映画 【SAYURI ~Memoirs Of A Geisha~】 について綴る6回目の記事です。
(※関連ログは⇒1回目 / 2回目 / 3回目 / 4回目 / 5回目 / 7回目 / 8回目 / 9回目 /
          10回目 / 11回目 / 12回目-最終章-

先日鑑賞した 【 SAYURI -さゆり- 】 と、私が実際に見聞きしてきた現在の花街事情とを比べながら
シリーズでお話しています。
※ ネタバレの可能性があるので、鑑賞してから読んだ方がいいです‥


白塗り (おしろい)

映画の中で私が一番好きなところは、豆葉姉さんがSAYURIを妹として引く話が決まった後‥
限られた時間の中で豆葉姉さんからいろんな指導をされて、ついに舞妓として店出し(デビュー)するまでのシーン。
流し目の練習とか、おこぼを履いて歩くシーン、舞のお稽古、男衆さんによる衣装の着付け‥
そして、きわめつけは SAYURIが白塗りをしているシーン!
お化粧箱には ホンマもんが使う白塗りの道具‥それから刷毛(ハケ)で白く塗っているところや、眉毛を描くシーンなんかも リアルで良かったゎ。
パンフレットに記載されていたけど、"光のマジック" っていうのが素晴らしい!
白塗りは動画も静止画も すごく難しいみたいで、あれだけ綺麗に見える照明というか光の感じが、
「映像美」 として みんなが感動絶賛しているんだろゥな。

でもね、経験者の私には どうしても許せない不満な点が‥

白塗りの濃さがシーンによって全然違うんだもん!


d0005476_128277.jpg
これは、桜が満開の庭園で SAYURIと会長 (渡辺謙) が ほんのひと時の素敵な時間を過ごすシーン。
照明の感じで、SAYURIの顔は綺麗だったと思う。 でも見てョ!最初の方のシーンとはあきらかに違う白の薄さ!
これじゃあ、白塗りじゃなくてドウランでしょぉ。 そう、白無垢の花嫁さんが塗る感じの濃さかな。
せっかく白塗りしているシーンで 本物ぐらい真っ白に塗っていて、ここまでリアルには拍手を贈っていたのに‥
その後は どんどん薄くなって、良く見せるのは最初だけかよっ♯ (~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ...って感じ。
これじゃあ、 浜崎あゆみ 状態だゎ‥ムカッ♯  “(*`ε´*)ノ ケシカラン!!
この庭園シーン、本物みたく真っ白に塗っていたら白色とピンクの桜が調和して ほんまキレイかったやろなぁ‥。


そのくせ、アメリカでの原題 【 Memoirs Of A Geisha 】 のポスターの画像ときたら‥
『 めちゃくちゃ 真っ白やん! この白さで最後まで通してほしかったぁ~(笑) 』

d0005476_212391.jpg
ちなみにワタクシ‥の画像は左上のプロフィール画像の顔アップ拡大版だョ。
(※顔アップだけじゃなくて、この画像の全体像アップは後々に 記事にしますんで、もう少しお待ちを‥)

これは昨年 1日だけ芸妓に復活したとき、知人のフォトグラファーにスタジオで撮影してもらったモノ。
SAYURIの顔って、 お紅以外は 赤色が使われていないから怖い感じに見えへん?
眉毛の色は 舞妓や芸妓によって違うけど、SAYURIを見てもわかるよぅに 黒一色はやめた方がいいんよね。
眉毛や目尻に紅を入れることによって、ほんのり艶っぽい感じになると思うのは私だけ??
それにしても、SAYURIの "つけまつ毛" 太すぎやんねぇ~♯ (本物は、つけまつ毛は使用しないョ)
べっぴんさんのチャン・ツィーなのに、象さんのまつ毛というか タレ目になってしまって もったいないゎ!

参考までに、白塗りの手順を過去記事で綴ってます。 まだ不細工な顔を見ていない方は(笑)⇒ 白塗りの仕方
でゎ、これが今年最後の記事ですぅ。 次回シリーズ⑤は、年明けにっ!! お楽しみにィ♪ o(^◇^)/~

【TB】させてもらったニョ♪
ショウちゃんのエーガな日常 / ◆シネマをぶった斬りっ!! / ◆Brilliant Days /◆toe@cinematiclife /
CINEMA正直れびゅ / ◆★☆★ Cinema Diary ★☆★ / ◆Osaka-cinema-cafe / ◆Cinema Road
ryskつれづれ / ◆神力屋

