<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Mail ↑TOP
オーストラリア・ケアンズの旅⑤ ~THE 最終章~
ここ最近、オーストラリア・ケアンズの旅レポを画像&映像と共に4話のシリーズでお話してきたけど、今日は
その完結編。ガイドさんのお話や、ケアンズ情報を簡単に総まとめ!として最後に綴ろうと思いますデス (^ー^)ノ

オーストラリアのクイーンランド州最北部にある南国リゾート・トロピカルな都市‥Cairns ケアンズ。
日本からは直行便で約7時間半、でも、時差は+1時間しかないので楽だったなぁ♪
南半球なので、気候は日本と全く逆!ケアンズの場合、熱帯雨林気候に属しているので、雨期(夏)と
乾季(冬) に分けられ、私らが行った9月は冬の終わりの頃だけど、熱帯雨林気候の中での冬なので
最高気温は28~30℃ぐらい、最低気温は18~20℃ぐらい‥と、とても過ごしやすい気候でした。
ただ、日差し (紫外線) が、日本の約3~5倍といわれていて、健康な肌の人でも日焼け止めを塗らないと
もう、火傷状態のようになってしまうので、海水浴などで肌を焼くときには十分に注意が必要かと。

ケアンズ空港からケアンズ市内中心部までは車で15分ほどで行けてしまうし、ケアンズの一番繁華街である
中心部の端から端までは、歩いてまわれてしまう (約20分) ほど~ケアンズの繁華街は小さくて狭いのです。
ケアンズの人口約13万人に対して、毎年訪れる日本人観光客は、約25万人。その他の国の観光客も
合わせると年間、約200万人が訪れるという人気の都市、そして同時に、旅行産業が最も盛んな都市なのょ!



ケアンズ市内の中心部を夜に散歩。ナイトマーケットや飲食店など夜もすごく賑わってるんょ。
d0005476_1134590.jpg


朝の6時頃‥眩しいぐらいの日差しで、冬の時期とは思えないほど暑く感じたょ~ホント常夏(笑)
d0005476_1141872.jpg


4~5万年前からオーストラリアにいた先住民・アボリジニ人のショーを観て、メイクもしてもらった♪
d0005476_11264221.jpg


オーストラリアのアイスコーヒー!ブラックはなく、カフェオレでアイスクリームと生クリームたっぷり♪

d0005476_1132484.jpg


ケアンズは一般的に治安が良く、日本人に優しいぃ~♪レストランなどのお店には日本語表示がしてあったり
日本語を話せるスタッフがお店にいてくれることが多かったし、道行く現地の人が 『こんにちゎ』 とか日本語で
声かけしてくれるし、日本人も普通に沢山いたので、なんか、まるでハワイに来てるみたいでした。、ヽ`(~д~*)、ヽ
海外旅行では結構、めんどくさい 「チップ」 ‥これも、ホテルなどでも原則不要だし、有り難いことだよねぇ♪
ただ、ホテルのレストランによってはドレスコードがあって、女性はタンクトップやキャミソールなどの肩出しダメだった。
現在、円高なのでオーストラリアドル(1A$)が65円ぐらいだけど、私らが行った1ヶ月前は93円ほどで
ある程度は円高だから~と喜んだものの 行ってビックリ!オーストラリアは現在、バブル絶頂期!!
それに、ケアンズは観光地でもあるので 物価は日本と同じ、いや、モノによっては高すぎる!って感じ(悲)
日本なら100円で買えるミネラルウォーターやチョコレートなどが、250円~300円ぐらいするしねぇ~
ガイドさんいわく、ケアンズ近郊のプール付豪邸が、バブル前は1000万円程、現在では4000万円程だとか!
今回は人生初のオーストラリア‥(苦笑) 面倒なので食事も全てついているパックのツアーにしたために、
燃油サーチャージ(56000円)込みの旅行代金は、4泊5日で23万円ぐらいかな。(オプションツアーは別途)
結構、お高い海外旅行になってしまったけど。。。でも、ケアンズを選んで、行って、ホントに良かったですぅ♪
オーストラリアの食べ物は、全般的にあまり美味しくない・・・うーん ( ̄へ ̄|||) ~って感じだったけど、機会が
あれば またオーストラリアに行きたいっ!!今度は、エアーズロックを登るとか(笑)シドニーやメルボルンもイイな★
まぁ、そんなわけで、長々と日にちをかけながら(謝)‥綴ってきた旅行レポ、最後まで読んでくれてありがとぉね!
次回からは普通のいつもどおりの記事やネタに戻りまーす。ホントに久々の長期旅行、楽しかったよぉ♪(*^^)ヾ



