
特に白目の部分が濁ったり、充血すると 幽霊のように怖い顔になるし、お客さんの前に出るのが恥ずかしいっ!!
一番心がけていたことといえば 白目をキレイにすること。
目の中を洗ったり、お稽古も用事も何もないときは とにかく睡眠をとって目が充血しないようにしたり‥
それから難しいことだけど 心 (内面) もキレイにしておくことも大事なんよ。
「目は心の鏡」 って言うでしょ?! 素直なピュアな心でいれば 自然と目もきらきら輝いてくるもんです(笑)


SAYURIが流し目で男性をイチコロにしてしまう 目力のシーン
d0005476_18525960.jpg
このSAYURIの目力 素敵やねぇ~♪少し恥ずかしそうに 伏せ目からチラっとカメラに視線を送るこの表情‥
ホンマ可愛いっ!! (/ω゜\) チラッ♪ (*/0\*) イヤァーン♪
豆葉姉さんが、 「男性を流し目でイチコロにするのよ~」 みたいなこと言ってたけど‥
チャンツィーの流し目は 艶っぽい~よりも可愛いし、このシーン大好きなのォ~
私の この目線も‥ 意識して作ったわけじゃないんだけど、なんか可愛く撮れた気がするぅ~ってゅうか、目が輝いている感じがして我ながら好きな表情ですぅ♪ (*^-^) ニコ



‥で、昨晩の報告の続きをします。




この自分の好きな表情が 台湾で出版された本の表紙になったのっ!!

d0005476_1992568.jpg

実は、昨年の秋頃に台湾で本を出版しないか‥というお話を直接台湾の方からもらいました。
このブログを読んで、私の綴ってきた花街の裏話や沢山の画像に興味を持っていただいたようで‥。
台湾では ちょうど今月の13日に映画 【SAYURI】 が公開初日を迎えました。(※台湾では‥ "藝伎回憶録" )
私のこの本は 【SAYURI】 の公開に合わせて10日に台湾で発売され、その発売記念サイン会などのイベントで
先週より台湾に出張していたわけです♪

日本で映画 【SAYURI】 が公開された後に、そのいろんなシーンと重ね合わせてながら花街で見聞きしてきた
体験談をシリーズで綴ってきたよね。
元芸妓の岩崎峰子さんが裏話を綴った本がベストセラーになったのは記憶に新しいと思うけど、この世界は
本当に門外不出というか神秘に包まれていると思う。
ごく一部のことがメディアで伝えられているけど 間違った認識のままでいる人も多いから‥
私がこうして真実を語ることによって少しでも沢山の方に 日本の伝統文化の良し悪しを知ってほしかったの。
そして日本人だってナカナカ知ることのできない世界を 映画 【SAYURI】 のおかげで 外国の人々にも
知ってもらえるチャンスになり‥この波に乗って、貴重な体験談や裏話、そして真実を知ってもらえたら‥と、
今回 私の本が外国 (台湾) で出版されたことは 日本で出版されるよりも 嬉しいお話でした!!

d0005476_19202712.jpg
d0005476_19204662.jpg

d0005476_19211183.jpg
d0005476_19213056.jpg


本は全部で 153ページ。 掲載している私の舞妓&芸妓時代の写真は大小合わせて100点近くあります。
少女のような幼いとき~艶っぽい大人の女性に変わってゆく 10年以上の成長記録が一冊の本になったこと‥
本当に 生涯忘れられない 思い出となりました。


- 本の宣伝&告知-

「 藤花白皮書 」  著者:藤花  翻訳:黄東誠

2006年1月10日 台湾で発売  定価:280台湾ドル(元)
 

(※2013.02.22 追記⇒ 出版会社が倒産のため、現在は絶版!もう購入できなくなってしまいました。ゴメンなさい)

※サイン会などのその時の様子は‥⇒ 台湾 出張レポート




でゎ、このシリーズ 次回⑧は "都をどり" のお話に戻るので、次回を楽しみにぃ~Bye ((ヾ( ^-^)ゞ Byeー♪

【TB】させてもらったニョ♪
本と映画の日々  そして、ゆめのつづき
[PR]
by fuzika | 2006-01-17 19:29 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
昨晩、台湾から帰国しました!!
突然ですが。。。
みんなに報告があります。



ワタクシ 先週木曜日より台湾に行ってました。
その理由は???~というと‥



ワタクシの 舞妓&芸妓時代の沢山の写真‥
それから このブログに綴ってきた 花街時代の思い出話が、、、(京都祇園@花街生活カテゴリーの全て)



一冊の本になって

台湾で出版されましたっ!!