クリックありがチュ (゜・^*)
[PR]
by fuzika | 2005-12-31 02:47 | ◇ 京都祇園@花街生活 | Comments(11)  Mail ↑TOP
Commented at 2006-01-01 10:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-01-02 09:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tnk at 2006-01-02 13:58 x
こんにちわ。
はじめましてですが・・・。

超美人!・・・うっとり・・・(゜д゜)

外国で芸者ブームはうれしいですね~~~日本のよき文化ですからね。
Commented by fuzika at 2006-01-02 22:44
tnkさん>
はじめましてぇ~ありがとうございますぅ。そんな褒めてもらっても何も出ないですよォ(笑)
あっ、座布団ぐらいかな。
(  ̄ー ̄)ノ◇ 山田クン、ザブトン10マイ あげてぇ~!!
この映画をきっかけに、外国でも日本の伝統文化が広まることを願ってまァす♪

Commented by fyamasan at 2006-01-03 12:12
TBありがとうございます。

舞妓さんをなさっていただけに、コメントが的確で
分かりやすいなあと感心しました。
プロの目から見ると、色々な所が見えてくると思いますが、
よく日本文化を勉強しているなあと、僕も感じました。
僕もハリウッドが撮って、正解だったと思います。
また、素敵な投稿楽しみにしてます。
Commented by fuzika at 2006-01-04 09:59
fyamasanさん>
お初です。このたびはこちらこそ、トラバでお世話にあんり、ありがとうございましたァ!!
いや、いや中卒までの頭しかないんで、文才能力は×ですよォ~
ただ、経験話を綴ってるだけなもんで(汗)
花街は良いところも悪いところも そのままの形で継承していってるので
良い部分だけをいつまでも残していってほしいし、私のブログではそんな部分をみんなに覚えていてほしいなァ~って思ってます。
今後ともよろしゅーに☆

Commented by マダムS at 2006-01-04 13:54 x
お返事が遅れましたごめんなさい
先日はご訪問下さり、TB&コメントまでありがとう御座いました。
勝手にこちらを紹介させて頂きましたのに、恐縮です~~!
fujikaさん、お綺麗ですね~♪
チャン・ツィイーより全然勝ってますよっ!
とうとう6回目まで書かれたのですね・・色々教えて下さって本当にありがとうございました。 これからまたちょくちょく覗かせて頂きますね^^
Commented by fuzika at 2006-01-06 14:15
マダムsさん>
いえいえ、こちらこそありがとうございました!
白塗りは変身できるので、キレイに見えるだけですよん。
今、銀座のお客さんみんなが口を揃えて "詐欺" って言いますもん(笑)
そのくらい白塗りと素顔とじゃ変わるんですよ、ワタクシ (;^_^A アセアセ・・・
シリーズは7~8回目で完結の予定。もう少し、お付き合いくださいね(照)

Commented by ryousuke1357 at 2006-01-23 02:51
TBありがとうございました。こちらからもTB返しです☆
プロの目で観るとまた違った視点で観られてて面白いですね。
白さって大切なんですね〜
Commented by syrille at 2006-01-25 00:07
初めまして♪ つい先日『SAYURI』を観て、その感動のままにWebで色々検索していたら、藤花さんのステキなブログに行き当たりました。

『SAYURI』の視点がすごく独特&専門的ですごーい!とまたまた感動しました。 
自分のブログにご紹介させていただきましたが・・・イヤだったらおっしゃってくださいね。
これからもちょくちょく除きにきまーす♪
Commented by fuzika at 2006-01-26 08:40
ryousuke1357さん>
トラバでお世話になりましたァ。おおきに☆
京都で舞妓の体験をさせてくれるところは みんな微妙に白が薄かったり‥
それから映画やドラマなどで出てくる舞妓&芸妓も白さが薄いんよねぇ~
なので、ホンマもんは真っ白というこだわりが私の中にあって‥
この映画を観る前にポスターで 『うわっ!! 真っ白でホンマに近い!』って喜んでいただけに、なんかショックでしたね‥
プロの視点は細かいところまで こだわりますから(笑)

syrilleさん>
お初ですぅ~沢山ある中、たどりついてくれて‥そして記事に紹介してくれたんですね!
わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪ ありがとうございますぅ♪
そんな‥いやだなんてありえませんっ!!
私は2回鑑賞して、隅々まで制覇して‥自分の過去のお話と比較してるんで、自分でも結構上出来の記事だと思いますぅ。
忙しくてナカナカ更新できないけど、沢山いる読者のためにも今後もがんばりますんで、どうかヨロシクお願いしますデス☆

<< おめでとうさんどすぅ♪~初詣は浅草寺 ↑TOP↑ 猫の愛ちゃん◆冬の毛並み >>