宿泊先は、ケアンズ郊外の熱帯雨林に囲まれた静かな場所に建つ地中海タイプのリゾートホテル‥「PARM ROYALE」 3つのプールを囲むように低層3階建てのホテル棟が造られてました。
d0005476_12215687.jpg


私らのお部屋の真下は、25mのプールが。夜はライトアップされて幻想的でめっちゃキレイ!!
d0005476_12221186.jpg


ジャグジー付のプール。庭に3つもプールがあったのに、ツアースケジュール多忙で泳げなかったょ‥

d0005476_12222368.jpg

[PR]
by fuzika | 2008-10-31 12:43 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback | Comments(1)  Mail ↑TOP
オーストラリア・ケアンズの旅④ ~THE 空~
コアラのマークはホットエアー社の熱気球(笑)
d0005476_1250644.jpg


約20人乗りの籠 (バスケット) を吊るす‥世界最大級の熱気球で、高度900mの空の旅へ♪

南半球最大のバルーニング社 「ホットエアー」 では、朝日と共に大空の熱気球遊覧飛行できるそうで‥
その熱気球は商業用としては世界最大!高さ37m、ビル12階の高さに相当するぐらいのほどのデカさ!
搭乗人数も世界最大級で、一つの籠 (カゴ) に約20名!(ちなみに、私らの籠は25名乗ってました・驚)
ケアンズ市内からキュランダを通り抜け、車で約1時間ぐらい走ったところにあるマリーバ町。
この町が今回の熱気球の発着所になるんだけど、ここは年間降水量が極めて低く、1年のうちで300日が
サンシャイン・ディと呼ばれるほど 最も晴天率が高い地域の一つで、熱気球を上げるには格好な場所なのです。
ここでは土の山を沢山見かけて、驚くことにこれは天然のアリ塚!大きいものは人の背丈ほどあるとか。
コアラやカンガルーなど珍しいデザインの熱気球は、私らが乗った 「ホットエアー」 会社のオリジナルのもので
ライバル社になる 「レイジングサンダー」 では、料金を安くしたり、高度1200mまで上昇!を売りにしてるょ・笑



360℃パノラマの広大な大自然、南半球の朝日を浴びて‥素晴らしく感動的でしたぁ♪

d0005476_12561415.jpg

d0005476_1251323.jpg

d0005476_1251173.jpg

d0005476_12513269.jpg


ケアンズ4日目‥帰国日です。お昼のフライトなので十分に間に合う!ということで、オプショナルツアー★
私らが参加したのは、熱気球30分エクスプレスコースで⇒約12000円です。(本日のレートで計算)
今は、すごい円高が進んでいるけど、私らの旅行時は‥1オーストラリアドル 92円~94円で両替だったし、
旅行会社を通じて申し込んだので、バックマージンも加算されて‥30分で約16000円でしたよん (悲)
ちなみに、アメリカや南アフリカでも、熱気球ツアーがあるらしいけど、オーストラリアに比べると高額なお値段!
今日の オーストラリアドル (1A$=68円) と アメリカドル (1US$=100円) のレートで換算比較すると
オーストラリでは1時間の遊覧飛行 約19000円、アメリカでは 約23000円、南アフリカでは 約45000円!