キャー ゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/""" パチパチ
久々に "芸妓 藤花" 復活なのだァ~~♪
明日の記事で、その全貌が明らかにっ!! (←引っ張るな!っちゅうに♯)
とりあえず、サワリだけ‥画像でお楽しみください (笑)

d0005476_16241223.jpg

[PR]
by fuzika | 2006-01-16 17:25 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
元舞妓が語る‥ 【SAYURI】 ⑥ Memoirs Of A Geisha
映画 【SAYURI ~Memoirs Of A Geisha~】 について綴る8回目の記事です。
(※関連ログ⇒1回目 / 2回目 / 3回目 / 4回目 / 5回目 / 6回目 / 7回目 / 9回目 /    
        10回目 / 11回目 / 12回目-最終章-

先日鑑賞した 【 SAYURI -さゆり- 】 と、私が実際に見聞きしてきた現在の花街事情とを比べながら
シリーズでお話しています。
※ ネタバレの可能性があるので、鑑賞してから読んだ方がいいです‥


五花街の舞踊

SAYURIが花道で主演として踊る会‥【華をどり】
こうした舞踊の会は 京都に5つある花街で 毎年、 それぞれの花街にある歌舞練場でそれぞれに開催されます。

五花街の舞踊会~開催日
(花街によっては、毎年開催日が多少前後します)

●祇園甲部⇒ 「都をどり」 4月1日~30日 /1日4回公演 (井上流)
●先北町⇒ 「鴨川をどり」 5月1日~24日 /1日3回公演 (尾上流)
●宮川町⇒ 「京おどり」 4月5日~20日 /1日3回公演 (若柳流)
●上七軒⇒ 「北野をどり」 4月17日~25日 /1日2回公演 (花柳流)
●祇園東⇒ 「祇園をどり」 11月1日~10日 /1日2回公演 (藤間流)

踊りの流派が異なるので、舞踊の会を見比べると違いがわかるかも?いや、ぶっちぁけ普通はわかりません♯
でも、ただ一つだけハッキリと言えることが‥。  ?ヾ(゜ー゜ヾ)^?。。。ン?
日本の舞踊は、「舞」 と 「踊り」 に分けられ、私が所属していた "祇園甲部" だけ 「舞」 です。
能楽の影響を受け、能面のように顔には一切表情を作らず、極力省略された動きの中で見せる繊細優美な
振りが特徴。他の流派は全国に広まっているのに比べ、井上流は京都の祇園にしかないので(門外不出)、
習うなら祇園まで通わないといけないんだょ。なので、「京舞」 という言葉は、 この井上流のことを指すのですぅ。
祇園甲部以外の他の花街は 「踊り」 と呼ばれ、江戸で生まれた歌舞伎系の流派なので、歌舞伎のように動きも大きいというか華やかな振り付けで、顔に表情を作ったりもするんだって。
SAYURIは、祇園を舞台にした物語だけど、あの踊りはあきらかに 井上流(舞)じゃないことがわかります。
ロブ監督が坂東玉三郎さんの踊りに惚れたらしいし、アメリカでは有名な振付師と相談しながら伝統舞踊の美しさの中にも芸術的モダンな映像美を出したかったとか。
d0005476_1324613.jpg
す、すげぇ~!! 花道で雪の嵐!ってゆぅか、京都ではありえないからっ(笑)


