タグ:お気に入りの花簪 (かんざし) ( 9 ) タグの人気記事
Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ⑨
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (はなかんざし) を軽くシリーズで!⑨

d0005476_1510268.jpg

最近、花街関連ネタが少なく・・・そのジャンルを楽しみに訪問していただいてる読者サマ、申し訳ないッス(汗)
写真をスキャナーで取り込んだりする作業まで手がまわらず~週1~2回更新するのでいっぱい&いっぱい!
みんなも、この不景気で大変だと思うけど、銀座もヤバイーーっ!! ノルマこなすので心身共にダウン傾向だし‥
土日祝は趣味やプライベートがある意味、充実し過ぎて‥昔ほどブログに力を入れられずに ごめんなさいぃ~

このシリーズ‥またまた半年以上ぶりぐらいの久々の更新でっす 、ヽ`(~д~*)、ヽ
(※初めてこのシリーズを見てくれた方は、シリーズ① に詳細があるので、まずはそちらを参照に★)


この花簪、見てスグにわかると思うけど(笑)~【水仙】です!
一輪挿しではなく 花が連なって葉もちゃんとあるのが可愛くて♪


私は、この水仙の花簪を3月に挿していました!
レギュラーの花簪だと、3月は 【菜の花】 ~菜の花の花簪を挿したといえば、舞妓にデビューした最初の1年目だけやった気がするぅ・・・(・・;) あんまし好きやなかったんで。。。↓

d0005476_15284031.jpg

いろんな花簪を挿した経験から感じたことは、小花みたいに小さく沢山あるよりも、一輪とか大ぶりのお花の方が
舞妓の髪型に合うなぁ~と。でも、この水仙のように一輪が複数になっている方が、本当はイイのかも!って、今までの 「お気に入りの花簪」シリーズの中では 自身が選ぶ上位にランキングしているよぉ~(/▽\)
[PR]
by fuzika | 2010-04-14 15:41 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ⑧
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (はなかんざし) を軽くシリーズで!⑧

d0005476_10103058.jpg


ありゃりゃ (゜o゜; またまた、このシリーズ‥半年ぶりぐらいの久々の更新記事になっちゃった ヾ(;◎_◎)ノ
(※初めてこのシリーズを見てくれた方は、シリーズ① に詳細があるので、まずはそちらを参照に★)

はいっ!! そうです。
今回の花簪 (かんざし) も、シリーズ①と同様に、どの月 (季節) にもそぐわない~お花の名称がない~
年中いつでも挿すことができる花簪ですぅ♪

今までは、ものすごいお宝が発見できるということで有名な、置屋の裏庭にあった蔵から発掘していた花簪が
多かったんだけど、この花簪は‥先代の舞妓から受け継がれた古いものではなく、お姉さんが私のために
新たに こしらえてくれはったモノやったんだ♪ O(≧▽≦)O ワーイ♪

私は当時、(‥いや、今もだけど) 顔の面積が大きくて、目鼻立ちがわりとハッキリしたタイプだったので
『薄い淡い色の衣装 (着物) は、この妓には似合わへんわぁ~』 ということで、紫色や青、濃紺、オレンジなど
原色系の衣装が多かったので、お姉さんは 衣装の色に合わせて 紫色で花簪をこしらえてくれはったんやろな。

実在するお花じゃなかったので私は‥【紫小花の花簪 】 と、勝手に呼んでいたかも(笑)

ちなみに、この大きなの矢絣(やがすり)柄の衣装が大好きだったので、この紫&白の小花で散りばめられた
花簪がピッタリと合うて イイ感じでしょぉーーー?! .....ヾ( 〃∇〃)ツ
今の職人さんには作られへんよぅな アンティークな花簪もええけど、たまには今風の新しい花簪も挿してみたり♪
ホンマ、お姉さんからのプレゼントは、、、いっつもありがたく、そして、とっても嬉しかったのを覚えてます☆彡
(* ̄ヽ ̄)ナゲキッスヽ(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪
[PR]
by fuzika | 2009-08-11 10:33 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ⑦
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (はなかんざし) を軽くシリーズで!⑦

d0005476_16585756.jpg


久々のシリーズネタですぅ♪
今回、紹介する花簪 (かんざし) は、何月に挿すものか‥わかりやすかったかな?(´m`) クスクス
だって、だいぶ紅葉してるやんね(笑)
‥そう、秋に挿す花簪。。。今回は季節のお花じゃなく葉っぱ。。。

実はコレ‥【ツタの葉(ツタモミジ) 】 なのですぅ!!