夜のお仕事が長い私は、その時間といえば熟睡中。。。朝日を拝むことなんか めったになかったでしょ。
それに朝日が昇る瞬間を 同じ目線からの高さで鑑賞できるなんてっ!! (T0T)・・・感動ぅ・・・
AM5:30、発着所のマリーバ町に到着。外は上着がいるほど肌寒く、周りは暗闇の静けさの中、
ゴーッという音と共に巨大なバーナーから熱風を送り込んでいくと、球皮がみるみるうちに膨らんでいきます。
AM6:00、炎に照らし出されながら、ゆらゆらと揺れながら立ち上がったバルーンが、ふんわりとした感じで離陸。
AM6:10、朝日が昇り始める!そしてその5分後には高度約900mほどまで上昇し、ご来光したあと(笑)
ゆっくりと降りていき、その頃には太陽の光で周りの景色もハッキリとキレイに眺められ…そして、AM6:30、着陸。
今まで飛行機やヘリコプターでしか上空にいることはなかったけど、熱気球は時々、ゴーッ!!というバナー音以外は
エンジン音が無い 驚くほどの静寂した空の上、しかも上空の風をそのまま体感するので オーストラリアの雄大な
大自然を見下ろしながら まるで鳥になった気分~ってゅうか、ふわふわ宙に浮いてるような不思議な感覚でした♪
野生のカンガルーの群れが見えるかも!って聞いてたけど、飛行機の窓から見てるのと訳が違うので 生身の体が
そのまま空中に‥かすかな揺れなんだけど、何気に怖くて動物探しの余裕なんかなかったです~(T▽T) アハハ
でもね、早朝だし、朝焼けもキレイだし、空気も美味しかったし~熱気球に乗る機会は、普通ナカナカないこと
なので‥ケアンズに行くことがあったならば ぜひ、乗ってみてほしいな。30分コースで十分♪(対象年齢4歳~)

d0005476_13423922.jpg

朝日の光をフラッシュがわりに浴びて、みんなで撮影した画像!私は後列の右から二人目、手を挙げてるょ(爆)
こんなに沢山乗ってるのに、外気との比重の違いにより発生する浮力だけで上昇飛行してるんだから怖いよねぇ‥
まぁ、そんなこんなで。。。。。(*^m^*)
シリーズで綴った オーストラリア・ケアンズの旅①~④まで 画像&映像付の旅レポは楽しんでいただけたかな?
一応、この記事が最終章の予定だったけど、次回は番外編として、"ケアンズの旅@総まとめ" を簡単に綴るね!




===========================================================================


☆フルハイビジョンで撮影しました☆

(※回線速度やPCスペックによって、HD画質再生が途中で何度も止まってしまう場合、一時停止をして
丸いポッチの下にある オレンジ色の線が最後までいってから、再生しなおせば、スムーズに流れるかも。)


eye vio にUPしました~HD ハイビジョン画質だよぉ♪
↓     ↓     ↓
http://eyevio.jp/movie/183034



===========================================================================

[PR]
by fuzika | 2008-10-22 14:10 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback | Comments(3)  Mail ↑TOP
オーストラリア・ケアンズの旅③ ~THE 海~
ケアンズから一番近い島‥グリーン島
d0005476_534230.jpg