都をどり -祇園甲部-

舞妓&芸妓、そしてお茶屋&置屋の数は最大規模を誇る街だけあって、「都をどり」 は他の花街で開催される
舞踊の会よりも長く、丸々1ヶ月間の公演!
そして、 12:30/14:00/15:30/16:50 ~の1日4回公演!1回の公演は1時間、幕間休憩は30分。
もちろん、4回目の公演が終了したら、着替えてすぐに夜のお座敷へ‥門限のAM1時までビッシリ働かされ、
そして翌日は午前中に髪結いさんへ行き、白塗りして楽屋入り‥
毎年4月の1ヶ月は、お座敷もすごく忙しく、休む間がない地獄の日々なのですぅ ウウ‥[壁]ノ_<。) グシュ
舞妓とかの若い間とか、踊りのウマイ人は出番が多く、私は最高で27日間出演したことがあります。
朝から白塗りした状態で、夜中まで‥白塗りの説明は こちら にあるけど、お相撲さんが髪につける 鬢(びん)付けの油を下地に塗るので、皮膚呼吸ができないために肌にはめちゃくちゃ悪影響。私の素ッピンを見た人は知ってるだろぅけど、長年肌を痛めつけたことが勲章のように今でも汚い肌として残ってるんよ。 。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。
元はといえば、明治5年(1872年)、京都で内国博覧会が開催されたとき、余興として舞妓&芸妓の踊りを
披露しようと開催されたのが 「都をどり」 の始まり。
当時から30~40日間の長期に渡って公演され、SAYURIでもあったように戦争で一時は休演。
そして終戦後に復活し、現在までに130回以上の公演が行われてるそーです。
d0005476_16351738.jpg



都をどり -総踊り-

「都をどり」 の特徴は 『都をどりはぁ~~ヨーイヤサァ~~!!』 とのかけ声と共に 両方の花道から 同じ衣装、
同じかんざしを身につけた 舞妓が20人歩いて出てきます。これが うちらの専門用語なんだけど "総踊り"
東のをどり子&西のをどり子 共に10人づつで、背の小さい順から並んでいるんだョ。
でも、これは全員舞妓じゃありません!舞妓だけじゃ人数が足りないので、中には若手の芸妓が混じってるの。
この "総踊り" の出番の日は、特別な髪型 を結うことができるので、ある意味、1年に1度の楽しみだったり♪

↓冒頭で西側の花道で踊ってる私 (鼓や太鼓などのお囃子側は、西のをどり子)
d0005476_16355469.jpg

総踊りに出演できる芸妓は~40歳前半ぐらいまでかな。後の芸妓は "中ばさみ" といって、SAYURIみたいに
役がもらえるから、それ専門に出演して総踊りには出ないってわけ。芸妓でも、をどり期間中は自分の毛で舞妓の髪型を結うことが許されていて、パッと見ただけじゃ舞妓と芸妓の区別がわからんよねぇ。でも中には 髪結いさんに早起きで順番待ちするのは しんどいからといって、"かづら" にしてる芸妓もいるんだけど‥
さて、ここで問題です!上の8人の中で芸妓は3人混じっているんだけど、1人だけ "かづら" の人を当ててネ★
なんか不自然だから、よ~~く見ればわかると思うけど(笑)~~回答ヨロシク!(※正解は記事一番下に♪)

