映画 【SAYURI ~Memoirs Of A Geisha~】 について綴る7回目の記事です。
(※関連ログ⇒1回目 / 2回目 / 3回目 / 4回目 / 5回目 / 6回目 / 8回目 / 9回目 /
         10回目 / 11回目 / 12回目-最終章-

先日鑑賞した 【 SAYURI -さゆり- 】 と、私が実際に見聞きしてきた現在の花街事情とを比べながら
シリーズでお話しています。
※ ネタバレの可能性があるので、鑑賞してから読んだ方がいいです‥


男衆(おとこし)さん

映画の中では、 男衆の 「別宮さん」 がSAYURIの身の回りの世話をしていたよね (覚えてるかな?)
↓この画像は、まだSAYURIが幼少の頃に初桃姉さんのお部屋を覗き見した瞬間のシーン。
d0005476_15312327.jpg
漢字では "男衆さん" と書くので、 昔は "おとこしゅうさん" って呼ばれていたんだろぅけど、それがナマって
今では "おとこしさん" って呼ばれるのかもね。
それにしても 初桃姉さんのこの態度のデカさ(笑) タバコ吸いながらなんて こんなお行儀の悪いコト‥ありえない♯
初桃姉さんは "かづら" をかぶっていないけど、芸妓の場合、 "かづら" をかぶってから着付けてもらうのが普通ょ。
じゃないと、 "かづら" をかぶる時に衣装に白塗りがついてしまうもん。これもお行儀が悪いと言われます。
画像をよく見ると、初桃姉さんのお部屋には 私が花街で見聞きしてきたいろんな小道具が さりげなく置いてあるんよねぇ~。日本人ならともかくとして、外国人が日本人でもわからないような‥花街の昔を再現するのは大変だったやろぅなァ。

男衆さんは、日本にはひとつしかない職業で、舞妓や芸妓の衣装着付けを毎日こなすのが日々の主な仕事。
戦前には、映画のシーンにあったように 実際に借金を肩代わりする年季奉公の場で、置屋と親が公正証書を
取り交わす儀式があり、その時に置屋の代理人として金額設定や話し合いをしていたらしい。
現在では、 "水揚げ" で旦那さんをとる場合も お茶屋とお客さん両者の仲介役を務めたり、舞妓の "店出し" や 芸妓の "襟替え" の儀式での挨拶回りでも介添えを努めたりしています。

(上)舞妓としてデビューする(店出し)儀式の日‥男衆さん(父)に着付けてもらってる私。
(下)芸妓としてデビューする(襟替え)儀式の日‥男衆さん(息子)に着付けてもらってる私。

d0005476_163259.jpg
d0005476_16322660.jpg


"店出し" も "襟替え" も古くから伝わる儀式で、共にこの日から1週間は黒紋付や色紋付を着て正装します。
ちなみに、画像の2人の男衆さんは親子だョ。私が花街にいた当時、男衆さんは全部で5人いました。
普段の着付けは1人だけが行うんだけど、儀式の時は何故か親子で助け合って 着付けてくれたなァ‥。


(上)着付けが終了して‥男衆さん(父)に介添えしてもらい挨拶回り。デブな舞妓の私(汗)
(下)着付けが終了いして‥男衆さん(息子)に介添えしてもらい挨拶回り。ぷちデブな芸妓の私

d0005476_16332275.jpg
d0005476_16333597.jpg


男衆さんは、着付け以外にも お姉さんたちに頼まれたことをこなしたり、いろんな雑用も仕事のうちです。
お姉さんたちは その都度 男衆さんに祝儀(御礼)をあげはるので、男衆さんは結構、小金持ちかも(笑)
花街は 10代~80代までの まるで 「大奥」 のような女だけの厳しい世界だけど‥
男衆さんは花街に出入りできる唯一の男性なのですぅ。


でゎ、最終章まであとちょっと‥次回⑥をお楽しみにぃ~~(* ̄ー ̄*)/~~.・.・:☆'.・.・:★"ばぃばぃ

[PR]
by fuzika | 2006-01-08 17:17 | ◇ 京都祇園@花街生活 | Comments(15)  Mail ↑TOP
Commented by モコ at 2006-01-08 20:03 x
お店出しの挨拶回りしてる藤花さん
ホントにうれしそうなお顔してますね、こちらまで顔がほころんでしまうわ。
対して、衿替えした藤花さんは、やっぱりお姉さんの余裕がありますね。

映画の「かづら」を付ける前の着付けですが
日本舞踊や歌舞伎では、衣装が先で鬘が後です。

そういえば、太秦の映画村で友人達と変身して遊んだときは
鬘が先、衣装が後でした。
花魁の扮装したお友達が、鬘が先だったので頭が重くて
衣装つけるまでバランスが取れなくて~。。。と言ってました。
祇園付近で舞妓変身した時も鬘が先で衣装が後でした。

頭がボリュームあるのに、下は軽くて確かにバランスが。。。
と思った気がします。
Commented by コンちゃん at 2006-01-09 10:24 x
明けましておめでとうございます!
コメントありがとうございました。早速にまたまたオジャマです。
(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ 初桃姉さんビューティー!!!
ゾクゾクするほどの妖しい美しさですわっ
fuzikaさんもとってもステキです♪(#^_^#)
男衆さんのブログもとっても笑えました。
ご紹介ありがとうございました~(^-^)ノ~
Commented at 2006-01-09 12:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mig at 2006-01-09 18:16 x
こんにちは★
着物姿すてきですね♪
一度わたしも舞妓さんとか姿だけでも(笑
やってみたいです、