世界遺産に指定されたサンゴ海域・グレートバリアリーフは‥世界中のダイバーの憧れの場所♪

グレートバリアリーフ (GBR) とは、"サンゴ虫" という生物の集合が生息する‥世界最大規模のサンゴ海域。
総距離は南北に 約2000km、総面積は35万k㎡という広大なエリアの中に、約3000箇所の独立した
サンゴ礁と、大小合わせて 600以上の島々が点在しているというから驚きっ!!
数字を見ても想像できないと思うけど‥日本の総面積が 38万k㎡ なので、グレートバリアリーフは、
日本とほぼ同じ大きさのサンゴ海域!ということになりますぅ~w( ▼o▼ )w オオォォ!!
生態系だと、約400種類のサンゴ礁、約1500種類の魚、約4000種類の貝、約240種類の鳥、26種類のクジラやイルカ類、6種類のウミガメなど‥が、このエリアに生息しているらしく、まさに、"生き物の楽園" と呼ぶのにふさわしいかな(笑)
そういえば、全世界でアニメ史上空前の大ヒットを記録したディズニー映画 【ファインディング・ニモ】 の舞台となったのもココなんだよね。 (主人公のカクレクマノミの親子が、グレートバリアリーフに住んでいるという設定)

前回の記事で紹介した‥【世界最古の熱帯雨林】 は1988年、この 【グレートバリアリーフ】 は1981年に
世界遺産 (自然遺産) に登録され、この2つの世界遺産が隣合わせで存在するのが ケアンズ。
ケアンズは人口13万人の小さい町なんだけど、年間約25万人の日本人観光客が訪れるという‥人気の一つに
世界遺産を同時に鑑賞できるから!っていうのがあるみたいだけど、ケアンズの世界遺産はスゴイんですっ!!
世界遺産の中にあるカテゴリーの一つ‥"自然遺産" に登録されるには、4つの登録基準があってね、
この4つの基準のうち、1つでも満たしていれば、自然遺産として登録されるらしいんだけど‥
ケアンズの 熱帯雨林とグレートバリアリーフは共に、世界的にも稀な4つ全ての基準を満たしているんです!(驚)
4つ全てクリアした自然遺産は世界で20箇所しかないので、ケアンズの世界遺産に皆が魅了されるはずだよね。



リゾート開発された島の中でも、一番、観光客が多い人気の島‥グリーン島で半日過ごしたょ

d0005476_39280.jpg

d0005476_315462.jpg

d0005476_316521.jpg

d0005476_3161973.jpg


ケアンズ3日目‥今日はグレートバリアリーフの緑の宝石・グリーン島過ごす アドベンチャー(?) な1日です。
何がアドベンチャーかというと、グリーン島に滞在している5時間の間が自由行動になり、シュノーケリングの他、
オプションでダイビング・パラセイリング・グラスボトムボート・シーウォーカー・ヘリコプター遊覧飛行などを追加したり
星の砂も多くある白い砂浜で海水浴 (お昼寝) やマイナスイオンたっぷりの森を鑑賞しながら島内を散策したり
それぞれが好きなことをしながら トロピカルなパラダイスを満喫するというもの (*^▽^*)
グリーン島は、サンゴが堆積してできたとても珍しい島 (大自然が6000年もの歳月をかけて創り上げた) です。
ケアンズから高速船で45分、リゾート開発された約20の島の中で唯一、熱帯雨林の植物が生えている (国立公園に指定) 島で 、歩くと一周約40分でまわれてしまうほどの小さな島なんだょ。
ケアンズからの高速船は1日3便しか来ないので、小さい島といっても 割合からすれば訪れる人は多くはないし
美しい緑の島も、遠浅で透明に澄んだ海も、大きく広く占領できて、なんか優雅な気分に浸れそう♪