↓これは、東のをどり子の時。 東側には地方さん (お三味線のお姉さん) たちが座ってます。
d0005476_16362732.jpg

↓花道で踊る一人舞台のSAYURI、「都をどり」 と近いように再現してるね。
d0005476_1465581.jpg
"はなまち" と、ひらがなで描かれた提灯が笑えるゎ~(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
映画では豆葉姉さんが どんな手を使ったのか知らんけど、まだ舞妓(半玉)としてデビューしたばかりのSAYURIが、大きな役をもらったり、ポスターにも1人で写っていたよね。
花柳流や若柳流などの他の流派では お金さえ出せば 名取りさんになれたり、舞踊の会で良い役がもらえるとか。祇園甲部の井上流 (お家元=井上八千代) に関しては それだけは絶対にありえない!
芸の上達に加え経験の年数などで決められるので、名取りさんになれるのは、まァ、若くても30代前半位かな。なので、 「都をどり」 で大きな役、しかも一人舞台なんて大御所にならない限り無理なのだァ~~
ただ、さっきも説明したように "中ばさみ" というのがあって、それは舞妓のうちからでも役が もらえ (舞妓の間は、舞妓の役のみ)、出番によっては舞妓の衣装で踊りますぅ。
総踊りは簡単なように見えて、実は難しい。 横に10人並ぶので、失敗すればスグにわかってしまうし、一つの振りでも決めポーズでも みんなの目線や、肩のおろし方、腰の位置、手の動きなど 微妙に違うでしょ?
わかる人が見れば、誰が上手or下手かが一目瞭然なんだも~~ん。 (/||| ̄▽)/ ゲッ!!!

↓中央の舞台で厳選された10人が踊っているシーン。
d0005476_1637230.jpg

「都をどり」 は1時間の間の中で、第1景~第8景まで、桜や紅葉の四季や、いろんな景色など‥
8場面も舞台が変わります。 (これは毎年変わらない)
その中で、"総踊り" の場面は4つ~5つあって、最初と最後は20人全員出演。
途中のいくつかは、お師匠さんが認めてくれた人‥厳選された10人だけが出演できるので~す。

d0005476_16373556.jpg
d0005476_1637549.jpg


ほらっ!! よく見ると、この総踊りの衣装にも 舞妓の衣装と同様に 肩縫い上げ&お袖縫い上げがあるんよ!
普段のお座敷では、顔と首にしか白塗りをしないけど、をどり中は手にも白塗りをするので、1ヶ月間で衣装は
ボロボロのドロドロ。もちろん毎年新調するんだけど‥着物の柄も微妙に毎年違うのだ (左右の画像参照に♪)


でゎ、今日は長くなったので、この辺でやめときますゎ♯
次回⑦を お楽しみにぃ~~バイバイッ♪ヾ(*'ー')*'ー')*'ー')/"
(先ほどのクイズの正解は‥右から7番目の人です (^w^) ぶぶぶ・・・)

【TB】させてもらったニョ♪
活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
[PR]
by fuzika | 2006-01-10 15:12 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
元舞妓が語る‥ 【SAYURI】 ⑤ Memoirs Of A Geisha
映画 【SAYURI ~Memoirs Of A Geisha~】 について綴る7回目の記事です。
(※関連ログ⇒1回目 / 2回目 / 3回目 / 4回目 / 5回目 / 6回目 / 8回目 / 9回目 /
         10回目 / 11回目 / 12回目-最終章-

先日鑑賞した 【 SAYURI -さゆり- 】 と、私が実際に見聞きしてきた現在の花街事情とを比べながら
シリーズでお話しています。
※ ネタバレの可能性があるので、鑑賞してから読んだ方がいいです‥


男衆(おとこし)さん

映画の中では、 男衆の 「別宮さん」 がSAYURIの身の回りの世話をしていたよね (覚えてるかな?)
↓この画像は、まだSAYURIが幼少の頃に初桃姉さんのお部屋を覗き見した瞬間のシーン。
d0005476_15312327.jpg
漢字では "男衆さん" と書くので、 昔は "おとこしゅうさん" って呼ばれていたんだろぅけど、それがナマって
今では "おとこしさん" って呼ばれるのかもね。
それにしても 初桃姉さんのこの態度のデカさ(笑) タバコ吸いながらなんて こんなお行儀の悪いコト‥ありえない♯
初桃姉さんは "かづら" をかぶっていないけど、芸妓の場合、 "かづら" をかぶってから着付けてもらうのが普通ょ。
じゃないと、 "かづら" をかぶる時に衣装に白塗りがついてしまうもん。これもお行儀が悪いと言われます。
画像をよく見ると、初桃姉さんのお部屋には 私が花街で見聞きしてきたいろんな小道具が さりげなく置いてあるんよねぇ~。日本人ならともかくとして、外国人が日本人でもわからないような‥花街の昔を再現するのは大変だったやろぅなァ。