緑色の葉と、オレンジ色や赤く紅葉している葉とのグラデーションが、なんともたまらんわぁ~~(*‘ω‘ *)
もちろん、この花簪も 当時、貴重というか珍しいもので、私は11月に この花簪を挿していたんだけど
11月といえば、他の舞妓たちがよく挿していたんは紅葉や銀杏の花簪やったかな。
もう一つポイントがっ!! 私の頭をよく見てぇ~
お姉さん舞妓が結う髪型 【おふく】 専用に作られた花簪なので、お揃いの花櫛は置屋になかったんやけど
髷 (まげ) の部分に挿している花櫛は、 白地に紅葉している銀杏が散りばめられたデザインなんょ♪ (///∇//)
ツタの葉に銀杏~私流の秋をイメージしたのコラボレーションでしたァ (;^_^A
ツタの葉の花簪、よく近くで見ると 紅葉している葉の上に金色のラメが施してあるので 何気にキラキラ輝く感じ☆
ホンマ、好きというよりも、"大好き" な花簪でしたぁーーー!!!!! ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪
[PR]
by fuzika | 2009-03-10 17:23 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ⑥
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (はなかんざし) を軽くシリーズで!⑥

d0005476_10493218.jpg


この花簪のお花‥何かわかりますぅ?
これも蔵から見つけた (← ※参照記事 ) 結構、古い年代モノの花簪なので 凝っている感じがするでしょ。
5月の春に挿していた花簪。。。

実はコレ‥【牡丹 (ぼたん) 】 なのだ!

~って、以前にも 違うバージョンの 【牡丹】 をこの "お気に入りの花簪シリーズ" で紹介したんだけど
私は こっちの牡丹の方が断然好き!!デザイン的には 以前の赤い牡丹の方がレトロで他にない感じだから
周りの舞妓たちからの評判は良かったものの‥色が赤だったので 若い舞妓の時にしか挿せないやんねぇ~(・・;)
この紫色の牡丹の方が、実際の牡丹の花に似ているし‥花びらが沢山あって上品な仕上がりで可愛いっ♪
この牡丹は、最初から横のお花だけ限定で制作されていてるので、お姉さん舞妓が結う髪型 【おふく】 専用。
なので、上の部分は花簪とお揃いの紫色の花櫛を挿してみたんょ★(*^-^)

そやけど、この画像。。。自分的にはめっちゃ最悪ぅ‥ ゲッ━━━(゜ロ゜;)━━!!
牡丹を挿す位置がちょっと上すぎ!もう少し下に挿さんと、左側の "銀びら" の位置と左右対照にならんやん♯
大人になった今だから気づく!ってやつやろぅか。当時は、これでもええと思ってたんやろね (苦笑)
それに、目は腫れてるし‥ ゲゲッ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━!! お姉さん舞妓やというのに、全然イケてない日でした♯
[PR]
by fuzika | 2008-12-13 11:23 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ⑤
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) を軽くシリーズで!⑤

d0005476_0512110.jpg

先月は忙しくて~結局、オーストラリアの旅行レポだけで終わってしまったやんねぇ~(T▽T) アハハ!
花街の思い出話も随分とご無沙汰してしまったから、今月は更新頑張るぞぉ!! (~のつもりどす・笑)
このシリーズになると その都度、重複してお話しているけど。。。
私が所属していた置屋さんの裏庭には大きくて立派な蔵が建っていて、昔の職人さんしか作りあらへんような
アンティークな 花簪 (かんざし) が多数眠っているため、当時、他の舞妓が挿していないようなレアモノを
自分が挿せたと同時に、そういう花簪が私のお気に入りになってしもぅたりしてました~ (///∇//)テレテレ