潜ったことがないので、初心者でも簡単にできる水中散歩・シーウォーカーに挑戦しましたぁ♪

d0005476_412573.jpg

d0005476_4131219.jpg

d0005476_4132983.jpg


私らは、ケアンズからの高速船で朝11:30分にグリーン島へ到着、帰りはグリーン島を夕方4:30分出航だったので、ランチをした後、オプションでシーウォーカー (約13000円) をつけて、その後には、白い砂のビーチと
熱帯雨林をただ散策してまわったただけ~という、ゆったりした時間をグリーン島で過ごしました。
1990年に始まったシーウォーカーは、空気が絶えず供給される、フルカバーの特殊なヘルメットを被って5mほどの海底を散歩するんだけど、空気供給のチューブが繋がってるので散歩というほど自由に歩けないものの
ダイビング未経験の私らには、いろんな意味で楽しく、そして感動の瞬間でもありましたぁ~O(≧▽≦)O
スキューバダイビングと違って‥10分ほどの簡単な説明に、この特殊ヘルメットを被るだけでという手軽さ、
顔や髪は濡れないし、地上と同じ感覚で呼吸が出来るので、初心者や年配者にお勧め!(対象年齢12歳~)
潜るのは ほとんど日焼けの心配ないから安心だけど、ケアンズは日本の3~5倍の紫外線の量らしいので
健康な肌でも日焼け止めを塗らないと、火傷状態!私の場合、太陽を一番苦手とする敏感肌だし、海や
プールで泳ぐことはやめました。でも、あんなに日焼け止めを塗りまくったのに、だいぶ焼けてしまい‥ (_ _。) シュン
島内は熱帯雨林がたくさん生い茂っているので、ほとんどの場所が日陰になり、かすかに差し込む太陽の光が
とてもイイ感じ~というか、植物の匂いや大量のマイナスイオンに とても癒され、グリーン島は最高ぅ!!に素敵でした♪
次回、グレートバリアリーフに行く機会があったなら、今度はハミルトン島に行ってみたいな。
ハートの形をしたあの有名なサンゴ礁~ハート・リーフ観たいもん☆ .....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ
じゃあ、次回はケアンズの旅最終日@THE 空~ですぅ。あっ、今回の映像も、顔出ししてるょ‥私 ~(=^‥^A



===========================================================================


☆フルハイビジョンで撮影しました☆

(※回線速度やPCスペックによって、HD画質再生が途中で何度も止まってしまう場合、一時停止をして
丸いポッチの下にある オレンジ色の線が最後までいってから、再生しなおせば、スムーズに流れるかも。)


eye vio にUPしました~HD ハイビジョン画質だよぉ♪
↓     ↓     ↓
http://eyevio.jp/movie/181178



===========================================================================

[PR]
by fuzika | 2008-10-19 06:01 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback(1) | Comments(3)  Mail ↑TOP
オーストラリア・ケアンズの旅② ~THE 森林~
世界遺産に指定された世界最古 (1億3千年もの) の熱帯雨林を‥3つの乗り物で体感!

オーストラリアには世界遺産に指定された地域が16箇所あり、そのうちの5箇所も占めているのが、今回私が
行ったケアンズの街がある‥クイーンズランド州。そして、ケアンズには、2箇所も世界遺産が♪
今日紹介する 「世界最古の熱帯雨林」 と、次記事で紹介する 「世界最大の珊瑚礁グレートバリアリーフ」は、
熱帯雨林の森林が海岸線にそのまま伸び続いているようなものなので、世界遺産が隣合わせで存在する!っていうことになるのだ♪そんな貴重な場所っていうのはね、世界ではここ ケアンズにしかないんだって!
熱帯雨林といえば、有名なアマゾン川流域の熱帯雨林を思い出すだろぅけど、アマゾン川流域の熱帯雨林は
世界最大規模と呼ばれ、そしてここケアンズの熱帯雨林は世界最古の熱帯雨林と呼ばれるそうだょ。
約1億3千年前は、この熱帯雨林がオーストラリア大陸全体を覆っていたらしく、今ではその一部だけが残っていて、その時代といえば恐竜もいただろぅに‥恐竜が昔食べていたであろぅ同じ植物が未だ残っているのには驚き!!