男衆さんは、日本にはひとつしかない職業で、舞妓や芸妓の衣装着付けを毎日こなすのが日々の主な仕事。
戦前には、映画のシーンにあったように 実際に借金を肩代わりする年季奉公の場で、置屋と親が公正証書を
取り交わす儀式があり、その時に置屋の代理人として金額設定や話し合いをしていたらしい。
現在では、 "水揚げ" で旦那さんをとる場合も お茶屋とお客さん両者の仲介役を務めたり、舞妓の "店出し" や 芸妓の "襟替え" の儀式での挨拶回りでも介添えを努めたりしています。

(上)舞妓としてデビューする(店出し)儀式の日‥男衆さん(父)に着付けてもらってる私。
(下)芸妓としてデビューする(襟替え)儀式の日‥男衆さん(息子)に着付けてもらってる私。

d0005476_163259.jpg
d0005476_16322660.jpg


"店出し" も "襟替え" も古くから伝わる儀式で、共にこの日から1週間は黒紋付や色紋付を着て正装します。
ちなみに、画像の2人の男衆さんは親子だョ。私が花街にいた当時、男衆さんは全部で5人いました。
普段の着付けは1人だけが行うんだけど、儀式の時は何故か親子で助け合って 着付けてくれたなァ‥。


(上)着付けが終了して‥男衆さん(父)に介添えしてもらい挨拶回り。デブな舞妓の私(汗)
(下)着付けが終了いして‥男衆さん(息子)に介添えしてもらい挨拶回り。ぷちデブな芸妓の私

d0005476_16332275.jpg
d0005476_16333597.jpg


男衆さんは、着付け以外にも お姉さんたちに頼まれたことをこなしたり、いろんな雑用も仕事のうちです。
お姉さんたちは その都度 男衆さんに祝儀(御礼)をあげはるので、男衆さんは結構、小金持ちかも(笑)
花街は 10代~80代までの まるで 「大奥」 のような女だけの厳しい世界だけど‥
男衆さんは花街に出入りできる唯一の男性なのですぅ。


そーいえば、先日 男衆さんが集まって運営しているブログを見つけました。
【宮川町】 という花街に所属している男衆さんなので、私がいた 【祇園】 とは違うけど‥
ブログの内容は 今風というか‥花街のコトよりも 個人たちのプライベートネタが多いみたい。
お顔は公開していないけど、若い男性の男衆集団っぽいょ♪ うふふヽ(=´▽`=)ノ
花街の話題も時々登場するので、興味あったら、ジャンプしてみてくださァい。

舞妓・芸妓専門着付師集団blog



でゎ、最終章まであとちょっと‥次回⑥をお楽しみにぃ~~(* ̄ー ̄*)/~~.・.・:☆'.・.・:★"ばぃばぃ
[PR]
by fuzika | 2006-01-08 17:17 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
銀座のクラブ ~お仕事始め~
d0005476_16105615.jpg

d0005476_16115053.jpgd0005476_1612242.jpg











お正月休みもあっという間に過ぎ、昨晩 (1/5日) からお仕事始まったのだァ♯
年明け初日は うちのお店‥着物&ドレスアップ強制日。 普段は着ない女の子でも、お正月やし、
結構着物を着てたなァ。
あっ、私の隣のお客サンは‥タ~サンです。 ( ※過去記事でも お顔公開で登場⇒ こちら
ネット上にお顔公開しても良い!という貴重なお客サンなんよ。~ってゅうか、ネット上で出会いを求めてたりして‥☆ ププッ (*^m^)o==3
タ~サンは、ホンマにええ人ですぅ。 昨晩は同伴強制日やったのに‥誰からの誘いもなく泣き入っていた私に
優しく声をかけてくれました。1年の始まりだから、やっぱり仲良し& ご贔屓のお客サンとお店に入りたかったので、
タ~サンに感謝!! 〃 ̄∇)ゞアリガトォーーーーーーーーーーーーー♪
タ~サンはね、絶対カメラ目線しないの(笑) 目線を横にそらす方が いい感じに写るんだって~
なんか流し目が 杉良太郎に似てるかも♪ (昔はよく似てると言われたらしいデス)
そんな タ~サンとお友達になりたい人は、私に連絡くださ~い!! 彼を紹介させていただきますゎ(笑)