画像の花簪は‥

【乱菊】

です。一般的に10月に挿す花簪は、菊なんやけど、昔は小菊とか、厚物の大菊を花簪にしたものが多い中、
この 乱菊 を挿しているのは珍しかったと思いますデス。
名前のとおり、ホントに花びらがいろんな方向に乱れているような感じなんやけど、何気に髪の毛に
引っかかったりして、自分の毛で結っている髪型がちょっと崩れたり‥なんていうハプニングもあったなぁ~(^^;;
過去に、この乱菊の色違い (白色) を挿しているときの画像を、何度か、他のテーマ記事に載せたことも
あったので、改めてもう一度、載せてみよう~っと↓ (´∀`*) ウフフ♪

d0005476_1153213.jpg

みなさんは、どっちの色合いが好きですかぁ?顔を白く塗っているので、花簪は薄い色よりも 濃い原色系が
白塗りのお顔を余計と引き立たせてくれるんと違うかなぁ~って勝手に思っている私的には、紫色の乱菊の方に
清き一票をっ!! おたの申しますぅ~^^
まだ妹舞妓の髪型 割れしのぶ の時に、紫色を‥お姉さん舞妓の髪型 おふく の時に、白色を‥
私は そんなふうにこの 乱菊 の花簪を使い分けしていたんやけど、結局好きやったのは 紫色でしたァー♪♪♪
[PR]
by fuzika | 2008-11-02 01:26 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ④
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (はなかんざし) を軽くシリーズで!④

d0005476_13414988.jpg


久々に、このシリーズの登場ですぅ。 (^-^)//""
以前にもお話したように、私が所属していた置屋さんの裏庭には大きくて立派な蔵が建っています。
そこには、昔の職人さんならではのようなアンティークな 花簪が多数眠っていて‥それを
他に一緒に住んでいる舞妓たちよりも 先に見つけ出すのが、楽しみであったり、達成感であったり (笑)

画像の花簪は‥

【牡丹 (ぼたん)】

です。普通は、5月に挿す花簪となっています。(5月は他に、藤や菖蒲などを挿す)
私が舞妓だった当時、藤や菖蒲を挿していた舞妓がほとんどだったので、牡丹を挿しているのは
結構、珍しかったし、デザインも昔っぽいというか。。。レトロ感があって なんか好きでした♪
ちょうど赤色だったので、舞妓にデビューした年に挿すのにはピッタリ!
画像の私は下唇しかお紅を塗っていないし、舞妓になりたての4ヶ月目~だったかな。(〃∇〃) てれっ☆


今まで、思い出話でお話してきた‥デビューしたての幼い舞妓だとわかるポイントが、この画像には いくつか
含まれているので、時間があったら おさらい復習として この画像と見比べながら 過去の関連記事も
合わせて読んでみてね♪

↓     ↓     ↓

髪型 「割れしのぶ」
下唇だけのお紅
祇園甲部の紋章の前挿し
襟の刺繍の違い
[PR]
by fuzika | 2008-07-01 14:09 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ③
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (はなかんざし) を軽くシリーズで!③

d0005476_1103771.jpg

このシリーズ、前作より1ヶ月ぶりぐらいのUPかな。
いろんな花簪 を挿した舞妓生活だったけど、ホントのお気に入りっていうのは少ししかないや・・・
だから、このシリーズは みんなに期待させてしまったわりには、そんなに長くは続かないかも~ (^^;; ゴメン

この花簪、何のお花かわかりますぅ??
ちょうど、今の時期、3月に挿していたものなんだけど。。。
3月といえば、通常は、【菜の花】 や 【水仙】 などを挿すんょ。


この花簪‥実は、、、【桃の花】 なんですぅ!!


白地に、真ん中がピンク色で、ぽわァ~~~ん‥ として可愛いっ♪
結構‥ってゅうか、だいぶ一目惚れでした (笑)
あっ、
ちょうど、少し前の記事で、リアルな桃の花 をいただいた時の画像載せているから、見比べてみてぇ~
この花簪も シリーズ② の時と同様に、蔵にあるアンティークなお宝じゃなく、お姉さんが 新しく作ってくれたのぉ。
普通、お姉さんが簪を作ってくれても、それは自分自身がもらえないから。
代々、下の妹舞妓へ受け継がれていくんだけど~~でも、自分が一番最初に挿せるのって、嬉しいのだァ!!

それにしても、ホンマ、まぁ~コロコロに肥えて (苦笑)
舞妓になって4年目やろぅか。
もう、お姉さん舞妓のはずやのに、時には白塗りの出来具合が納得いかない日も多々あって‥
これも、そんな1枚でありまするぅ。。。。。。。(( T_T) トボトボ ‥
[PR]
by fuzika | 2008-03-24 11:37 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ②
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (はなかんざし) を軽くシリーズで!②

d0005476_12245713.jpg

すっごい久々のシリーズ復活ですぅ~ (;^_^A アセアセ・・・
シリーズ① で詳しく説明しているので、まずはそちらを読んでみてね。


楽しい&楽しい宝探しのはずが ‥今回は違います(苦笑)

特別な日に挿すのにふさわしい簪(かんざし) は、お姉さんからのプレゼント!