このエリアの熱帯雨林が、世界自然遺産に指定されたのは ちょうど20年前。
総面積は約90万ヘクタール (鹿児島県がすっぽり入ってしまう大きさだとか‥) オーストラリア全体の面積と比較すると、ほんの1000分の1ほどに過ぎないのに、この中には、オーストラリアに生息する植物、動物の約4割近くが生息しているという。植物だけで例えてみると 2000種以上が生い茂っているというから ビックリだよねぇ~
今日は、この熱帯雨林の中で一番有名な地域、"キュランダ村" を中心に、高原列車&水陸両用六輪駆動車&スカイレールゴンドラ‥と3つの乗り物に乗車しながら 熱帯雨林を間近に体感したレポを綴るね。



TV番組 "世界の車窓から" でおなじみ!100年以上の歴史を持つ キュランダ高原列車。

d0005476_16241088.jpg

d0005476_16242632.jpg

ケアンズ2日目‥その熱帯雨林地帯 (湿潤熱帯地域) を朝から夕方までかけて堪能するツアーに出発!
まずは、ケアンズ駅から午前中に2本だけ発車する キュランダ高原列車で熱帯雨林に囲まれたキュランダ村へ‥
この列車が開通したのは1891年‥100年以上経ってもまだ1日2往復だけ走るのは現役みたい(笑)
外観も内装もレトロだけど、走り具合もゆっくりとしたスピードだし、線路のギシギシしたゆがみ音とかたまらんかも♪
車窓からの景色は、渓谷や滝、そして見渡す限りの熱帯雨林に心が和むというか‥空気も美味しい★
終点のキュランダ駅まで1時間45分かけて、15本のトンネルや鉄橋を含め37以上の橋を通過していくんだけど
精巧な重機のない時代にこのような険しい山間に鉄道を敷くために、何百人もの鉱夫達が、つるはしとシャベル
だけの手作業を中心に掘るという過酷な労働。そのため、数十人の命が奪われてしまったんだとか。
この鉄道は後に‥19世紀土木工学の最も優れた偉業の一つ!と呼ばれるようになり、長寿TV番組
「世界の車窓から」 で約10年ほどに渡りオープニングをつとめたことで、日本人には馴染みが深いものに。
車窓からの見所は沢山あるのだけれど、途中、ホースシューベント (馬の蹄の意) と呼ばれる180度の
ヘアピンカーブがあり、後ろ車両にいた私らの車窓からは、先頭車両からの流れがキレイに見えてなんか感激♪
そして、10分ぐらい休憩で停車した駅のスグそばには、バロン滝がっ!9月のケアンズは冬で乾期だったため
雨期とは違い、滝の水量がちょっとしかなかったのが残念だったな。(全体的な列車の旅は、映像を観てね)



第二次世界大戦で使用した軍車、水陸両用六輪駆動アーミーダックで、ジャングル的な体験!

d0005476_16244679.jpg

d0005476_16245970.jpg

列車の旅が終わりキュランダ村に着くと、オージービーフのハンバーガーなどのランチタイム。
キュランダ村は端から端まで歩いても10分ほどで行けちゃう小さな集落なんだけど、カフェレストランやお土産店が
沢山あって、軽くショッピング後、レインフォーステーションという総面積40ヘクタールほどある熱帯雨林パークへ。
ここは映画 【ジェラシックパーク】 で登場した植物をはじめ、古代からの原始植物が多く、それに200種類以上の野生動物が生息しているらしいので まさにジャングルという言葉そのもの(笑)
ここで見られる10メートル以上にもなる巨大なシダ類ツリー・ファーンは太古からあるもので、このシダ類が
生えていたから、ここが世界太古の熱帯雨林だと認められたのだそうだょ。
第二次世界大戦で実際に使われた歴史的な乗り物‥水陸両用六輪駆動車アーミーダックを11台保有していて、陸上に水上に~と45分のジャングルツアーができ、深さ15m程の湖に入る瞬間は めっちゃワクワクだった♪
このアーミーダック、六輪駆動でどんな道にもOK!でも、ハイウェイでは四輪駆動になり、前進10段、バックに
2段のギアがついていて、地上の最高時速は85km、水中では16kmだそうで~す。