今年もこちらこそよろしくお願いします。
Commented at 2006-01-09 23:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by IAmYukko at 2006-01-10 02:06
初めまして。カリフォルニア在住のゆっこです。

Sayuriを検索していたら、ここにたどり着きました。とても勉強になりました。有難うございます。TBさせて頂きました。
Commented by fuzika at 2006-01-10 16:15
モコさん>
多分、舞台やらでは かづら師さんが かづらをつけてくれたりするからかなァ~(歌舞伎役者は例外だろうけど)
私らの場合、男衆さんの前に出るときに、全て完璧にしてから鏡の前に立たないと失礼にあたるらしい。
舞妓や芸妓もプロだけど、男衆さんたちだって、その道のプロだから。
ってゆぅか、うちの置屋の行儀作法が厳しくて、そうんなふうに教えられたんだよねぇ。

コンちゃんさん>
早速また遊びに来てくれてありがとです。
私には艶っぽさや色気がないんですよぉ。白塗りするとマシだけど、普段の私なんて、童顔だし、子供です。
(絶対に銀座の女には見えないらしい)
なので、初桃姉さんや、豆葉姉さんにはゾクゾクしましたね。女の私でも‥。
でも、私の目標はキレイよりカワイイと お婆さんになっても言われたいので、色気がなくてもへっちゃらです(←ただの強がり?)

Commented by fuzika at 2006-01-10 16:19
cayenne7278さん>
カイエンさん、初めまして!私のブログをそんなに褒めてもらえて嬉しいです。
先ほど、カイエンさんのブログをチラっと覗いたんだけど、記事にも私のブログを紹介してもらっていて重ねて感謝★です。
でも、ちょっとそちらにコメント残す時間が今日もなさそうなので(もうじき出勤の準備)、またゆっくり遊びに行きます。
ほんとごめんなさい。
今後も、いろんな濃いネタでがんばるので、ヨロシクっす(笑)

migさん>
再び訪問ありがとうございますぅ♪
ぜひ、機会あれば白塗りしてみてね。きっと違った自分に会えるから。
私は白塗りした姿‥、みんなに詐欺って言われます(笑)
今後ともヨロシクです。



Commented by fuzika at 2006-01-10 16:23
黄東誠さん>
お気遣いありがとうございますぅ♪そうなんですか、ちゃんと計算なんてしないので知らんかったです。
変えていただけるなら嬉しいけど、契約書を作成し直さないといけないとかで面倒ならいいですよ。
黄さんにまかせます。

IAmYukkoさん>
お初ですぅ。先ほどチラっと覗かせてもらったんですが、写真がすごくキレイなブログえすね。写真家さんですか?
プロみたいなアングルで、素敵でした。
それから、記事にも私のブログを紹介してもらえたようで、嬉しかったです。
また、ゆっくりお礼に伺いますね♪
あと少し、SAYURIネタのシリーズは続くので、よければまた遊びにきてやってくださ~い!!

Commented by masagata2004 at 2006-01-11 19:58
いつも思うのですが、こんな着物を着込んでトイレに行きたくなったらどうするんですか。それも、和式しかなかったりしたら?

和式の方が便利なんですかね。
Commented by fuzika at 2006-01-22 08:13
masagata2004さん>
今頃、遅くなってのレス‥すみません。
どっちか?と問われると100%洋式が楽と答えます(笑)
和式の場合、着物の裾を捲り上げて大変。
舞妓の時は、だらりの帯も その裾の中に入れ込んで持ち上げるので(文章じゃ表現できないけど)、和式しかないときは涙もんでした。
(T▽T)アハハ!

Commented by ☆kitty cat☆ at 2006-01-25 08:59 x
はじめまして!!
色々なページを見ているうちにここに辿り着きました。
とっても素敵なHPですね!美しい!!

芸者さんが大好きな私なので、惚れ惚れ写真を見せて頂きました♪

あの、最近、芸者さんについてなどを調べていて思ったのですが、“SAYURI"に出てくる、彼女が営業に行く時(?)に渡された、小さな赤い箱みたいなもの(“えくぼ”というものだという説を聞きましたが不明)はなんなんでしょう???
調べても中々出てこないので、よかったら教えてください。

これからもよろしくお願いします!また遊びに来ますね!
Commented by fuzika at 2006-01-26 09:21
☆kitty cat☆さん>
遠路はるばるよう来てくれました(笑)
褒めてもらってありがとうございますぅ~ブログのデザインも全部オリジナルでカスタマイズしてるんだょ。
あの箱に関しては、今日の記事で綴るね!
私もあの意味がわからないというか、少なくとも私が花街にいた頃は
ああいうのはなかったから‥
でも、営業に行く時じゃなくて、水揚げをしてほしいという印みたいなことを映画では言ってたよん。
多忙でみんなのところに行く時間があまりないんだけど、それでもよければぜひ遊びにきてやってくだされぇ~~
(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!


Commented by 市由〇 at 2011-02-13 14:52 x
姉さん、お久しぶりどす。

私も祇園で舞妓をしてました。きっと姉さんは覚えておられないでしょうが、枡〇さんの〇あきさんが同期でした。

またお邪魔しますね♪
Commented by fuzika at 2011-02-19 21:11
市由〇>
ごめんなさいねぇ~あの当時は色々あったもんで‥
市由〇さんのことを思い出せないですぅ~(_ _。)・・・シュン
ブログ拝見しましたぁ~今は大阪に?同じ職種みたいで(照)
このご時勢、大変だけど‥互いにFightしていきましょねん♪
改めまして、今後ともヨロシクお願いしますぅ~~ヾ(*'-'*)

<< 元舞妓が語る‥ 【SAYURI... ↑TOP↑ 銀座のクラブ ~お仕事始め~ >>