これは、4月に開催される 都をどりお茶の出番の日
といっても、まだ 割れしのぶ を結うてるぐらいだから、幼い舞妓=お茶は お控え (お運び) 役‥です。
お茶を点てる舞妓や芸妓は黒紋付の正装だけど、お運びは 色紋付の衣装を着るから‥
なので、花簪 (かんざし) も この日のためにふさわしいような 新しいものを挿してくる舞妓も結構いるわけで。

4月といえば桜や蝶々などの春らしい簪を挿すものだけど、私が挿しているのは 季節のお花ではなく
創作花みたいなものなので‥つまり、季節を問わずいつの時期でも挿せる特別な簪なのですぅ。
なんといっても、豪華な金色使用なので、こういう晴れ舞台には めちゃくちゃ合うよね♪

それやのに‥
私ときたら‥
(_ _。)・・・シュン  Y(>_<、)Y


めちゃくちゃ デブチン なうえに、白塗りのお化粧が下手クソ! (舞妓にデビューして2年目なのに‥)
のりをはっつけたような 自然さがない ピターンとくっついた眉毛。
目のアイラインも太いので、二重の目が一重に見えるし。。。
”(*>ω<)o" クーーッ!! お姉さん‥せっかくいただいた簪なのに、不釣合いでゴメンナサイ!って感じです。

でも、何度も言うよぅに、この時は これでも全力出したつもりで一生懸命やったんだろぅな‥私。
それに、今の歳にもなれば、当時の幼い表情が何気にとても可愛く見えてしまったり‥壁|▽//)ゝテレテレ
今となってはイイ思い出---お姉さん、キレイで豪華な簪を ありがとぅございましたァ!すごくお気に入りでしたァ!
[PR]
by fuzika | 2008-02-19 12:52 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (かんざし) ①
舞妓時代に好きだった‥お気に入りの花簪 (はなかんざし) を軽くシリーズで!①

d0005476_1521251.jpg

めっちゃ可愛いやろぉ?!この髪飾り~というか花簪♪

以前、 第12話 で 花簪 12ヶ月分を一挙公開!って、お見せしましたやんねぇ。
舞妓は毎月、季節に応じた花簪を挿す~ってお話した思うけど、たまには、どの季節にもそぐわない
花簪を挿しても許されたりするんですぅ。
この画像の花簪!季節をあらわしたお花ではなく、創作花にパールが散りばめられて、なんか豪華★"

私が所属していた置屋さんね、裏庭に大きな蔵があったの。
昔ながらの蔵で、すごく今の時代にはアンティークでお洒落やったんだけど、中はただの荷物置き場。
おうちに入らない余計ないらないモノが、めちゃくちゃに突っ込んであって、そこには、箱に入った
花簪も山のように沢山積み上げられていてさァ‥

楽しい&楽しい宝探しは、早いもの (見つけた) 順なのだ!!

私が舞妓だった頃、私の他に舞妓が2~3名ほど同じ置屋にいました。
今の職人さんでは作れないような 珍しい凝ったデザインの花簪を、昔の職人さんがいっぱいこしらえていて、
それがちゃんと保管されていたのには驚いたし、みんなが挿していないような花簪を挿せることが
ある意味、鼻高々にした自慢だったかも。
そして、置屋では毎月、月初めになると争奪戦が始まるんょ(笑)
この時ばかりは、花街独特の厳しい上下関係は気にせんでもええの。
とにかく一番に見つけた舞妓が勝者として笑うのであった~ぷぷっ=3

いろんな花簪を挿したけど、この花簪が、私の中で一番のお気に入り!

私の中では ランキング堂々1位ですぅ。
まだ、いくつか他にもええのん挿したんで、また掘り出しモノ画像でてきたら、シリーズ続編で綴るねん♪

・・・・・それにしても、眉毛描くの~へたくそやわァ (恥)
この頃は、舞妓にデビューして2年目頃。 それに、めっちゃデブちんやしね (悲)
[PR]
by fuzika | 2007-03-08 02:35 | ◇ 京都祇園@花街生活  Mail ↑TOP
↑TOP↑