全長7.5km、世界で2番目に長いゴンドラ・スカイレールで 最後は真上から熱帯雨林を鑑賞!

d0005476_16251450.jpg

d0005476_16252993.jpg

簡単に言うとね、午前中に列車でキュランダ村に行き、帰りはゴンドラでケアンズ市内まで夕方に戻る~
といった熱帯雨林鑑賞ツアーだったんだけど、最後を飾るにふさわしい、真上からの緑色づくしに覆われた景色は、
ホントに気持ちよくて最高でした! キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
途中駅で下車して、熱帯雨林を散策できる時間もあったんだけど、ゴンドラに乗って真上から眺めた方が素敵ぃ♪
途中下車して歩く時間も含めれば1時間ほどのコースだけど、ゴンドラに乗ってるだけだと 7.5kmを約35分で。
このスカイレール、何がスゴイかっ?! ~っていうと、国のものではなく、個人所有のものなんです!
チャップマンという医師が、この素晴らしい熱帯雨林を真上からみんなに見せてあげたい!って大きな野望を抱き、
建築の許可がおりるまで7年もの間、闘い抜き‥1994年、ついに!本格的な建設がスタート。
支柱の土台となる箇所の建設ではほとんどの作業を機械に頼らず、つるはしやシャベルを用い、環境に配慮して工事車両用の道路は設けず、作業員たちは道具を担いで森の中を、片道1時間毎日歩いて通ったそうです。
木を切らないようにするためには大型輸送のヘリコプターが必要で、そのヘリをロシア軍から1時間500万円で
借り、それで鉄塔を100以上のポイントへ運搬し、縦に下ろして建てていったおかげで、最終的に切ってしまった
木は15本で済んだんだけどね、莫大な総工費が‥実に約36億円!
それはそれは大変な借金王になってしまったドクター・チャップマンと思いきや‥なんと!
1995年の開通からたったの2年で借金を全て完済できたのだとか。(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-
確かに、乗車料金は片道で 約3000円ほどだし~ケアンズ観光では名物的な大きなスポットだもんねぇ。
2年で返済できるのもわかる気がするけど‥(・・;) それにしても、ドクター・チャンプマン!やってくれたわぁ(笑)
今じゃオーストラリアを代表する大富豪なんだろぅなぁ~~~♪(/▽\) (チャップマンの写真あったよ⇒こちら


・・・・・と、まぁ、ケアンズ1日目は動物に触れ、2日目は世界遺産の熱帯雨林を満喫!
今日は雑学話があったので、記事にするのに時間がかかってしまったけど、残り2つの記事は省略的で(苦笑)
そうそう今回の映像は、私のお顔がモロに映ってます (~っていうか、細かく編集する時間なく面倒だった・汗)
特にハイビジョン映像では丸わかり~(>▽<;; だから、画像に目隠しの必要なんてないけど一応お約束なので♪
じゃあ、オーストラリア・ケアンズの旅、③は海、④は空‥と、あと2つの記事UPまで しばしお待ちを~
(*^o^*)/~ バイ (*^-^*)/~バイ (*^▽^*)/~ マタネッ♪



===========================================================================


☆フルハイビジョンで撮影しました☆

(※回線速度やPCスペックによって、HD画質再生が途中で何度も止まってしまう場合、一時停止をして
丸いポッチの下にある オレンジ色の線が最後までいってから、再生しなおせば、スムーズに流れるかも。)


eye vio にUPしました~HD ハイビジョン画質だよぉ♪
↓     ↓     ↓
http://eyevio.jp/movie/177040



===========================================================================

[PR]
by fuzika | 2008-10-08 16:47 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback | Comments(0)  Mail ↑TOP
オーストラリア・ケアンズの旅① ~THE 動物~
オーストラリアといえば‥コアラとカンガルー!共に体をポリポリ掻く仕草が、めっちゃ可愛いぃ♪