左の画像を見てェ。
この稲穂のかんざし‥花街にいる頃に使用していたモノなんよ。 ( ※ "稲穂かんざし" 詳細は⇒ こちら )
驚くことに 銀座のホステスサンたちも 稲穂のかんざし をお正月に挿すの。
花街では、7日と15日に黒紋付の衣装(正装)を着るんやけど、銀座のホステスサンもママとかになると黒の留袖を着ているし、いろんな面でビックリしてました。


何ゎともあれ‥そんなわけで、今年も銀座でがんばりまするぅ!!
毎日がホンマ忙しくて、TBやコメントもらってもレスは遅れるし、そちらにお礼も行けてない状態でスミマセン。
でも、これに懲りずに 今年も 【華の宴 ~Life at Night~】 をヨロシクお願いしますデス ☆ъ(*゜ー^)> パチンッ

☆画像にある お食事したお店☆

季京 (ききょう) -割烹・小料理屋-

〒162-0825 新宿区神楽坂3-2-16 東新神楽坂エミナンス5階 (早稲田通り沿い)
03-3235-2939   営業時間17:00~22:00




【TB】させてもらったニョ♪
六本木CLUB花まつり 源静香
[PR]
by fuzika | 2006-01-06 16:48 | ◇ 東京銀座@ネオン生活  Mail ↑TOP
☆ブログバトン☆ 渡されたよん♪
(゜∇゜ ;) エッ!? 突然、ブログのバトンを渡されたとデス。
私にバトンを渡してれた人というのは‥

イケメン@キャバ王子 と評判高い 名古屋在住の TNK さんですっ(笑)

王子ならではのキャバクラ遊びネタとかが画像付で笑えます。仕事と遊び‥両方キッチリとは見習わなあかんわァ。
ぜひ イケメンのお顔解禁!TNKさんトコに遊びに行ってあげてくだされぇ♪
( ※イケメンTNKさんのブログはこちら⇒ livedoorとは無関係日記


ブログバトン回答 ~藤花編~
 
Q1:「あなたは目立ちたがり屋?それとも目立つことが嫌いですか??」
 完全に目立ちたがり屋!集合写真はセンターに決まりでしょ(笑)

Q2:「あなたのこだわっていることを3つ挙げて下さい。」
1.水商売が長くても、心だけは夜の女に染まらない (純真さを忘れない)
2.いつも自分に自信を持つ、自分を好きでいる (いつまでも輝けるから)
3.外見‥美容や着飾ることにお金をかけない (内面を美しく磨きたい)


Q3:「自分が気に入っている人(物、動物、馬)は何??」
  もちろんNo1は 役者の風間貢さん!(ファンサイト運営してるもん)
 
Q4:「自分が気に入らない人(物、動物、馬)は何??」
 自分がひいたレールの上を自分の足で歩けない人 、周りに流される人

Q5:「今お気に入りの1曲は??」
 雪の華@中島美嘉 (カラオケでよく歌う。歌詞に共感で大好き!)

Q6:「変人だと思うタイプは??」
 天然ボケ、素でアホな人
          
Q7:「あなたは普通の人?それとも変人??」
 変人の部類  AB型なので、もう一つの顔は変人(アホ)らしい

Q8:「バトンを回す3人は??」
1.「 TOKYO BABYLON 」 唯歌ちん
2.「 かなぶん日記♪ 」 かなぶんさん
3.「 Charaholicことわざ日記 」 ツルけんさん



[PR]
by fuzika | 2006-01-05 23:42 | ◇ 出来事@庶民的生活  Mail ↑TOP
↑TOP↑