d0005476_1332159.jpg

夜8時頃に成田を出発して、早朝4時ぐらいにオーストラリア・ケアンズに着きましたぁ。
ツアーの最初は、【コアラと朝ごはん】 (笑)~1匹のコアラに触ったり、鑑賞しながら朝ごはんを食べた後、
ケアンズでは一番大きいといわれる動物園へ。そこで、念願のコアラと抱っこの写真を撮影したんだ。
コアラってね、1日平均18~20時間ほど眠るらしく、起きてる間はちょっとしかないんだって。
栄養価の悪いユーカリの葉しか食べないから新陳代謝も悪く疲れやすい、消化するのに大きなエネルギーを必要とするから、長時間眠るらしいんだけど‥起きていても、なんか居眠りばかりしてたょ (苦笑)
抱っこさせてもらえるコアラは何匹かがシフト制で、週のうち2~3日しか働かないらしい。(^^;;
起きてる時間は、ユーカリを食べてるか、体をポリポリ掻いてるか、木の上を歩きまわるだけで‥可愛い反面、
体型もお顔もオヤジみたいやったょ(笑)毛は想像と違ってゴワゴワしてるし、何気に体臭もあるしねぇ~(T▽T)
抱き方にはマニュアルがあり、爪が鋭いので 抱っこしたときは衣服を着ていないと、しがみつかれたら大変かも!
映像も撮ったから、後で鑑賞してみて♪コアラが体をポリポリ掻くシーンや、変な声で鳴き叫ぶシーンは必見だょ★


d0005476_13531036.jpg

d0005476_13532251.jpg

d0005476_13533977.jpg



わかる?!背後はカンガルーの群れ!コアラと同様に、ダラーっとしたゆるキャラがオヤジっぽかった・汗

d0005476_1358378.jpg

コアラを抱っこできて、沢山のコアラを見て満喫した後は、カンガルー野放し地帯へ‥
夜行性で暑さに弱いためか、日中の時間は そこらじゅうにカンガルーが寝そべっていて、後で映像を観てもらえば
わかるけど、ダラーっと横たわりながら、お尻をポリポリ掻いてるシーンなんかは、休日にテレビの前で寝そべる
オヤジの姿そのもので、ホントにめちゃくちゃ笑えたょ~(爆笑) ヾ(>▽<)oき ゃはははっ!
各自に渡された餌を片手にカンガルーに接触してみたんだけど、すごく人間に馴れていて、性格はとても穏やか
そうで、お顔だって優しそうだよね。
臆病で神経質な一面を持っているらしく、脅かしたりするとめっちゃ危険なので注意が必要だけど、
ただ餌をあげたり、体に触れたり、そばにずっといて話しかけるぐらいなら全然平気♪
よくあるカンガルーボクシング (カンガルー同士の喧嘩) シーンや、メスがお腹の袋に子供を入れている姿が
見られなかったのがちょっと残念やって、心残りかな。。。
コアラもカンガルーも間近で感じることができて、ケアンズに着いた当日から濃厚な時間!
普段会えない動物に触れて、その可愛い仕草に、めちゃくちゃ心が癒された1日となりましたぁ♪


d0005476_1555587.jpg

d0005476_1561333.jpg

d0005476_1563097.jpg








===========================================================================


☆フルハイビジョンで撮影しました☆

(※回線速度やPCスペックによって、HD画質再生が途中で何度も止まってしまう場合、一時停止をして
丸いポッチの下にある オレンジ色の線が最後までいってから、再生しなおせば、スムーズに流れるかも。)


eye vio にUPしました~HD ハイビジョン画質だよぉ♪
↓     ↓     ↓
http://eyevio.jp/movie/177051



===========================================================================

[PR]
by fuzika | 2008-10-01 15:25 | ◇ 出来事@庶民的生活 | Trackback | Comments(1)  Mail ↑TOP
↑TOP↑